sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

タイのTPP参加「積極的に検討」 副首相表明  :日本経済新聞

返信
【バンコク=小谷洋司、京塚環】タイのソムキット副首相は24日、日本経済新聞などの取材に応じ、「環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を積極的に検討する」と表明した。「強い関心」という従来の発言から踏み込んだ。25日からの日本訪問中に、日本政府からTPP参加への支持を取り付ける考えだ。

 同副首相にとって今回の日本訪問は初の外遊となる。経済運営を統括するソムキット氏が積極姿勢を鮮明にしたことで、タイ政府内部でTPP参加を前提に準備作業が本格化するとみられる。

日本経済新聞


 タイも参加。 日本に後押ししてもらうことで、日本から与信を得る。 海外からタイを見ると、タイの製造業のバックには日本がいる、と見えてタイへの安心感が増す(信用が増す)。


 日本から もうお金の援助はいらない、日本からの与信が欲しい。 東南アジアの国々はそう思うようになってきた。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/13078

返信

 TPPに取り組むモチベーションは、アメリカより日本の方が高いかもしれないな。 ある意味、大東亜共栄圏みたいなものだから。

 先人が成し遂げられなかったものを成し遂げる、という ものすごい動機付けがある。

 日本の野望(野心)に火がつき始めている。 たぶんこの先、先人の思いと同じ思いを持つに至ってハッと気付くときが来る。


 「そうだったのか、先人たちは こうゆうことを成そうとしていたのかっ !! 」 と気付いたとき、涙か溢れて止まらない。

 TPPを乗り越えたなら感動がある。


 アメリカの一部の人たちが反対したり、韓国が入らなかったりしたのは 大東亜共栄圏をイメージしたからだろう。


(ちょっとした妄想です)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

TPP条項は部品にまで及ぶから、TPPに入っていない韓国には部品工場のた めの投資は行かない。

返信

 部品工場の投資はベトナムへ行く。

 TPPに入っている国には部品工場の投資が進むから もの作り産業の裾野が広がる。


● ベトナム

>>

 TPPの交渉過程について甘利氏は、


 「7月のハワイでの閣僚会合で、関税撤廃に消極的であったベトナムがいきなり関税を100%撤廃する『100%カード』を切ってきた時にはかなり驚いた。この瞬間、日本の後ろには振り返っても誰もいない状況になってしまった。


 その後、マウイ島で開催された夕食会でベトナムの閣僚から『100%の関税撤廃については国内でも議論はあったが、国運をかける決断をした』と打ち明けられたが、そこからベトナムは一気にTPPのルールメーカーになり、全体をチェックする側に回った」


 と舞台裏の内情を明かしました。

<<


 ベトナムはTPPに国運をかけてきた。 ベトナムは必死。 これからベトナムからの招致活動(ラブコール)が活発になってくる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.