sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

アートブリーダーで武将イラスト

返信

(拡大)

 いい感じになってきた。Corel PP 16 で色調整した。 人物は家康。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

香港の民主活動家

返信

(拡大)

 CorelPhotoPaint作業で目と唇だけを元画像のものに戻した。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://q3e8mk.sa.yona.la/375

返信

今のままの状態を続けるのも

面倒臭い

かと言え

別れ話をするのも

面倒臭い


向こうもそう思っているのかもしれない


どちらも面倒だから

現状維持

投稿者 q3e8mk | 返信 (0)

アートブリーダーで武将イラスト作り、の試作。

返信

(拡大)


(拡大)

https://artbreeder.com/i?k=f20810eeec329fb84047

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

日記200528

返信

本日記を更新すんのめんどくさい。

今日は同僚になぜか家庭でのレスの話を聞くことに。

本人はしたくない方で、それでもなんとか触れたい相手と、手をつないで寝る、とか目を見て話す、とか妥協点を探っている、という話。

よく聞いていると笑えないくらい深刻でこっちも若干辛くなる。

触れ合いたい方と、基本触れられたくない人と、お互いの生育歴が違うとか言っていたけど、どうなんだろう。

その話とは関係ないけどその人はとてもかわいい人だ。


帰りに谷川史子の新刊買って、吉野家で半分まで読む。すげえ面白い。

定食のごはんをお代わりしてしまう。

こういう恋愛漫画は好きで読んでる人なのになあ。

投稿者 gm6jrn | 返信 (0)

Affinity Photo を3千円で買ってインストールした。

返信

Affinity Photo はフォトショ代替グラフィックソフト。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

日記200526

返信

BPDの同僚が調子悪くて面倒くさい。

今日もLINEで対応についてAさんと話し合う。

人を追い詰めるような物言いがひどく、けれど同じ障害の人共通の性質の、病識のなさやわかってても自分で改善できないところがあってきつい。

他人には自分に対して誠実さを求める一方で、自分がされたらキレるだろうことを他人には平気でしてしまう。

つらい。

投稿者 gm6jrn | 返信 (0)

http://x6a7u9.sa.yona.la/1542

返信

アフターコロナうつ

投稿者 x6a7u9 | 返信 (0)

丸まる日々

返信

もふもふの毛玉になって涼しいところで美味しいご飯を食べたい

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

http://q3e8mk.sa.yona.la/374

返信

どうしたら良いか わからないから

何もしないこと しか出来ない

投稿者 q3e8mk | 返信 (0)

http://fyru9x.sa.yona.la/228

返信

いや今年の目標は生きるなんだから死んじゃダメ、

ってことはもう少し頑張らなきゃなーと白目

投稿者 fyru9x | 返信 (0)

http://fyru9x.sa.yona.la/227

返信

会いたかったら

会うんだろうけど

それまでのいろいろなことが

すべてめんどくさくて

それを乗り越えられたら

会えるんだろうけど

この先それなりにずっと

めんどくさい気がしてる


会いたい気持ちがないわけじゃないけど

その前に片付けなきゃいけないことが多すぎて

言い訳だって言うならそれまでだけど

察してというには重すぎて死ぬ

投稿者 fyru9x | 返信 (0)

蒼銀のフラグメンツ ドラマCD3,4

返信

発売と同時に買っていたけど聴く余裕がなくて積んでいたのをまとめて聴く。


アーラシュカッコいい。エルザ、アーラシュ組はいいね。このコンビが爽快に活躍できないのが残念。

バイクにのるアーラシュほんとカッコいい。


エルザの世界中の母と子が幸せになるようにという願い。まさしく聖杯に願うしかない人間には叶えようのない願いだね。地道にジャーナリストの仕事をして活動していたエルザは聖杯戦争のマスターになったと知ったときに心の底にあるこの途方もない願望に気づいたのだろうか。


しかし、音声だけでは内容がよくわからないな。原作小説は時系列シャッフルされているのでやっぱりよくわからない。


美沙夜って呪われていたんだっけ?とPrototypeの本を引っ張り出してしまった。


オジマンディアスはやっぱり桜井光さんのボスキャラにありがちな「余をとめてみせよ!」パターンだな。


4巻ラストのアーラシュのステラ。

かっこいい、かっこいい、かっこいい…語彙が他に無くなる。

このアーラシュを見ていままでぼーっとして愛歌ちゃんに引きずられるように戦っていたセイバーの目が覚めるんだよね。


FGOのアーラシュに聖杯捧げるしかないな。もともとステラ爆弾みたいな使い方はずっとしていないので金アーラシュにして普通に戦力にしたい。

アーラシュのステラの詠唱長いやつにリニューアルされないかな。フル版はすごく長いので、短縮版は今までの「ステラぁ!」になるといい。


それでこの勢いで5巻まで聴くぞと思ったら買ってあるはずの5巻がない。絶対に買ってあるはずだ。だって全巻購入特典のボックスがあるし、CDを聴く前にブックレットの小説は読んだ記憶がある。しばらく探して見つかった。他の巻より分厚いので積んであると同じシリーズに見えなかったのだ。CDがドラマ部分だけで5枚入っている。2.5巻ぶんじゃん。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Nier:Automata感想まとめ

返信

カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」という小説がある。

ニーアオートマタはこれの規模を大きくして、さらに目的が失われた世界に見えた。


ニーアオートマタは鬱ゲームと言われるけれど、「わたしを離さないで」を読んで気にいることができた人ならニーアオートマタをプレイしても大丈夫な気がする。結末の救いのなさは「わたしを離さないで」の方が強い。ニーアオートマタでは未来に一抹の希望を託すので。

主人公たちが付き合ったり結婚しないとハッピーエンドじゃないと言う人には向きません。


そもそも鬱で理不尽なゲームをつくるクリエイターとして有名なヨコオタロウ氏がディレクターなので、そこそこ鬱ゲーであることは予測&期待されてるんだと思う。


まだ重要な要素を終わりきれていないんだけど、Eエンドまでみた感想をまとめてみる。


まずキャラクターのアクションがとても良いゲーム。攻撃のモーションが美しくかっこよく、武器によっていろいろ変わる。お供のポッドたちもかわいいし、ポッドの武器もたくさん。

そしてジャンプがとても楽しい。ボタンの組み合わせでびっくりするほど高く飛べたり長く飛べたりもする。ポッドにつかまって移動したり敵を蹴ったりもできる。

序盤の廃墟都市や砂漠地帯などはクエストをひとまず置いておいて、ただひたすらマップ上を駆け巡るだけでもかなり遊べた。


ただし2周目から操作キャラとなる9Sは攻撃アクションが2B、A2に比べると減り、男の子キャラなためか見た目も平凡で退屈になる。

だが、ニーアオートマタのストーリー上の主人公は誰だったのかと考えるとそれは9Sだ。(見た目上の主人公は2Bだろうけど。)

9Sは心を持たない凶暴な機械生命体たちから人類を守るために身を挺して闘うヨルハ部隊であることを誇りに思い、2Bと一緒に戦えることを喜んでいた。これらは結末に近くにつれ次々と崩されていき、結局全てが虚偽であった。


・月にいるはずの人類はとっくに滅んでいた。

・ヨルハ部隊の存在目的は戦意高揚のためのプロパガンダにすぎなかった。

・計画が済んだ後のヨルハ部隊は使い捨て。

・使い捨てるのでヨルハ部隊のコアは機械生命体のコアを流用。つまり2Bや9Sは機械生命体と同じだった。


そして2Bが一緒にいたのは

・高性能調査モデルの9Sはこれらの秘密にん気が付く可能性が高いため、2Bが9Sの監視役に付けられていた

・2Bの正体は処刑モデルのE型で2Eだった。

・9Sが秘密に気づきそうになったら2Bが9Sを殺して記憶を消す。いままでに2Bは何度も9Sを殺していた。


もし私が9Sだったら一番つらいのが自分のコアが機械生命体のコア、つまりアンドロイドではなく憎み蔑んできた機械生命体と同じであったというところ。もはや実は2Bに殺されていたとかどうでもよくなってしまう。2Bは同じヨルハではあるんだし。でも2Bはもういない。

序盤の9Sが好奇心旺盛で無邪気な男の子であったぶん終盤の荒みっぷりは見ていてつらかった。もし私も心のよりどころにしている物事がなくなってしまったら正気を保てないのではないかと思った。


さらに心を抉ってきたのが機械生命体のパスカル。2Bたちに友好的な機械生命体として村人たちと共にほのぼのした思い出をたくさんつくってくれた。この思い出こそがパスカルだった。

パスカルが工場廃墟で子供達が死んでしまったことに耐えられずA2に記憶を消させてから、次に村で会うと「こんなガラクタなににつかうんでしょうね?」と村人の死骸を集めてショップを開いている。子供達のコアまで売っている。パスカルは生きているけれど、もういない。記憶がなくなったパスカルはパスカルじゃない。


高校生の頃、ボケてしまった祖母のお見舞いに行ったことを思い出した。祖母は私のことを忘れていた。子供の頃大好きだったおばあちゃんなのにそれ以来2度ともお見舞いに行くことはなかった。今だから気持ちを整理できるが、当時の私は祖母に

忘れられてしまったことがショックで会いに行けなくなってしまったのだ。

人の存在価値は記憶にあるのかもしれない。誰かのことを覚えていること、誰かに覚えてもらっていること。それによって自分と相手との間に存在価値が生まれていたんだと感じた。


続きを読む

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

檜の某

返信

ひのきのぼう。

ドラクエの二次創作小説でも書きたくなった時にペンネームに使おう。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Nier:Automataその9

返信

Cエンド

A2を選んだ場合。

9Sに勝って押し倒しながら「ポッド!ハッキング!」と言うシーンがカッコイイ。とてもA2好きになった。

CエンドとDエンドのどちらかを見るとチャプターセレクトとデバッグ部屋が解放される。

A2のウィッグもCエンド後にもらえる。A2は長髪の方が似合う。


Dエンド

9SがA2を倒した瞬間にA2がカウンターで9Sを貫き相討ちに。A2強い。

その後は9Sが死ぬまでの独白がテキストで流れる。選択肢が表示されるところで「やめておくよ」を選ぶと9Sが空を見ながら「ああ、そこにいたんだ2B」と言って息絶えるシーンが入る。

記憶を失ったパスカルに合っているとこのシーンが入る?

https://ch.nicovideo.jp/koto_yurano/blomaga/ar1233097

この意味はよくわからない。

https://w.atwiki.jp/automata_ex/pages/18.html


Eエンド

CエンドとDエンドを両方見るとスタッフロールの最中にポッドが喋り出し、Eエンドが始まる。


言われるほどの感動はなかった。全部ではないけどある程度ネタバレはみていたし、なによりもEASYでオート戦闘を使ってゲームしていたのが大きい。このエンドはオート戦闘なしで自力でプレイしてきたプレイヤーにむけたものなのだと思う。

…とはいえ、ジャンプやら操作の練習は延々やったんだけど。プレイ時間は100時間をとっくに超えてカンストしてる。


「ゲームに意味はあるか?」とゲームの製作陣から問われることはナンセンス。

評判が酷かったドラクエ映画(見ていない)でもクライマックスにそんな演出を入れていたらしいが。

2017年初頭でこのテーマに感動があったのだろうか?

今やプロゲーマーという職業が成立してしまうくらいゲームをうまくなることに価値がある。ニーアオートマタのプレイ動画はYoutubeにたくさんアップされている。このゲームがうまければそれなりに人気者になれるだろう。無価値なわけがない。


シューティングはハッキング画面のあの操作しにくいやつだった。ラストにこんな演出をするならもうすこしハッキングには力をいれて作ればよかったのに。

ラストバトルがこういうのなのはDODからの伝統で、あの鬼畜音ゲーが鬼畜シューティングになっているというのがニーアオートマタの評判の1つだから、これはこれでいいんだろう。


シューティング画面で最初に出てくる名前はDIRECTOR TARO YOKOで、ああ横尾さんだとしみじみ撃破するのだが、

最後に出てくるPRODUCER Yousuke SaitoとPRESIDENT & CEO Yousuke Matsudaにはどうしてもプレイヤーの鬱憤がバシバシ叩きつけられる感じになるな。


とにかくゲームのエンドテロップに出てくる名前はこんなにも多かったんだなと思った。


人類は何がしたかったんだ、何でこうなったんだと思うんだけど、これは前作の「ニーアレプリカント」をやるといいらしい。もうすぐリメイク版がでるらしいので買おうと思う。

https://www.jp.square-enix.com/nierreplicantv1p2/

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Nier:Automataその8

返信

商業施設のシーンの直後、とつぜん地下から巨大建造物が登場した。森の国や水没都市にあるんだけどA2では入れない。

A2と9Sを交互に選んでクエストを進めることになる。9Sに飽きていたのでA2を選択した。

A2の操作は基本的には2Bと同じ。違いは自爆がバーサーカーモードに変わる。昨日にほとんど違いがないが、A2は服をきていないらしいので服が破れることはない。

もう一つの違いとしてA2は挑発に独自モーションとセリフがある。実はニーアオートマタをやってみたい理由の一つに英語版挑発台詞の「You wanna dance?」が聞いてみたかったのがある。


A2はぶっきらぼうなんだけどそれが他のBタイプと似ていて、やっぱ2Bが特殊だよねと思う。(2Bは主人公キャラなので他のモブと性格違うの当たり前ではあるが。)

しかしアネモネの記録を見るとA2はもともとはもっと穏やかな性格だったらしい。Aタイプは人と交流している間に性格が変わっていくタイプらしい。そしてこのAタイプがEタイプのベースに使われた。

なんで性格が変わるタイプを処刑用のEタイプに使うんだろう…。冷酷な性格に固定するといいのに。それだと対象と友達や恋人になるのに都合が悪いからか?


ニーアオートマタは鬱ゲーだと聞いていたので慎重に攻略動画を事前に見ながらプレイしてショックを和らげていたんだけど、このA2パートで不意打ちを食らった。パスカルと子供ロボット達。正直言ってなんであのシーンで子供達が自殺してしまうのか納得いかないんだけど。恐怖って言ってもA2が助けに来てくれたでしょ?パスカルも頑張って戦ってるのに。

そしてその後のパスカルの依頼。記憶を消す」にするとパスカルのショップが使えるようになるのでそれを選んだところ、パスカルが村の廃墟で「ガラクタを集めて売っています」と機械生命体の頭や腕などを売るようになってとてもつらい。これだったら記憶と共に生きていて欲しかった。


レジスタンスキャンプにデボル、ポポルがあらわれる。2周目の最後のほうにもいたかな。

このデボル、ポポルも辛い感じ。過去にデボル、ポポルの同型アンドロイドが大失敗をして人類が滅びたので、人類を守るために存在しているアンドロイドたちはデボル、ポポル型全員を許さない。デボル、ポポルはずっと迫害されつづけ、罪悪感を植え付けられたまま。

これって歴史に伴う人種差別問題の比喩ですよね。


あと3周目で変わるのが義体の「修理」。落ちている他のプレイヤーの義体を修理すると仲間になってついてきてくれる。1周目で9Sがいなくなった時に寂しくなってから義体を修理して仲間を増やすようにしていた。修理したあとはガッツポーズしたりお辞儀したり「人類に栄光あれ」のポーズをしてからついてきてくれるのでそれをみるのも楽しみにしていた。

それなのに3週目では数百日たった義体は汚染が進んでいるので修理すると敵化して襲ってくるので悲しかった。


A2のパートが終わったので9Sのパートにうつる。

9Sのパートはまたハッキングが中心となる。そして2Bがいなくなってから9Sがとても荒れている。最初の頃の好奇心旺盛でキャッキャしていた9Sくんが変わってしまった。

地下からきた巨大建造物の調査は9Sが進めるんだけど、「箱」のなかで「コロセ…」と言う瀕死の機械生命体に容赦なくとどめを刺したり、コアらしきものを躊躇なく破壊してしまったりと以前の9Sではない。


この鬱な状況を緩和するのが「ひのきのぼう」。FFコラボ武器の「エンジンブレード」は2周目の最後にはもう最大強化のLv4にできてダメージ数値や回避のアクションがFF風になるのを楽しめていたのだが、「ひのきのぼう」は素材が集まらずこの段階でようやくLv4にできた。「ひのきのぼう」ではダメージ数値がドラクエ風になるのと宝箱の見た目がドラクエ風になる。「エンジンブレード」だとアクションが青っぽくなってカッコイイと思えるのだが、「ひのきのぼう」だとダメージ値がスーパーの値札みたい、クリティカルの時は特売みたい(笑)。そして宝箱の見た目がドラクエになるだけでかなり世界観がドラクエに侵食される。やっぱりニーアオートマタはFFに雰囲気が近いんだな。

「ひのきのぼう」のおかげで戦闘がだいぶコミカルになり、心が救われた。


2週目は基本的に1周目をなぞるだけだったんだけど、3周目では一気に世界の謎が解明されていく。A2パートと9Sパートが終わるとその後は2人が都度切り替わりながらストーリーが進む。基本的にEASYモードでオート機能をつかってプレイしているのでつまづかないけど、これオートなしで操作している人は相当やりづらいのでは。


そしてA2と9Sは塔を登っていく。この過程で人類が滅んだことが明言される。そして塔の上で会話でA2によって2Bが本当は2Eであり、9Sを殺すことが目的で同行していたと明かされる。ここは予め攻略動画で知っていたんだけど、ネタバレなしで突っ込んでいたらやっぱりうん...


続きを読む

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Nier:Automataその7

返信

また前回の記録から3日ほど経った。

この間ひたすらニーアオートマタ+ちょっとだけ散歩という生活をしていた。

先ほどEエンドをクリアした。セーブデータはあらかじめUSBに保存してEエンド後に戻した。


記憶がなくならないうちに感想を記録。


2周目は9Sの操作に2Bほどの楽しみがなくてつらかった。9Sの特徴はハッキングという簡易シューティングなんだけど操作がしにくく自機も敵も変化がなくて楽しくない。

Aルートをもう1回プレイするので内容に変化がないし、差分の部分はあまり多くなく、しかもそれが操作がしずらいハッキング。Bエンドにたどり着いた時はようやく終わった、と思ったほど。

1周目で途中からサブクエストがこなせなくなってしまったので2周目はなるべく取りこぼさないように進めていたのだが肝心の「エミールの追憶」をとりこぼしてしまった。砂漠地帯の月の涙の場所がややこしくて、攻略動画を見ながら手間をかけて取ったのでそこで安心してその後を忘れてしまっていた。鍵だけはもらえているからCエンド後に続きができるか?

BエンドはAエンドとほぼ同じで最後のセリフが9Sのものになっていて、エンド曲の「Weight of the World」がAエンドでは英語版でBエンドでは日本語版、という違い。ただしBエンドではエンドロールの最後で2Bがバンカー内を移動できるようになり、9Sと会話してから2Bの部屋に戻るとC,Dエンドの予告が流れて終わる。


3週目。機械生命体への総攻撃開始の場面から始まる。あれA,Bエンドって終わりになってなかったということじゃん?2Bが操作できるけどフルアーマー状態で顔が見えないので残念。3周目の序盤は実行できる行動が限定されて自由度がない。機械生命体もかなり強くなっている。廃墟都市も全体的に暗いイメージになっている。

機械生命体のEMP攻撃(視界や音声が悪くなってプレイしにくくなる)をアイテムで解除しないと戦いにくかったり、ウイルスにかかりかけた2Bを9Sがハッキングで救出する場面が難しかった。

さらにてこずったのがこの後。バンカーに戻るとバンカーがすでにウイルス汚染されていて壊滅。2Bと9Sは2人だけで飛行ユニットを使って地上へ戻る。その最中に2Bは9Sの飛行ユニットの権限を奪取して9Sを強制離脱させ、自機だけで戦いを挑んで墜落。ここから2Bの操作が始まるのだが、ウイルス汚染が進み始めどんどん操作ができなくなっていく。制限時間内に水没都市から廃墟都市を通って商業施設に移動しないといけない。ここで廃墟都市のなかで谷間をジャンプで超えないといけない箇所があり、ここでジャンプ操作が下手でちっとも進めずゲームオーバーを繰り返す羽目になってしまった。

いままで距離を稼ぐジャンプは□ボタンの弱攻撃を繰り出して行っていたのがこのシーンでは□ボタンのコマンドは封じられていた。

仕方なく少し前にとったセーブデータに戻り、1時間ほどジャンプの練習をした。×ボタンでジャンプ→R2ボタンで回避→回避中に×ボタンで宙返りができれば十分な飛距離がでる。安定して飛べるまでさんざん試してようやく2つのコツを理解した。

・回避の後に宙返りするには飛んでいる最中でないといけない。降下姿勢になってしまうとジャンプできなくなる

・ボタンは1回づつ押す。ガチャガチャと複数回押すと動作が中断して飛べない。特にR2ボタンを2回以上押してしまって失敗することが多い

練習で安定してきてからまた元のデータに戻って瀕死の2Bで谷間をジャンプして商業施設に着けた。これが2Bを操作する最後のシーンになってしまった。ウイルスに汚染された2BはA2に介錯を依頼して死んでしまう。

このあとはA2と9Sを交互に操作して3周目を進める。


長くなったので続きは次に。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

朝起きて腰が動かなかった時

返信

smjdqvz2

投稿者 x6a7u9 | 返信 (0)

色調整と光の差し込み (試作)

返信

 自然とおおらい風になってしまう。

https://artbreeder.com/i?k=e54b8ad7af8ec879a426

● 下は上の元の顔。

https://artbreeder.com/i?k=7ad314e2ea88ce2e9695

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2020 HeartRails Inc. All Rights Reserved.