sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

FateEXTRA

パッションリップとメルトリリス

返信

愛してお化け パッションリップ。

愛するお化け メルトリリス。


女性の情念、として登場するのですが、男にも女にも共通するよね。

社会通念的には女性にはパッションリップ的な性質が良しとされる所があり(好きだ好きだという恋愛体質に甘い)、男性にはメルトリリス的な性質が良しとされる所がある(お人形のような女の子が好き、自分の器におさまってくれる女性が好ましい)。


各サーヴァントどれもパッションリップ、メルトリリスとの会話は読み応えがある。

セイバーは芸術だと、ギルは愉悦の元と、アーチャーは男性視点から彼女たちを評しますが、

キャスターは恋愛する女性として同じ目線で、一歩間違うと自分がそっちにいっちゃう立場から説教するのでおもしろい。




パッションリップ:だから、どうかーーーー

         どうか、わたしを追いつめないで。

         みんな脆くて華奢だから、触れただけで、

         くしゃりと潰してしまうから。

キャスター:………………………チッ。

      え、すごく不機嫌そう、ですか?

      そんな事はございません。

      これはただの同族嫌悪です。

キャスター:自分が我慢していれば何もかもうまくいく

      と本気で思ってるんですよ、この女。

      本当はなにが悪いのかまるで見えてません。

キャスター:触れるものを潰してしまうのは、

      自分が世界にとって異物なだけ。

      それを認められない事が過ちなのです。

(キャスター 第3章)






メルトリリス:安心なさい、痛みはないから。

       これは貴方のための毒、貴方のためだけに

       作られる、最高の愛のカタチなのだから。

(中略)

キャスター :そもそもご主人様は私のものです!

       もう魂にまでツバつけて

       予約済みなんですからねーっだ!

メルトリリス:……それは、わたしと何が違うのかしら?

キャスター :何もかも違います。

       アナタの愛は運命同化体。

       私の愛は運命共同体。

キャスター :ご主人様が得る喜びも苦しみも、共に自分の

       ものとする。愛する人の人生そのものを受け

       止める……それが妻の務めです。

キャスター :岸波白野というカタチに恋をしているだけのアナタに、

       私のご主人様を渡すわけにはまいりません!


続きを読む

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

バゼットとジナコ=カリギリとCCC主人公

返信

ええ、hollow ataraxiaのバゼットが大好きです。

EXTRA CCCはhollowのテーマを再構築した作品でもあって、そういう意味でまた大好き。


バゼットの性格には極端に強い面と弱い面が混在していて、それがキャラクターをフクザツにしていたところがある(そこがいいのだけれど…)。

EXTRA CCCではhollowでバゼットが担当したテーマを2人のキャラクターに分割して受け持たせている。

精神的に強い面は主人公に、弱い面はジナコ=カリギリに割り当てられている。

これでテーマが分かりやすくなったし、更にキャラの掘り下げもできていた。特にジナコ。


主人公は瀕死の状態で「死にたくない」と願ってサーヴァントと契約し、その後記憶がない状態で戦いつづけるハメになっても、めげずに立ち向かってしまう。中盤以降、旧校舎にとどまっていれば自分もみんなも死なないことを知って若干葛藤するものの、結局外の世界に出ようと奮闘し続ける。

これはバゼットの心の強い部分の抽出だ。


その主人公の強さと対照的なキャラクターを演じるのがジナコ=カリギリ。

Fateで初めて現れた聖杯戦争を拒否するキャラクター。

聖杯戦争という現実に存在する強者の為のルールを見破り、用務員室に閉じこもって反抗した弱者の代表。

第2章のラニとのやりとりは気持ちのいい弱者のタンカだ。




ラニ :何を言うのです。

    チェスは公正、公平なゲームです。

    運の要素を一切廃し、二人のプレイヤーが

    同条件で思考ルーチンを競い合う……

    これのどこが不公平なのでしょう。

ジナコ:不公平じゃん。

    どんなにゲームシステムがイーブンでも

    打つプレイヤーの性能に差があるんだから。

ラニ :なーーーなにを言うのです。

    プレイヤーに差があるのは当然です。

    そのために腕を鍛えるのではないですか。

ジナコ:鍛えても埋まらない差はあるよ。

    これはあらゆるものにある。

    だからーーーこの世に、平等なものはない。

    ゲームなんてその最もたるものだよ。

    システムが完璧であればあるほど、あとは

    プレイヤー性能がゲームの主軸になる。

ジナコ:わかる?公平を謳うんなら、それは

    素人が玄人と対戦しても”勝ち目がある”

    ルールじゃないといけない。

    チェス、囲碁、将棋なんてこの世でもっとも不公平なゲームシステムだ。

ジナコ:なーんで、そんな出来ゲームにジナコさんは参加しませーん。

    ラニさんはそこで”ズルして勝ち誇る”キャラでいてくださーい。

(ジナコ 第2章)




強者と同じ土俵に載せられる事を拒否する弱者の知恵。


続きを読む

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC アーチャー+女主人公 サーヴァントエンド&CCCエンド

返信

ついに終わったー!


物語後半に入ってからのアーチャーの語りはなかなかよかった。

選ばれなかった平凡な人間の為の無銘のサーヴァント。


女主人公用にカスタムされたシナリオが案外多かったのもよかった。


アーチャーのサーヴァントエンドですが、舞台は中東?

凛も中東で活動している事になっているし、なぜに中東押しなのか?


キリスト教的なのも仏教的なのも書いたから次はイスラム教のをやりたいとか…?

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC アーチャー+女主人公 第6章

返信

アーチャー+女主人公だとなんとメルトリリスが主人公そっちのけでアーチャーを好きになってしまう。

私はメルト好きだったのでショックだわー。メルトをアーチャーにとられた。爆ぜて、アーチャー!


アーチャーはジナコ編や無垢心理領域でのセリフが他のサーヴァントと視点が違ってよかった。

他のサーヴァントは自分のマスターは優秀な者でなくてはならないと言いますが

有名な英雄でもなく神様でもない無銘のアーチャーは凡人をこそ助けたいのですね。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC アーチャー+女主人公 第4章

返信

やっぱアーチャーは凛と組んでるのがしっくりくるなあ…。


第4章冒頭のアーチャーのSG1解放イベントはオタク男の語りのウザさがよく出ている。

女主人公、ここは椅子でなぐってしまえw


そして現代風衣装も入手。あまりに普通…。

なのだがなぜか女主人公がメガネ男子萌えということになっていて、メガネ語りが…。


アーチャーに現代風衣装を着せてダンジョンに行きましたが、この格好で双剣をふるっているとアブない人に見える。


アーチャー+女主人公はギャグ&ラブコメ風味なのかな。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC お気に入りBGM

返信

Fate/EXTRA CCC のサントラでお気に入りの曲。

http://www.typemoon.com/products/cccs/

またしても戦闘曲が多くなった。


Fate/EXTRA では細江慎治氏が音楽担当だったけど、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E6%B1%9F%E6%85%8E%E6%B2%BB

Fate/EXTRA CCC ではおなじみのTYPE-MOONのBGMチームが担当。音楽面でもさらにFate本編とのつながりが強くなった感じがする。


・電子の海の戦い ~ moon salt(I)

第1層〜第4層までの雑魚敵バトルの曲。

イントロと中盤で曲調が変わる。中盤からが好きなのだけど、雑魚敵バトルでは2ターンめくらいまで行かないと聴けなくて残念。


・電子の海の戦い ~ moon salt(II)

第5層〜第7層までの雑魚敵バトルの曲。

これもイントロと中盤で曲調が変わる。

中盤からが好きで、まるでボス戦のようなメロディ。

雑魚敵バトルでは3ターンめくらいまで行かないと聴けない。滅多にそこまでいかないのでときどき戦闘が終わった後に曲を聞くためにあえてボタンを押さないで放置しておく。


・calamity

CCCの曲の中ではこれが一番燃える。

ダンジョンの中の要所であらわれるちょっと強い敵との戦いはこの曲になるので、「あ、ここがポイントなんだな」とすぐわかる。


・over the top

stay nightの「激突する魂」のアレンジ。

VSカルナとかVS ZERO MODELとか、あと中ボス戦でもときどき使われていた。

サントラの中ではそれほど好きではなかったのだけどゲーム中にかかるとそのシーンにかなりハマっていてよかった。


・bottom black, moon gazer

BB戦のテーマ。桜のテーマのアレンジ。

曲の後半ではっきり桜のテーマとわかる箇所を聴くと、BB = 桜なんだな…と感じて物悲しい。


・inner core organism

桜の体内ダンジョンのテーマ。

このアレンジ違いでサーヴァントの体内ダンジョンのテーマもある。

わりとシリアスめな展開で体内ダンジョンが始まるのだけど、この曲で気分が明るくなる。

…そしてその後シリアスブレイク。


・shield cord breaker

CCCの見せ場、SG抽出のテーマ。

キターーー!って感じがして盛り上がる。


・spinal coaster

コミカルで好き。

このテンポ早めのバージョンは凛とラニのときしか聴けない。


・last piece again


続きを読む

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC アーチャー+女主人公 第3章

返信

マイルームで女主人公がアーチャーを椅子で殴っている…!


アーチャーは無口なわりに、喋ると主人公への小言が多いです。

まだ他のキャラとの絡みがすくないので何とも言えない。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC アーチャー+女主人公 第1章

返信

ついに最後のサーヴァント。アーチャー。

アーチャーにはどうしても思入れが持てず、最後になってしまった。

なにか見応えのある台詞はでてくるかな?


攻略サイトをみるとアーチャー+女主人公だとメルトリリスのところで特別な演出があるらしいです。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC キャスター+男主人公 サーヴァントエンド&CCCエンド

返信

もうキャス狐が表ボスのBB、真ボスのキアラ以上に酷いw

BB、メルトリリス、キアラとの問答はお前が言うな感満載。だがそこがいいのだが。


エンディングはサーヴァント、CCCともに

キャス狐は一番身近なようで一番超越したキャラだった…と思った。


サーヴァントエンドのタマモ9はようするに、「私にも桜と同じ事をしてもらいたい!」ってことですよねw


その他、

・タイガークエストでもらえる是否(YES/NO)枕かわいい。

・キャス狐の神話礼装はインドっぽかった。

・SG3の九尾は迫力あって思わず見入って&読みふけってしまった。

・シリアスなボス戦でも延々玉天崩うちつづけなければいけないってどういうことよ。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC キャスター+男主人公 第5章

返信

第5章のストーリーをキャス狐でプレイできるのは楽しい。

キャス狐さん本気でエリザやメルトリリスと張り合ってる。




キャスター:……ええ、そうですとも。

      どのようなルール、どのような運命にも

      かならず抜け道はございます。

キャスター:ご主人様をお守りし、聖杯戦争に帰還し、

      聖杯をお渡しするーーーーそう、目指すは

      問答無用のハッピーエンド!

キャスター:このタマモ、ご主人様と私のためなら

      運命の一つや二つ、

      余裕でブッちいたしますっ!

(キャスター 第5章)




キャス狐とBBやってること同じでは…。主人公にげてー。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC キャスター+男主人公 無垢心理領域

返信

第4章と第5章の間にはさまる「無垢心理領域」のイベント。

サーヴァントが主人公の事を忘れてしまって「近寄るな!お前は誰だ?」って言われるというシーンなのだけど、セイバー、ギルよりもキャスターの方がつらかった。だってセイバーとギルは最初に戻ったんだ、と思えば良かったのだけどキャスターはEXTRAでも最初からフレンドリーだったから。


…が、その分キャスターが元に戻ってからの飛ばしっぷりも凄い。赤セイバーがまじめな人に見えてくる。

そして宝具が解禁されたにもかかわらず、しかも特例で1ターンめからつかえるにもかかわらず、レリーフ破壊直後の戦闘で2回連続で負けてリトライするはめになるとは。


さすがはキャス狐。いろいろと。



ここにくる前のカルナ戦での問答も良かった。

キャス狐は弱者のためのサーヴァントだ。ジナコの男版みたいなピザニートとキャス狐のコンビを見てみたい。

あと、間桐慎二とキャス狐もなかなかよさそう。




キャスター:言っておきますが、貴方の過保護は

      あまりに純粋すぎます。将来性を信じられても、

      重荷になるだけの人間もいるのです。

キャスター:ジナコさんもその一人。

      貴方が正しくあろうとすればするほど

      主を追いつめているんだって分かってます?

カルナ  :浅慮なのはそちらのほうだ。

      オレは正しい英霊などではないし、

      そもそも、ジナコには何も期待していない。

カルナ  :ジナコの将来性を期待するものがいるとすれば

      それはジナコ本人だけだ。何者であれ、彼女の

      在り方に口出しすることはできない。

カルナ  :お前とてそうだろう。

      マスターを守るでも導くでもなく、

      寄り添う事を良しとしている。

カルナ  :たとえその先が報われぬ未来でも、

      己の我が儘で運命をねじ曲げる事はしない。

カルナ  :口では色々と欲望ダダ漏れだがな。

      本性は主に殉じる純情狐というワケだ。

(キャスター、カルナ 第4章 決戦前)

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC キャスター+男主人公 第4章

返信

EXTRAのときのキャス狐の青い衣装が好みで、2章で手に入れてからずっとそれにしてたが、4章で現代風衣装が手に入ったのでチェンジ。ピンクのパーカー姿のキャス狐かわいい。


3章のパッションリップ戦でのキャス狐の台詞がいい。超越者のセイバーやギルは言えない事を言ってくれる。




キャスター:ご主人様……ダメですよ。

キャスター:勧善懲悪でないコトがご主人様の長所。

      ですが、今回ばかりは

      それが良いとはかぎりません。

キャスター:アルターエゴは『そのように』生み出された

      AIです。彼女たちに愛が理解できる時は

      永遠に訪れない。

キャスター:……愛を求めながら、愛を得られない不幸

      をお汲みください。この娘は、ここで消えるのが正しい道なのです。

(キャスター 第3章 パッションリップ決戦後)




コレを聞くとやはりパッションリップにとどめを刺すべきなんじゃないかと思えてくる。

とどめを刺すとCCCルートに行けなくなってしまうのだけど。


キャス狐は人間の弱い気持ちを汲みながら、しかし救おうとはしないし、強くなることを求めたりもしない。

たとえ滅びるとしてもあるがままを見守るようなキャラだ。


ジナコのがらみの話でどう発言するのかが気になる。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC キャスター+男主人公 第3章

返信

やはりキャス狐はキャス狐で、敵の手がすべて開示されていて完封できているのに、ガード時に削られたダメージがいつの間にか蓄積して結構なダメージ量になったりもする。

第3章にもなればスキルもだいぶそろってMPも増えて、1ターンは余裕で自分の手をスキルで埋められるようになるのでだいぶラクになってくる。


赤セイバーとギルガメッシュは王様なのでなにかと上から目線でしたが、キャス狐はエリザやアルターエゴと同レベルで口喧嘩している。パッションリップには割と共感&ライバル意識ありのようだし。


あとキャス狐はギルほどじゃないけど意味深発言多め。なにか気づいているけどはっきり言わない、みたいな。

もう一つ、赤セイバーはCCCでは真名を言わなかったけど、キャス狐は最初からずっとタマモと名乗っている。


ところで、今回キャス狐がすっごく積極的なのですが、なぜか主人公が草食系反応…。なんでだー。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC キャスター+男主人公 第1章

返信

序盤からキャス狐のテンションがEXTARの時以上にハイだ…。

旦那様発言も全開。これはむしろ女主人公バージョンもやってみたくなる。CCCではEXTRAよりも男女による台詞の差はつけてあるはずなので差分があると期待。


CCCでのキャス狐の衣装は魔術師というよりも手品師って感じだ。帽子もついてる。これはEXTRAのときの青い服のほうが好きだったなー。和風好みなのです。


まだ1章のイベント内での発言だけでの印象なのだけど、強者視点のセイバーやギルと違ってキャス狐は弱者視点。ジナコにも同情してる。


もう3サーヴァントめなので、本筋じゃないところをあれこれ注目して見ている。

とくにNPCたちとの会話。

よく読んでみるとムーンセルとの接続が切れて、混乱したり自由を感じたりといろいろ。BBにも好意的だったり反抗的だったり。

2階のギャル子、レオファンのNPCとその相棒。3年教室の角のカップル。図書館入り口近くの運営NPCと一般NPC二人組あたりの会話がなかなか深い。


たとえば、エンディング直前ではこんな会話が読める。




女子生徒:やめて、やめてよ!

     ココがなくなったら、あたし消えちゃう!

     そんなの怖い! お願い、やめて……!

女子生徒:なんで夢から覚めようとするの!?

     曖昧なままでいいじゃん!

     いつまでもプレイしていればいいじゃん!

女子生徒:いつまでも変わらないおんなじ世界の、

     何が不満なの!?

     飽きても飽きても世界は続いているのに!

(2階廊下の女子生徒 7章)



男子生徒:……確かにBBは狂っている。

     でも、それと同じぐらい、

     君たち人間も正気じゃない。

男子生徒:決して諦めない事。いい言葉だけど、

     それはこうも言い換えられる。

     ”決して未来を認めない事”とも。

男子生徒:その異常性を、

     君たちはもっと真剣に考えるべきだ。

(男子生徒 第7章 )




3年教室のNPCカップルの会話はストーリーが進むごとに変化して行く。

アピールがへたくそだけど熱心な男子NPCが「明日デートに行こう」と女子NPCを熱心に誘っている。

この月の裏側では明日がこないのに。

彼らの会話を追って行くと、一見難しい事は考えられなそうに見える男子NPCは、月の裏側がなくなって自分たちは消滅してしまう事に気づいているのだとわかる。その恐怖感を打ち消そうとあえてバカキャラで女子NPCを誘っているのだ。



続きを読む

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC キャスター+男主人公

返信

次はキャス狐と男主人公のコンビで再開です。

女主人公が好きなのだけど、キャス狐はあきらかにヘテロセクシャルなので男主人公でプレイしないとちょっとかわいそう。


愛について終止正論と強者の理論で通した赤セイバーに対して、大義よりも私情を重視するキャス狐はどういう解釈をしてくれるのか?

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC ギルガメッシュ+女主人公  サーヴァントエンド&CCCエンド

返信

ギルガメッシュはサーヴァントエンドとCCCエンドのフラグを同時回収して、最終決戦前の分岐でどちらにも進めるようにしてプレイした。


まずギルでエンドまで進めての感想。

エヌマエリシュはほんとにチート。5章以降のボス戦はぜんぶコレで勝負を決めた。チートすぎてある意味ゲームをつまらなくしてしまいますね。

最終決戦前まで来るとギル様が主人公をベタほめするようになって、私としてはだいぶ違和感が。私は最後まで微妙な緊張感が漂っていてほしかったな。


・サーヴァントエンド

月から離脱し1500光年くらい離れた別の星でギルと一緒に新しい世界を作る、みたいな話だった。

あまりにもキレイなギル様。

もっと主人公を言峰みたいに悪の道に引きずり込んでほしかった。


・CCCエンド

初期化の壁から逃れた後、宇宙空間でギルとお別れ。

本当なら主人公は令呪をすべてギルにつかってしまったので、月の表側に戻れても戻ったとたんに即死のはず。

そこをギルの力で令呪を再生してもらい、主人公は生還できるようになる。

そして次は桜の力で地球で冷凍睡眠していた自分の体に戻り、桜と一緒に生きる。


サーヴァントエンド、CCCエンドともにグッドエンド。むしろグッドエンドすぎるんじゃあないか。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC ギルガメッシュ+女主人公 第7章

返信

メルトリリス決戦の前のサーヴァントの語りはセイバーのときもよかったけどギルもよかった。

アルターエゴとの関係はTYPE-MOONと信者的ファンの関係みたいにもみえるね。


ギルガメッシュは永遠が愚かなのではない。永遠を求める心が愚かなのだ、と説く。

CCCではこれでもか、というほど「変わる事が正しいのだ。今のままでいたいは間違いだ」という表現がでてくる。信者的Fateファンへの批判だと思うのだけど。


カルナや原初サーヴァント戦でかかる「over the top」はstay nightの「激突する魂」のリミックスで、CCCサントラの中ではあまり好きじゃなかったのだけど、ゲーム中のシーンで流れるととてもハマる。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC ギルガメッシュ+女主人公 第6章

返信

ギル用の水着がむしろカジュアルウェアっぽかったので、今はそれメインで着せている。これまでギル様にはアクの強い服装しかなかったからね。

6階の水着入手イベントは1回目は面白かったけど、それ以降の周回プレイではシリアスとコメディが入り交じって気持ちが落ち着かなくなるのでつらい。この辺りからBBが壊れてくる。そして桜も。


間桐慎二がなかなか良いキャラに見えてきた。あの自己肯定力を見習いたくなってきた。

5章、6章といい役回りをやってます。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC ギルガメッシュ+女主人公 第5章

返信

ギル様エヌマエリシュ解放!

たしかに敵サイドで即死宝具つかってくるヤツがいるのに味方サイドにいなかったら不公平だよねー♪


そして話題の「AUOキャストオフ!」にまでたどりつきました。

うーん…このキャラ崩壊はひどい…。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

Fate/EXTRA CCC ギルガメッシュ+女主人公 第3章

返信

サービス&ギャグパートの1,2章が終わってようやく本番。

3章の冒頭からギルガメッシュの過去エピソードが流れる。

神が人間を管理するために作った神と人間の混血がギルガメッシュ。

永遠性がテーマかなと思っていたけど、人為的に作られた存在が自分の意思で生きる、ということもテーマになるようですね。つまり主人公や桜のようなNPCの話ともリンクする。

考えてみれば、ギルガメッシュとBBには共通点すらある。


それにしても…ギルは人を雑種と呼ぶ割には自分が雑種じゃないか…。


Fateはマトリョーシカのように入れ子になる話が多くて読み解くのがおもしろいな。

投稿者 s2tjrn | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.