sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

アニメ

蟲師

返信

どちらも原作漫画は読んだことないのでアニメに限った話なんですけど、

蟲師が気に入った方は夏目友人帳あたりなんかもどうでしょうか

きっとお気に召すのではないかと思います(妖怪つながり?)


今テレビ東京系で再放送されているのを見ているのですが、

なんというか「こころにしみる」ような良い話が多いです

燕の話とか蛍の話とかもう俺の泣きツボに大ヒット


季節毎に新作アニメが量産されては次々と消化されていくこのご時世に、

わざわざ再放送、しかもゴールデンタイム、

テレビ東京はやはりアニメに関しては慧眼と言わざるを得ない

投稿者 g2tw2s | 返信 (0)

弾さんのエントリー「世界中が日本の返事を待っている - 書評 - アニメ文化外交」 を読んだ

返信

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51222481.html

引用 :

 「サブカルチャー」を、返事をしないことのいいわけにするのは、いいかげんやめなようじゃないか。

返事の仕方を知らないとは言わせない。ゲーム業界はきちんとしているのだから。任天堂も、SCEも。

~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ -


>ゲーム業界はきちんとしているのだから。


 これはたぶん、2007年2008年にかけて世界ツアーを行った、FFのオーケストラコンサートのことを

言ってるんだろうな。

 あれはほんとインパクトがあった。YouTubeの方にもそのときの模様がたくさんアップされている。


 コンポーザー ノブオ ウエマツ  の紹介だけで、会場が ワァァァーーー だよ。

全世界でどれだけ絶大な支持を集めていることか。

 それでも、日本の中で植松伸夫(wiki) の名前を知らない人がたくさんいるんだけどね。植松伸夫というよりFFの音楽を

担当している人と言った方がわかりやすい。


 海外で人気のある曲はというと、「One Winged Angel」、これは絶大な人気がある。オーケストラコンサート

でもアンコール曲は必ずこの曲。


 この曲が世界のどれだけの都市で演奏されたかあげてみる。(演奏は現地のオーケストラ)


・ アメリカ シカゴ --

  観客の反応が一番大きい。大盛り上がり。


・ スウェーデン ストックホルム --

  最後のアンコール曲(ワンウイング)が開始される前に植松氏 登場。会場大盛り上がり。

  そしてワンウイングドエンジェル演奏開始。 演奏開始時にもワァーーの歓声。

  オーケストラの演奏はストックホルムが一番うまい。


・ イタリア フィレンツェ --

  テントのような会場でオーケストラが目の前。オーケストラの音の迫力がすごいだろうな。

  フィレンツェでのコンサートでも最後に植松氏登場。ノブオ !! ノブオ !! のノブオコールが起こる。


・ インドネシア --

  ものすごく大きいコンベンションセンターのようなところでのコンサート。オーケストラの人数が最大。


・ ブラジル サンパウロ --

  オーケストラとエレキギター1本との競演。ディストーションのかかったギターサウンドとオケがマッチしている。

  サンパウロのこの組み合わせが一番いい。


 ほかにも ロンドン 台湾 とかあるんだけど、一応ここまで。 オーケストラそれぞれのテンポの違いなんかもあって聞き比べてみると面白い。(フィレンツェはゆっくりめ、サンパウロはちょっと速い)

 それと観客の熱狂度、歓声の大きさ、それぞれ国の性格が出てる。



 曲としてもう一曲、「Liberi Fatali」。 オーケストラのサビの音を存分に引き出している。

息もつかせぬスペクタクルサウンド。 血圧が上昇するような曲だわ。



続きを読む

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

6月29日~8月1日ね。

返信
90年代にテレビ東京系で放送され、社会現象となった人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が、6月29日の深夜から日本テレビで再放送されることが明らかになった。同番組はケーブルテレビなどで再放送されていたものの、異なった地上波のキー局で再放送されるのは異例で、話題を集めそうだ。 

 「新世紀エヴァンゲリオン」は95〜96年にテレビ東京系で放送されたアニメで、碇シンジや綾波レイら14歳の少年少女が巨大ロボット「エヴァンゲリオン」を操り、人類を攻撃する謎の生命体「使徒」と戦うストーリー。それまでの特撮ドラマやアニメのオマージュに加え、複雑に張り巡らされた伏線や細部まで作り込まれた設定など数々の要素で、幅広い年齢層の支持を集め社会現象となった。

 中でも、シンジの精神世界を描いた最終2話はファンの間で賛否両論を呼び、97、98年にはラストを大幅に改編した劇場版アニメが公開され、公開初日には長蛇の列ができた。07年には庵野秀明さんを総監督に、ストーリーを再構築した劇場版アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」が公開され、200万人を動員する大ヒットを記録。27日にはその第2作「破」が公開される。

 日本テレビは、6〜8月にかけてテレビ版全26話を9回に分けて再放送する。初回は6月29日(月曜日)深夜1時59分の「第壱話」〜「第参話」。続いて7月1日からは水・金曜日深夜に2〜5話ずつを放送(3、8、29日は放送なし)。ラストは8月1日(土曜日)の深夜2時10分、「第弐拾四話」から最終回「第弐拾六話」を放送する。また、劇場版アニメ「破」の公開に合わせて特別番組も放送する予定。

 日本テレビの高橋望プロデューサーは、「大ブームを巻き起こしたエヴァの原点はやはりテレビ版。金曜ロードショーで放送される『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』と合わせて、今改めてテレビでエヴァを楽しんでほしかった」と放送にこぎつけた理由について語っている。

<新世紀エヴァンゲリオン>“ブームの原点”テレビ版、日テレが異例の再放送(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

投稿者 fj2sp6 | 返信 (2)

けいおん!主題歌発売

返信

なんか今期のアニメの中では結構話題になってるっぽい「けいおん!」。まぁ確かに京アニらしい丁寧さで面白いと思うものの、そう絶賛されるほどでもないと思うが…


それはともかく、エンディングテーマだけは、最近のアニソンの中では一番お気に入り(オープニングテーマは如何にもな感じで、どうでもいい)。ので、iTunes で購入。


アニソンは滅多に買うことはないし、買うとしても iTunes。マニア的な趣味は皆無だし、高音質で聴きたいとも思わないので CD は不要。1曲ずつ買えるし。


本来、音楽は CD で買う人だけど(手元には数千枚の CD はある)、アニソンってオープニングテーマとエンディングテーマを別々の CD シングルで、それも2曲で ¥1,200 とか(そしてショボい Remix を後から更に出す)、さすがガッツリ商売しまくりだから買う気になれないんだよね。どうせ、欲しいのは1曲だし。


とか言いつつ、今回は珍しくオープニングテーマとエンディングテーマの A/B 面両方、計4曲買った(それでも CD シングル買うより3分の1の値段だが)。やっぱり気に入ったのはエンディングテーマの「Don't Say "lazy"」だけだった。まぁ失敗だったとは思わんけど、CD 買ってたら費用対効果でちょっと後悔してたかも…なんてね。


Cagayake!GIRLS - EP (iTunes Link)

Don't Say "lazy" - EP (iTunes Link)

投稿者 zjw2sp | 返信 (0)

ちょいヲタ復帰計画

返信

GEOで旧作100円キャンペーンをやっていたので14本借りてきた。

ほとんど米ドラ。


アニメも少し。

グレンラガンが年末年始にまとめて再放送してたのを観てたんだけど,途中までしか放送されなかったので残りを少しずつ借りて観てる。

ようやく今回で終わり。

途中までだと気持ち悪いから一応観てるけど,正直イマイチ。

なんであんなに絶賛されてんだろ?

ちょっと過剰評価されてると思う。

自分が大人になったせいもあるのかもしれない。


中高生のときはちょいヲタで,流石に同人とかギャルゲーに手を出すほどじゃなかったけど,地上波アニメは大体チェックしてた。

高3の頃からアニメ離れが始まって,ここ数年はほとんど観てなかったんだけど,1年前くらいからまた少しずつ観始めた。

正直,ガンダムooにもマクロスFにもハマれなかった。

昔みたいにたくさん観てるわけじゃないから,観てない中にいい作品があるのかもしれないけど。


で,結局いろいろ忙しいってのもあって,今はアニメだけじゃなくテレビ自体を控えめにしてる。

今後もDVDレコーダーを買うまでは観ないと思う。(DVDレコーダーはHDDに録り貯めて観られるのでOK)

それまではレンタルで過去の名作アニメを観ていこうと思う。

とりあえず,ガンダムとマクロスをファーストから順に観ようかな。

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

新番組視聴予定 2009 春

返信

朝ドラだけしか観ない。


今期,というか今後は,TVはほとんど観ないようにする。

ドラマ・アニメは,どうしてもリアルタイムで観たい理由がない限り,DVDで観る。

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

グイン・サーガ

返信

 あしたの夜 グイン・サーガ。

>NHK BS2『グイン・サーガ』 4月5日毎週日曜23時29分スタート。

http://www3.nhk.or.jp/anime/guinsaga/index.html

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

懐かしのアニソン

返信

子どもの頃のアニソンをカラオケで歌いたいんだけど,放送していたままのショートバージョンで歌えないのかな?


フルはわからないし,カラオケのために覚える気もないし,聴く方も初めのうちは懐かしくて盛り上がるけど,長くなるとダレてくるんだよね。


手動で演奏中止にするしかないのか?

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

映画『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』

返信

『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』と『名探偵コナン』は、流石に普段の放送を観ることはなくなったけど、映画(のテレビ放送)だけは観てしまう。


しんちゃんは、『オトナ帝国の逆襲』が有名だけど、大人でも楽しめる(泣ける)いい作品が多い。

コナンは安定感があって、それなりに楽しめる。

でも、ドラえもんは、自分が大人になったからってのもあるんだろうけど、『ドラビアンナイト』以降(リメイクを除いて)あんまりいい作品がない気がするんだよね。


特に今日やっていた、映画『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』は説教臭くて最悪だった。

投稿者 fj2sp6 | 返信 (1)

2009年1〜3月期アニメが既に始まってる件

返信

今晩から「みなみけ おかわり」が始まって今期の新アニメがスタートかと思っていたら、三が日から始まってるのもあったんだな。昨日の夕方に気づいて、危ないところだった。まぁ、今期スタートは少ないけど。


昨晩から始まった「WHITE ALBUM」は、大昔、葉っぱ好きだった人間としては楽しみだったのだが、チラッと最初の数分見て、その絵柄と声に違和感を感じまくり、さらにストーリーも妙な感じがしたので、このまま録画はするけど、見るに見られない…になりそう。原作は好きだったんだけどな。それこそ、個人的には To Heart よりも好きだったくらいなのだが。


「みなみけ おかえり」は今期唯一期待。制作が1期の童夢じゃなくて2期のアスリードなのは少し残念だが、それでも期待したい。


「マリみて」4期は、3期を見てないので、たぶん録画するけどそのまま積ん録になる公算大。「続 夏目友人帳」も積ん録になりそう。


あとは「まりあ†ほりっく」「RIDEBACK」「空を見上げる少女の瞳に映る世界」「明日のよいち!」あたりを中心に適当に初回を見て、2話以降も見たり録画したりするか判断、という毎度のパターンかな。


ま、前期から引き続き見ているのもあるし、見るのが追いついてない(年末年始で結局追いつかなかった)アニメもあるので、今期は少なめでいいかな。仕事も前期ほどじゃなくても結構忙しい予定だし。

投稿者 zjw2sp | 返信 (0)

2008年10〜12月期アニメ徒然 その六 「夜桜四重奏」

返信

何となく見始めて、そのまま最後まで見た。1話から「円神との決戦で完結なんだろうなぁ」と思ったそのままの流れで、特に予想外の展開もなく、かといってストーリー的にはそう違和感もなかった(原作はしらないし、作画的なことは判らない)。


そんなわけで、まずまず見られたけれど、だからといって良かったわけでもなく、まぁ悪くなかった程度。特に印象には残らなかったし、原作を読んでみようと言うほどにもならなかった(2期があれば見ると思うけど)。なんとなく戦い中心だった割には、戦闘シーンが単調だったことが原因かな。

投稿者 zjw2sp | 返信 (0)

2008年10〜12月期アニメ徒然 その伍 「今日の5の2」

返信

“日常マッタリものアニメ”はややこしい設定もなければ、前回との繋がりもないことが多いので、何も考えられずに見られるので、仕事に疲れている時の気分転換には良い。サッと見てサッと忘れても、何の問題もない。


ただ、小学生モノは割と苦手な部類だったのだが、先に書いた「ヒャッコ」を見た理由と同じく、今期は好みっぽい“日常マッタリものアニメ”がなかったので、とりあえず見てみた。結果、最後まで見たけど、まぁ可もなく不可もなく。


というと悪く聞こえるが、安定していたというか、最終話もそれなりだったし(予定調和ではある)、今期見ていた他がパッとしなかった分、ストレスなく見終わったという感じ。そういう意味では良かったと言えるかも。


【追記】OVA の方が遥かにデキがいい、テレビ版は駄目、という意見をネットで良く目にしたので、年末年始の間に OVA を見てみた。作画その他のクオリティは OVA の方が良いから(予算も違うのだろう)、その点を見る人には OVA の方が断然良いというのも判る気がした。


でも、個人的には OVA の絵柄は到底小学生に見えないし(まぁ元々小学生とはかけ離れた内容ではあるが)、根本的なストーリーに違いはないので、傍目から見たら五十歩百歩でしかない印象だった。

投稿者 zjw2sp | 返信 (0)

2008年10〜12月期アニメ徒然 その四 「ヒャッコ -HYAKKO-」

返信

今期は、“日常マッタリものアニメ”で事前に目星を付けていたものがなかったので、とりあえず試しに見はじめたが、最初の1〜2話は、とにかく話のテンポが悪くてダルかった。なので、2話時点で見るのを止めようと決めた。


のだけど、たまたま2話最後の次号予告で、3話からは複数ストーリー構成になるようだったので、ならばもう1話だけ見てみるか…と見たら、3話からはテンポが少し良くなっていて、結局最後まで見た。


とはいえ、別に面白かったとは思わない。つまらなかった、とも言わないが。可もなく不可もなく。


ただ、今期は仕事が激忙しかった故、見るアニメもシリアスなストーリーより日常ほのぼの成分が欲しかった。そんな気分転換の一助にはなってくれた。今後見返すことがあるか?と言えば、ないだろうけど。

投稿者 zjw2sp | 返信 (0)

2008年10〜12月期アニメ徒然 その参 「かんなぎ」

返信

これもなぁ…なんというか基本は悪くないのに、アニヲタ媚びが鼻についたのと、これも最後2話くらいの話の急展開が唐突すぎて後味が良くなかった。


当初は特に見る予定もなかったけど、2話ほど見たらまずまずだったので視聴を続けたわけだが、途中アニヲタに媚びるような内輪ウケ、隠しキャラなどが頻繁で、それがちょっとキツかった。内容がそういう方向性で作られている or 作られてもおかしくないアニメならともかく、かんなぎは基本的に違うように思えた。


アニヲタ媚びや内輪ウケが違和感なく入り込めるとは思えないアニメに強引に入れられるとゲンナリするし、監督のヤマカンが未だに京アニを辞めるキッカケになった一件をネタにしているのを見ると、なんというか粘着にも程があるなぁ…と、これまたゲンナリした。


あと最後だけやたらシリアスになったのは、破綻はないにしても、それまでとはナギの行動の落差が激しくて、いささか違和感を禁じ得なかった。もう少し滑らかに繋ぐような構成だった方が良かったのでは…と思ったり。

投稿者 zjw2sp | 返信 (0)

2008年10〜12月期アニメ徒然 その弐 「あかね色に染まる坂」

返信

酷かった。その一言に尽きる。数話見て「これはもしかして地雷では…」という感じはしていたが、それにしても酷かった。ストーリーというストーリーの無さには呆れた。


最初の頃に「これは“みゆき”パターンなんだろうなぁ…」と思っていたら、最後はまさにそうなったが、あまりに設定を端折りすぎて何だかなーな感じだ。両親や曰くありげな友人が毎回伏線を匂わせていたものの、結局全て匂わせただけで終了。


これが話の内容が多すぎて詰め込めなかった、というならともかく、12話のうち10話くらいは単にダラダラとした学園ラブコメを放送しただけなのだから質が悪い。最後の2話でエンディングに向けて話を急展開させて盛り上げようとしたものの、単なる消化不良。というか、訳わかめ。


原作だと色々と設定があって説明があるけどアニメじゃ足りないというなら、全く意味のなかった両親とか謎の組織を匂わせる友人の行動とかを端折るべきだったろうに…構成時点でやる気なかったんでは?と思うくらいだ。


まぁとりあえず、本年見た中では最悪の一品ということで。

投稿者 zjw2sp | 返信 (0)

2008年10〜12月期アニメ徒然 その壱

返信

ぶっちゃけ今期は外しまくり。今イチなモノが多かったのか、それとも自分が選択したものが駄目すぎたのか…その辺は判らないけど、久々に「見なきゃ良かったかな〜」とか「見るほどでもなかったな…」というのが多かった。


あと、最初からずっと通してきたテンポや雰囲気を、最後の数話で急に(シリアスな感じへ)変えて自爆して後味が今イチなアニメが多くなってきたのも、今期の印象の悪さに拍車をかけてるかも。


ラストの方だけ盛り上げようとする急展開のは常套手段だが、なんというか、取ってつけたような展開が多すぎて、制作したヤツは頭が悪すぎるんじゃね?と思うことも。もうちょっと話の流れとか、そういうものを大切にして欲しいと思う。


とりあえず今期見ていたり、見るつもりで録画したのは


・ガンダム00 セカンドシーズン(積ん録中…正月には何とか消化して後半に備えたい)

・今日の5の2(予定になかったけど見始めて、可もなく不可もなくで全部見た)

・ef 2期(積ん録のまま放送終了…そのうち1期と合わせて見るつもり)

・とらドラ!(積ん録中…興味はあるが原作ラノベは10ページで断念したトラウマが)

・ヒャッコ(2話時点で切る候補だったが、結局全部見た。微妙)

・タイタニア(視聴中。面白いけど結局尻切れとんぼで終わるのが判ってるからなぁ)

・のだめ2期(積ん録のまま放送終了…来年の3期放送までに見る予定w)

・あかね色に染まる坂(全部見た。最悪認定)

・黒執事(2話で切ったはずが、何故か録画は毎週したまま積ん録中。見ないけど)

・夜桜四重奏(全部見た。可もなく不可もなく程度かな…)

・CLANNAD 2期(視聴中だが、途中のダレさ加減が嫌になって少し積ん録あり)

・地獄少女3期(予想通り録画したのみ。もう地獄少女はいいかな…)

・かんなぎ(全部見た。色々と苦笑せざるを得なかった)

・とある魔術の禁書目録(見る気はあるが、消化は放送済分の半分程度で残りは積ん録中)


といったところ。正直、糞忙しかったこともあって、最初の頃にもっと切っておくべきだった。特に「あかね色に染まる坂」は途中から地雷臭がしていたが、つい見始めると最後まで付き合ってしまう癖が出て、25分×12話=300分という時間を無駄にした。


とりあえず見た番組の感想は別途。

投稿者 zjw2sp | 返信 (0)

みなみけ おかえり

返信

今日知ったのだが、みなみけ3期が1月からスタートするとのこと。結構好きだったので嬉しいけど、去年1、2期を連続して放送したばかりだったから、ちょっと驚いた。


が、アニメ制作は2期を制作したアスリード。1期の童夢にして欲しかった…と思ったのは俺だけじゃあるまい(世間の反響は何も見てないけど)。2期はテンポや話の構成も今イチだったし、個人的には絵柄が濃すぎて最後まで違和感があった。


絵柄は変わらないだろうけど、ストーリー構成は前回より頑張ってもらいたいと思うのだが、どうなるやら。

投稿者 zjw2sp | 返信 (1)

「お前らの作品は所詮コピーだ」——富野由悠季さん、プロ論を語る - ITmedia News

返信
「機動戦士ガンダム」の監督として知られる富野由悠季さんが10月27日、「東京コンテンツマーケット2008」(独立行政法人・中小企業基盤整備機構関東支部主催)のトークセッションに登場し、「プロフェッショナル・クリエイターの条件」というタイトルで自らの“プロ論”を披露した。


・「コンテンツ」という言葉はおかしい

富野さん(右)とQPRの清田社長 セッションのタイトルは「プロフェッショナル・クリエイターの条件」ですが、これは無理やりつけたタイトル。ここにいる人(コンテンツマーケットの出展者など)はプロクリエイターの条件を満たしてますから。ぼくみたいなロボットアニメの専門家がぐだぐだ言うことは一切ありません。
 コンテンツコンテンツと言うが、コンテンツは趣旨とか内容という意味。それがない作品はあり得ない。作品はコンテンツがないと作品にならないんですよ。でもなぜこの10年ぐらい、コンテンツという言葉を表に出すようになったのか。とってもおかしいよね。
 コンテンツビジネスと言うけれど、ビジネスにするためには中身がないとビジネスになりようがない。なんでコンテンツという言葉が流通して、そんな言葉を平気で使えるのだろうか。みんな慣れちゃっているけれど。
CGで独自のものが作れるわけがない
 みなさん方の時代は不幸だ。コンテンツマーケットの会場にはCGを使った作品が多いが、同じソフト使ってたら独自の物は作れるわけないと思う。みなさんはそう思ってないでしょうが。
 水彩絵の具や鉛筆、コンテ、油絵の具などで描いていた時代は、多様な描き方があったんです。だがCGを使って描き始めた時、みんな基本的にほとんど同じじゃない? 質感の違いを誰が突破してる? どこかのソフトメーカーが作ったものを使ってその上にぺたぺた貼り込みしているだけでしょ。
 キャラクターのことで言えば、みんなが好きなキャラを作って、それが全部売れているかというと、売れていないじゃない。それでもキャラクターを作ったと思っているのは、めでたいよね。それがクリエイティブなアートだとなぜ思うのか。それは今、みんながそういう言葉使いをしているだけ。
 技術や言葉はとても恐いことがあって、自分はとても独自なことをやってるつもりでもほとんどコピー、まねのレベル。そこから抜け出すために……プロクリエイターになるにはどうするか。プロで重要なことは金もうけできるかどうか。食えないとしょうがないんだから。食えてなんぼ。
 食えるための方法は、時代に振り回されたらダメですよ。左右のブースと似たようなことをやっちゃだめ。「自分のは独自性があります」と言うかもしれないが、お前程度の価値基準で独自性があると思っちゃダメなんだよ。所詮(しょせん)それはコピー。だってCGでアニメやってるんだろ。今アニメなんて国でさえ持ち上げてる。それに乗ってるだけじゃない。
みんな生き延びられないところで仕事している
 私が鉄腕アトムのアニメを始めたとき(富野さんは虫プロダクションでアトムの制作に関わっていた)、「アニメ」っていう単語で青色申告できなかったの。税務署行くたびに「これどういう職業ですか」と聞かれて一から説明しないといけなかったの。
 今はみんなアニメを知っていて、みんなやってる。1万人の中で1等賞になるのは大変。1等賞ならこうやって(私のように)生き延びられますが、みなさんがたは基本的に生き延びられないところで仕事している。そりゃ大変でしょうね。
 まわりの1万人をぶっ倒す。それぐらい力のある、それこそ“コンテンツ”を作るにはどうしたらいいかというと、いやぁ、コツコツやるしかないですよ。それだけ。おしまいです。
 手塚治虫先生もそうだったと思うんですが、人一倍寝ないで人一倍ペンを動かす。なぜ腱鞘炎にならないか謎でした。5時間寝たら寝過ぎという体になっちゃっていました。それくらい働いていたというだけ。基本的に体力勝負なんです。


・僕の場合は「ガンダム」で逃げ切れる

自分の作品を「よくできたもの」と言って自ら苦笑していた富野さん と言っては身も蓋もないので、少しトークの場にふさわしい言い方をすると、要点としては毎日コツコツやるしかないのだけれど、「独自性」の考え方の問題もある。
 みんな「私が好きなものは固有なもの」と言うかもしれない。確かにそうだが、重要なのはそれがビジネスになるかどうか、お金もうけの原資になるかどうかを考えなきゃいけない。そういう機能を持ったキャラクターや作品はどういったものかというと、基本的にはそれは、よくできたものでしかない。
 僕の作品の場合は半分以上はまぐれあたりだと思う。問題は、まぐれ当たりが当たった時にどう続けるかということが、そこで本当のビジネスになってくる。死に物狂いでを前のコピーをえんえんとやっていくわけです。ただオリジナルがあるとコピーやっても他人から「えんえんコピー...

続きを読む

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

今期アニメ初期雑感その2

返信

忙しくて間が開いたが、その1の続きを書いてみる。まぁ、今期は“とりあえず見ている”のが多くて、見るのを楽しみにしている、というのがほとんどない感じ。今はそれなりに見ているけれど、油断すると一気に全部積ん録状態になってしまいそう。


【今日の5の2】 当初見る予定はなかったが、今期のアニメは、ほのぼの成分が足りないと感じたので、一応録って見てみた。小学生モノはちょっと好みじゃないが、他に似たような日常生活ベースの、まったり系アニメが少ないので、一応視聴継続中。疲れてる時は、一回見たら忘れるけど気楽に見られて、次回への引きもないアニメは大切。


【TYTANIA-タイタニア-】 原作を大昔の刊行時に読んでいたが、確か3巻で作者が放り出したはずなので(田中芳樹の得意技)、それを2クールもどうやって放送するんだろう?最後はどうするんだろう?という興味で見始めた。内容は原作自体が銀英伝の二番煎じなのが判ってるが、NHK アニメらしく丁寧に、上品に作ってるなぁ…という印象。


ともあれ、どうやって話を続けて終わらせるか?のためだけに視聴継続中。前期も田中芳樹原作の“薬師寺涼子”が放送されていて、そちらは設定だけ原作を踏襲したオリジナルストーリーだったが、もしかして3巻以降のストーリーをオリジナルで放送するのだろうか?(それはないだろうけど)


【ef - a tale of melodies.】 一期の内容を完全に忘れていたので、一期を復習してから…と思っているうちに、順調に録画だけが溜っている。終わる前に追いつく予定ではいるが…。


【のだめカンタービレ 巴里編】 こちらも順調に積ん録中。大外しはないと判ってる分だけに、1話を見るのが後回しになって(放送開始も最後の方だったし)、そのままになってしまってる。このままだと録画しただけで終わりそうだが、どちらにしてもいずれは見るはず。


【その他】 「伯爵と妖精」とか「カオス;ヘッド」その他いくつかは、とりあえず1話だけ録画して少し見てみたが、Aパートの途中で切った。今期は見るのも録画するのも減らそうと思っていたのに、数えてみたら15本近くも録画してる。限界。ちなみにゴルゴ13は、大して面白くないと思いつつ、引き続き何となく見ている。


【その1で書いた番組その後…】 「ヒャッコ -HYAKKO-」は2話時点で切り候補だったが、3話目から1話2ストーリー構成になって、ほんの少しだけテンポが改善された気がしたので、4話時点で継続中。でも、もうちょっと小気味良い展開にしてくれないと…


「黒執事」は、3話以降録画だけしてる状態。多分このまま見なくなりそう。「とある魔術の禁書目録」は原作を読み始めて先のストーリーを知ってしまったので、アニメの方は時間のある時に見る状態に。原作を買ってしまうと、アニメを見るテンションが下がるのは、いつものこと。


「CLANNAD AFTER STORY」は、何をダラダラと芽衣ルートをやってるのかと思ったら、2クール放送だということを知って納得。っていうか、次は美佐枝ルートっぽい。一期で杏ルートをスルーしたのに、二期でサブルートを回収していくのは腑に落ちない。見ることは見てるが、飛ばし見状態。After Story 本筋に入るまで、そうなりそう。


「かんなぎ」は最初微妙だったが、慣れてきたせいか視聴継続中。悪くない。「夜桜四重奏」も視聴継続中だが、どこか引っかかる感じがある…。「あかね色に染まる坂」は、このまま学園ラブコメもので終わらないと信じたいが…

投稿者 zjw2sp | 返信 (0)

今期アニメ初期雑感その1

返信

今期のアニメも初回 or 2回目の放送が終わったあたりになった。例によって、アニメに関してはほとんど事前情報なしなので、目に付いたものを適当に録画して、それを見てから視聴継続を判断。という、いつものスタイル。今のところ、これは!というのがなくて、なんとなく見ているだけのものが多いけど…


【とらドラ!】 録画してるが見てない。2ヶ月ほど前、ムシャクシャして amazon で色々買いまくった際に原作をまとめ買いしたけど、読み始めて3ページで後悔したので…orz(それについては、またいずれ)。アニメを見たら印象が変わるかな?と思って録画してるが、今はまだ見る気になれず。だいたい、ツンデレだけの内容は食傷気味だ。


【ヒャッコ -HYAKKO-】 何気に1話を見たら面白く…はない。けど、面白くなるかなぁ?と思って2話も見た。マッタリとは違う、なにかこう間延びした感じが気になる。テンポ良く話が進めば…と思うので、もう少し粘ってみるが、このままだと切り候補。


【あかね色に染まる坂】 主要スタッフが School Days と同じとかで、日頃アニメ情報に積極的に接しない俺にも色々と前情報、前評判が入ってきていたので見てみたが…微妙。有りがち&普通すぎな現状。先の変化を匂わす内容はあるが、逆に匂わし過ぎて萎える感も。今は School Days に免じて淡い期待をしつつ様子見で見続ける方向。


【北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王】 期待はしてなかったが、どんなものか興味があったので1話を見てみた。オリジナル北斗の拳を見ていた世代だから、何もかもが違和感ありまくり。ラオウが単なるチーマーになっていて泣ける。これはいくらなんでも…ということで、Aパートだけ見て終了。


【黒執事】 予備知識完全ゼロで1話目を何気に見た。タイトルやイントロの雰囲気とは違ってコメディ?と思ったが、そのコメディな部分が外し気味&全体として中途半端な感じな印象だった。1話目は何とか見た。しかし2話目は見るテンションが出ず、切る方向。だが、一応しばらくは録画だけしておく。気が向けば2〜3話見て再判断予定。


【夜桜四重奏】 これも予備知識完全ゼロで、タイトルから“のだめ”とかぶるような内容かと勝手に想像していたが、全然違った(笑)。魔術系&まだ本格的に出てない敵キャラが獣耳で、どちらも食傷気味だが、全体のトーンは悪くなくなく、場合によっては好みになる可能性も秘めてる感じがしたので、視聴継続中。


【CLANNAD 〜AFTER STORY〜】 これについては内容は判ってるし、特に期待もしてないが、なんだかんだ言っても安定、安心して見られる。としか言いようがない。ハマりはしないが、見てしまう。


【地獄少女 三鼎】 地獄少女シリーズはなかなかいいアニメだと思うけど、さすがに飽きてきた&気分が乗らないと見る気にならないので、とりあえず録画だけしておいて、いずれ視聴のパターン。


【かんなぎ】 予備知識ゼロで1話を見た。オープニングでヒロインが踊りまくってるので、何かのアイドルもの?と誤解したが、内容はオープニングの雰囲気とは関係なさそうだった。で、監督の名前を見て納得。もうそのパターンはいいよ…と思うんだが。内容は、空から魔法少女が降ってきた系+ツンデレで、これも食傷気味だが、もうちょっと、ほのぼの系になってくれれば…という思いとともに視聴継続中。


【とある魔術の禁書目録】 原作を買おうか迷っていた時期もあるが、主人公が熱すぎて…という批評をどこかで見たのと、先に「とらドラ!」をまとめ買いして完全に外した後遺症で、原作買わずじまいのまま、予備知識なしに見始めた。で、まさに“空から魔法少女が降ってきた”そのものとは…。


さらに、どこかで見たような内容、雰囲気がしていたら、シャナの制作スタッフと同じと聞いて納得。そのものだわ。本当にラノベはこんなのばっかだな…と思いつつも、原作を少しずつ(もうラノベの大人買いはしない…)買ってるくらいなので、とりあえずアニメも見ていくだろうな。


【機動戦士ガンダム00】 1期を途中まで見ていたが、途中から積ん録状態になって見切れていないまま、2期開始になったので、とりあえず録画しておいて、あとで見るパターン。ギアスもそうだったが、2期放送中に追いつけるかなぁ…

投稿者 zjw2sp | 返信 (2)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.