sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

雑感

Re: 梅田望夫氏の開き直り - 池田信夫 blog

読んだ

返信

 池田氏のブログを読み、そこから辿って梅田氏のインタビューを読み、そして弾さんの言及も読んだ。


 あーーダルい。 こんな おっさん連中の言葉のさや当てみたいなものにつきあっていられない。


 日本のウェブって、やっぱりあのITバブルから始まってる。 あのITバブルの流れが今につなかってる。

あのバブルを生み出すのに影で暗躍したのが、実はリーマンブラザーズ。 すべてはあそこかららだ。

 ウェブ(PCでの)というものを多くの日本人が必要とし、そのニーズを出発点としてウェブが地道に発展してきた、

というわけではない。

 正しい発展段階というか日本人のニーズを汲み取って地に足をつけて発展してきたのはむしろ携帯。

携帯の方が日本人が必要とするインターネットと言える。(言えるし、これからも着実に発展段階を辿る)


 話は変わって


弾さんのブログについてたコメントからの引用 :

 梅田の将棋愛なんか、誰一人、1ミリもキョーミねえ、ってことが見えてない。

そんな本を出してもいいのは、「この人が書いた本なら、中身はどうでもいい」って思う人が大勢いる大スターだけ。

 それなのに、「この本がだしたかった」って、自分のことを、大スターと思ってるわけでしょ?自己評価高い高い。

. . . . . . . . .

 いやなやつだねー。こんなコメントをわざわざ弾さんのブログに書き込むとは。

まぁしかし 将棋に興味がない人の方が圧倒的に多いのは確かだわ。俺も興味はない。


 将棋に興味はないけど、その周辺には興味がある。

ウェブでの知のあり方って本のそれとは違う。本だと梅田氏が描く将棋世界の中に入れるかどうかだけど、

ウェブではその外側の世界というのもつながってくる。だから自分が興味があるかないかは、もう少し広く

見なくちゃいけない。そうして広げた上で興味がもてそうなところに関わればいい。


 ウェブ上にスタンスを置いているのに梅田氏のふところの中で遊ばせてもらおうとしていること自体

おかしいんだって。将棋については梅田氏にまかせておいて、その周辺を自分のテリトリーとして豊かにすればいい。

 こうゆう考え方がウェブと関わる上での基本的な発想だろう。



とまぁー、とりとめもなく雑感をつらつらと。

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

雲を掴むように、答えのない問題を考え続ける

返信

http://modernshogi.pbworks.com/Chapter-7


例の翻訳プロジェクトの 第七章 ページ中ごろ より。

eaz2w83x雲を掴むように、答えのない問題を考え続けるお  


 ここ sa.yona.la に来れば、雲を掴むようにカキコできる。 \(^O^)/ フォーー

将棋をせずとも、フレーズ通りのことが体験できーーる。

 答えのない問題だったら みんな抱えてるさ...。

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

セカイカメラ (3)

返信

 これまでのセカイカメラについてのエントリーは妄想で書きすぎた。 すべりまくりの妄想エントリーだった。



 妄想は一旦ゼロにして、あらためてYouTube上の動画を見たり、ブログのレポートなどを読んでみた。

Youtube :

http://www.youtube.com/watch?v=6m53m80s2EQ&feature=related

ブログ :

http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20090218/1234903455

など。


 これはあれやね、LAN環境のある室内だけのものやね。

野外でGPSを使う ってのはほとんど役に立たないものみたい。


 セカイカメラというコンセプトが一応は提示された。 という感じのもんだわ。

カクカクモタモタした画面で、実用からほど遠いような代物。


 今の俺には 釣られた感しかない。 ドドーン。 _| ̄|○

iPhone に注目させようとする 何か引っ掛けのようなものさえ感じてる。

 もういいや、これはこれ、まったくの思考実験だった。



 まーそれでも いろいろググッたりしているとき、これは近いうちにくるかもという

記事があった。


・ iPhone OS 3.0でRFID利用が現実的に - Touchがメディアデモ公開

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/04/16/006/


また、

・ KDDI、RFID(無線ICタグ)リーダー搭載の携帯を開発

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0503/02/news031.html

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31187.html


 こっちだろう。 確かなのは。


( んなわけで、以前のセカイカメラについてのエントリーは非公開にしました。 (^_^;)  )

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

shade と shadow

返信

コリス :

■ ウェブデザインにおける、ライトとシャドウの効果的な5つの使い方 --

( via 今日のはてブ )


 ちょっと一言。

日本語で影は影だけど、英語では shade と shadow がある。


 物に回り込む影が shade で、 床に落ちる影が、shadow 。

イラスト描くときなんかはこれを別なものと意識して、描き方を変えた方がいいんじゃないだろうか。


 面白いな、言葉ひとつで 物の見方、とらえ方が変わる。

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

テキストによる情景描写

返信

http://d.hatena.ne.jp/Erlkonig/20090409/1239289120


引用 :


 小説には「情景が視覚的にイメージできるようにしなけれなばらない」的なお約束があります。あると思います。いきなり登場人物だけがいて周囲の状況が見えない、ということは避けるべきだ的な。個人的には、このお約束というのは「ルール」ではなく「フォーマット」であるべきだとは思うのですが。


 私の感覚では、Web小説って数百字から千字ちょっとくらいがいちばん読みやすい長さだと思ってます。ひとつのシーンを何千字、何万字も書くんじゃなくて、千字ちょっとのシーンがブツ切りでいくつも並んでる形式が好き。そういう場合、「最低限の情景描写」がけっこう枷になっちゃったりしますし、単に「書くことになってるから書く」というのもつまらない。


<< このブログ記事↑に関連して ヒューナイン(私) が言及↓ >> ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ -


 ウェブ上の小説においての情景描写。 ウェブ上において情景描写をテキストだけでやるというのは

ちょっと苦しい。本の中でなら それは必要不可欠な叙述であり完全に成り立つ表現であるけれども、

ウェブ上においては絵もあり、音もあり、マップもあり、3D もあるがゆえ テキスト描写が立脚する

足元は曖昧なものとなる。

 表現形式はテキストであるけれども、グラフィカルなものや音楽的なものと競合してしまう。

それがウェブの一つの性質。


 読み手がもし、テキストによる情景描写のところをダルく感じてスポイルしたならその文章(小説) は

空白だらけの文章になってしまう。(読み手がもう少し絵がほしいなーと思っているとして)

 つまり、その時点において小説は すでにバラバラなっているということ。


 リンクという機能を使って 引用につぐ引用をすることで 文章がセグメント化されるんじゃない、

表現者が意図する表現を、読み手が ところどころスポイルして頭の中で空白を作るから バラバラのセグメント

になっていく。


 まぁ、そう思うわけなんです。



 4月の土日は時間があるようで時間がないなー。ゆるゆるに緩んでる。
 これじゃーいかん。

::: ツイッ トカード :::

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

個性を尊重するということは

返信

 人はテンポやリズムをもって生きている。 それが弱くなると止まってくる。

単に疲れたから止まってしまうんじゃない。


 長距離を走ればよくわかる。

フルマラソンで20kmをこえると手や足の振りがバラバハラになって むちゃくちゃになる。

息切れからじゃない、息切れはそれ以前からある。

 走るリズムを刻めなくなって リズム感を失うからだ。


 生活のリズム、テンポを何でもってどう取るか、そこに人それぞれの個性がある。


 ほかの人の休憩の取り方や、生活上の句読点の打ち方に 口出ししちゃーいけない。

その人の個性が敏感に反応してしまう。(個性からやっていることだから)


--- ツイット ---

 fh9xif は、fh9 から、ヒューナイン。 気に入ってる。

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

Twitterユーザー数が臨界点を超え一般化するところへ来た

返信

http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20391096,00.htm


引用 :

 DGインキュベーションの枝洋樹氏は、「Twitterはすぐに使って楽しめるサービスではないため、ユーザー数は非線形に増えていく。ここにきて臨界点を乗り越えて、一般化する裾野に到達したのではないか」と分析する。


 3月にはNHK BSでTwitterが取り上げられ、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)開催期間中は実況、感想がタイムラインに飛び交った。Twitterのユーザーが友人を増やすためのコミュニティアカウント「follows」には、初心者と見られるユーザーの発言が多くなったという。

~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ -


 具体的な数字のグラフがあるので説得力がある。


 この記事の中でこゆう文章があった。


    デジタルガレージグループはブログ検索「Technorati」日本語版も運営しているが、

   Twitter SearchとTechnoratiが競合するとは考えていないという。「Twitterはフィーリング、

   ブログは清書。Twitterはダイレクトに感覚を伝え、ブログにはある程度の文脈を含んだ情報が載る。

   役割が違うし、どちらも価値がある。むしろ束ねて強化すればいいものができると思う。」(枝氏)。


 フィーリングと清書。 それは表面的な見え方。 Twitterのつぶやきとブログの記事のふるまい方は

もっと違っている。

 ブログ記事を書く人は自分の書いたものをプッシュしようとするが、ツイッターでつぶやく人は

自分のつぶやきに共感のあるつぶやきや人を吸着しようとする。 記事自体のふるまい方が好対照 (表裏)といって

いいほど違う。

 ブログ記事は、違った視点からの意見や根拠ある反対意見も受け付けるが、ツイッターのつぶやきは

反対つぶやきや批判つぶやきを嫌がる。


 投稿されているエントリーを静的に見ればフィーリングと清書と見えるかもしれないが、エントリーと

エントリーの動的つながりの傾向はどうなのかってところを見ると フィーリングと清書とだけでは捕らえられない

もっと何か違ったものがある。


 ツイッター勢力の拡大というのは、ブログのついでにツイッターも やる人が多くなったということじゃない。

ウェブに接する人々の大きい感覚の変化じゃないだろうか。 どんどんフローの方へ流れている。

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

Twitterが再噴火、ソーシャル分野ではGoogleを追い抜く勢い

返信

■ http://zen.seesaa.net/article/115588428.html →


引用 :

 “Twitter Tsunami”。今年に入って、Twitterのトラフィックが再爆発している。


 開催中のSXSW(MUSIC AND MEDIA CONFERENCE、FILM CONFERENCE AND FESTIVAL、INTERACTIVE FESTIVAL )でも、参加者にとってTwitterが必須のツールとなっている。会場では携帯電話や電子メールよりも欠かない存在になっているみたいだ。開催期間中(March 13-22)だと、Twitter検索(("#sxsw") tag)などでその様子がリアルタイムに覗ける。


 実はTwitterが突然知れ渡るようになったのは、2年前のSXSWであった。SXSW Web Awardを受賞したTwitterに、瞬く間に会場の参加者がハマっていったのである。そして、Robert Scoble やJason Calacanis などのカリスマブロガーもTwitterにどっぷりつかったこともあって、マニアックな層を中心に一気に広まっていった。


 2年前の3月がTwitterの最初の噴火とすれば、今年の1月あたりが2回目の大噴火と言えそうである。これまでユーザーがほとんどマニア層に限定していたのが,一般層にも浸透し始めてきたのかもしれない。それに、個人的なつぶやきミニブログとして使われるだけではなくて、ニュースなどのリアルタイム情報収集/伝達ツールとしても盛んに利用され始めている。

~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ -


 フローとストック。

Twitter がフローとして勢力を増すなら、ブログはストックという性格を前にも増して強める。

 そして人は どんどんフローの方へ流れる。


 車輪が軽くころがり まわり続けるような感覚、あるいはリズミカルなアンビエントサウンドを聞いているような感覚、

Twitter にはまる人はそんな感覚をもっているのかもしれない。


 誰かの2年前のブログ記事なんて 検索上位に来ない限り読まない。

 つぶやきころがし している方が脳トレになる。


 たしかにパソコン作業にはペースが必要。 ひじをついて手であごを支えながらダラダラとマウスボタンを

クリックしても眠くなるだけ。


 だるくも眠くもならない何かを 多くの人がウェブに求めている。



--- トゥウィット ---

 エントリーの末行でもトゥウィットしよう。 ゴーイングマイウェイ トゥウィット。  さぁー ぽつり。

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

ティム・フェリス氏、$3で「Twitter」のフォロワーを買収

返信

■ from Blog Herald →


引用 :

 ティム・フェリス氏は意地でもTwitter(ツイッター)のフォロワーを増やしたいようだ。

なぜなら、フォロワー1人につき$3支払い、「買収」しているのだ。しかし、フォローしたからと言って、

フォロワーが報酬を得ることが出来るわけではない。

 $3は、DonorChoose.org(ドナーチューズドットオーグ)を通して、アメリカの公立教育機関に贈られるのだ。

フェリス氏は、フォロワー1人につき$1ドル支払い、「匿名の支持者」が残りの$2を提供する。要するに、

ティム・フェリス氏をツイッターでフォローすることで、慈善活動を行うことが出来る。

 このキャンペーンは、5,000名のフォロワーを獲得するまで継続される。大義名分のもと、$15万ドルが

動くことになる。因みに、いつでもフォローをやめることが出来るようだ。

~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ -


 多くの人の志(こころざし)を募りながら 自分に着目させ その上で慈善活動ができる。 この引っ張り込み。

人知れず寄付だけするのではなく、多くの人の意識を喚起しながら 巻き込んでいく。


 いいアイデアだなー。 もちろんこれを支えるシステムとしてtwitpayがあるわけだ。

 (この場合は個々のフォロワーに配分されたり、個々のフォロワーから送金したりってことはないみたいだけど送金システムが完備していれば+αの志や+αの配分を融通することができる)

こうゆうこと できてくるんだなー。 んー。

 中田氏なんかに うってつけだわ。 中田氏がこのことを知ったら、同じようなことをやるんじゃないだろうか。

中田氏の現在の活動やサッカーの試合についてのトゥウィットならフォローしてみたくなる。


 宣伝する、アピールする(一方通行) だけじゃなくて、相手にもちょっとしたアクション(この場合クリック)を

起こさせ巻き込んでいくというアプローチ。

 このモデルを応用する人(or 企業)はこれからも ちょくちょく出てくるだろうな。



--- トゥウィット ---

 アメリカの慈善活動の文化の高さがその背景にある。 このへんアメリカらしい。 人を動かしていく知恵とアイデア。 こうゆうことに関して日本人はあまり動かない。 というか、動かそうとする側が、人に気分よく動いてもらうのに知恵とアイデアを絞らないんだわ。 そもそも そのへんの意識が欠落している。 金ほしいんだろ、だったら動けよ、みたいな 偉そうな封建主義ばかりが はびこっている。

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

Japanese Korean English

返信

 ここsa.yona.laには韓国語圏の人も英語圏の人もいる。(ページ右上のプルダウンメニューから)

しかし、まったく交流がないなぁ。


 俺はときどき見るようにしている。 国際色豊かな感じがしていい。

ハングルはまったく読めないが、リンク先がどんなページなのか 知りたくなってクリックしたりする。


 向こうも同じように ときどき日本語側を訪れてニヤニヤしているんだろう。


ちょっとリンクでもかけてみる。 韓国美人のTVCF 。

カムサムニダ。  (ありがとうって書いておかないと...)


韓国の人のエントリー :

 http://fehqe8.sa.yona.la/53 →




韓国の人のイラスト :

 http://fehqe8.sa.yona.la/44 →

なんじゃこれは。

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

自分の部屋が持てる海外のカジュアルゲームサイト 「Hotel iWin」

返信

http://www.iwin.com/hotel/roombrowser/


 自分の部屋が持ててカジュアルゲームができる海外サイト。

絵が濃いなー。 海外のゲーム絵らしい。 日本のはもっとあっさりしている。

~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ - ~ -


 部屋に家具などを配置して絵作りするパターンなんだけど、そのやり方では部屋全体の

ムードをどうするかは調節できない。

 どうしても家具などのパーツ固有の色が立ってしまって絵がガタガタしてくる。

ここんとこが限界なんだなー。


・ 向こうのサイトそのままの色↓

 これだと、午前中の感じで これといってムードが出ない。

そこで色変えしてみる↓。

 ゴールド感が増してゴージャスになった。 時間的には 夜になろうとする たそがれ時だ。

こうすることで 絵を見ているこっちの想像は展開し始める。


 部屋にある電話が鳴り、彼から これから会わないかの連絡が入る。そして、夜どこへいこうかの会話が始まる。


 色変え一つで、イメージが膨らみ 発想に方向性がつく、また ゲームの展開を思いついたりもしてくる。

この絵だったら 部屋に電話を仕込んでおいて 着信音が鳴りイベントが始まるようなflashを作ってもいい。


 絵の明暗 色調 それらがどちらからどちらへ変化するか ということとゲームの進行をどうするか という

発想は強く結びついていると思う。


・ 向こうのサイト そのままの大きさの画像 → こちら

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

ギネス「史上最高のゲーム」ランキング:10位中7つが日本製

返信

http://wiredvision.jp/news/200902/2009022720.html


1) スーパーマリオカート[任天堂]


2) テトリス[開発は1980年代、ロシア人のアレクセイ・パジトノフ氏]


3) グランド・セフト・オート[米DMAなど開発]


4) スーパーマリオワールド[任天堂]


5) ゼルダの伝説 時のオカリナ[任天堂]


6) ヘイロー(Halo)[米Microsoft社]


7) バイオハザード4[カプコン]


8) ファイナルファンタジーXII[スクウェア・エニックス]


9) ストリートファイターII[カプコン]


10) ゴールデンアイ 007[1997年に発売されたNINTENDO64版向けゲームで、開発は、当時任天堂の傘下にあった英Rare社。出荷本数が全世界合計で800万本以上という驚異的なセールスを記録した。]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今現在は3DCGになっているけれど、ほとんどがドット絵マップの時代を経てきている。

ポイントはそこだろう。

 ゲームを進行させるトリガーは、キャラよりむしろマップの方にある。 (主人公は翻弄される役回りの中で何かを見出していく)

からくりを埋め込まれた魅力あるマップ、それがベースだ。


 このゲームの進化プロセスを想起したとき、グーグルマップが気になる存在になる。

グーグルマップからグーグルアース3D。 進化プロセスが似ている。


 今、魅力あるマップを 多くの人(不特定多数無限大)が粛々と開発しているところかもしれない。

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

円高差益還元の動き出始める ニトリ、西友が大幅値下げ

返信

http://www.j-cast.com/2009/02/19036248.html


 来たな。

 大きいところがこれをやり始めると、そこかしこの量販店に強力な値下げ圧力がかかる。

この力が全国に伝播していく、それすなわちデフレだ。


 規模の力で押していけるところはいいが、それ以外のところは たまったもんじゃない。


 こうゆうことが進むにつれ、それ以外のところは人を雇わなくなる。職も少なくなり、

賃金も抑えられてしまう。


 また、こんなニュースもあった。

「レジ袋有料化」を一時中止 埼玉・川口のスーパー

 値下げ圧力がかかって来ているところへ レジ袋有料化なんてしようもんなら これ一つで

主婦はその店を敬遠してしまう。 店の方にしてみればコスト負荷がかかって また一つ苦しくなるわけだ。

 デフレ圧力がかかってくると、こんなこともできなくなっていく。


 賃金がそんなに上がらないのに、労働がきつくなる。 個性でアドバンテージを取れないところは、

ノルマを課せられ 尻を叩かれる。

 ビハインドセクターは、これからますます仕事がつらくなる。


「検索キー」「雑感」「景気」

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

Re: パイオニア薄型テレビ撤退 1万人削減へ

早めに

返信

 今、大企業中小企業は、人員削減を発表しているけれども 来週から順次 解雇していく

ということじゃない。


 企業は5、6ヶ月先を見越して手を打ったり、3、4年先を見越して技術開発の計画を立てている。

だから、人員削減発表も5、6ヶ月先を見越してのこと。


 つまり、今現在はまだまだ序の口ということ。

これが これから5、6月先の7月8月以降に、解雇が本格的になり失業者があふれだすと不景気風の突風が

本当に吹いてくる。


 物がほんのポツポツとしか売れなくなり、お金が回らず、手形が不渡りになっていく。


 今はまだ情報ばかりが先行していて、大多数の人が、不景気だ不景気だというけれども

特にそんなこともないよ、ぐらいの感覚ポジションでいる状態。


 しかし、それも今だけのこと。 来るよ。確実にくる。

物がほんのポツポツとしか売れなくなってギリギリかギリギリ以下まで値段を落とさなければならない事態が。

そしてそれが何ヶ月も続き、販売店、製造元ともゴリゴリとすり減らされていく。


 苦しいよ。 ほんと苦しい状況に陥る。


 打てる手があるなら早めに打っておこう。


「検索キー」「雑感」「不景気」「失業」

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

パイオニア薄型テレビ撤退 1万人削減へ

返信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090213-00000093-san-ind


 失業の危機が自分にふりかかってくると、今の生活の上に夢を描けなくなる。

それが苦しい。

 金曜日の夕方、喫茶店でコーヒーをすすりながら 明日あさって何をしよーかなーなんて考える気持ちの

余裕は完全に消えうせ、現実という冷たい地べたに叩きつけられる。


 そして、NECやパイオニアと書かれたネームバリューをもった名刺も一枚残らず失効する。

なんにもない。 なんの肩書きもない。 職場のポジションは完全に取りあげられ、なんの生活の基盤もない。


 街でばったりと昔の友人に会おうものならこう言われる、"よぉ、プーなんだってなぁー"。


 気持ちの活発さも失われ、ノロノロとして何をするのもめんどうなメンタリティーになる。

掃除一つが重くてどうしようもない。


 くやしいという気持ちがこみ上げてきたと思ったら、そのあと急に気持ちが重くなり、ため息ばかり出る。


 人は働きながら、気持ちをどこかに向けて歩かせている。 失業は、その気持ちの歩みを殴りつけて挫折させる暴力の

ようなもの。

 方向性をまったく見失ってしまう。

それが苦しい。


 こういったことが今年 NEC社員やパイオニア社員の身にふりかかる。


「検索キー」「雑感」「失業」

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

円高

返信

jjdqvz2w


 不景気風の突風が吹き 円高が進んでいる。

こんなとき輸出は苦しいだろうけど輸入(と流通)はいい。

 安くていいものを輸入できれば活発に流通させることができて、

輸入業者はウハウハだ。


 輸入流通となると倉庫が必要になる。

そして倉庫の情報を集め、マッチングさせているのが企業を相手にしている不動産屋だ。


 不動産屋の倉庫の賃貸状況を見ることで地域の雰囲気をつかむことができる。(ちょっとだけだけど)

(また倉庫であるとかの流通のインフラが不足していることもわかる)


 関西空港のある大阪湾岸に目をやってみよう。

http://www.jin.ne.jp/cosmofj/seek1.html

(株式会社コスモ不動産情報)


 多くの企業が倉庫を探している。

これは関西空港周辺だけじゃない、中部国際空港にしてもそうだろうし成田国際空港にしても

そうだろう。

 お金と品物がよく回っているところは回っていて、こうゆうところで如実にわかる。


 で、何が言いたいかというと、新聞の見出しや記事一つで不景気風にあおられてるんじゃない ってこと。

ネットなんかで想像を働かせていろいろ調べてみると、具体的な地域の状況がわかってくる。


 不景気風が吹いているといってもそれは "一様に" ではないってことだわな。



※「円高」で投資絶好機

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw06012901.htm

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

アメリカに時代の転換があるのかも

返信

・ ブッシュ大統領、退任演説 「善悪二元論」持論曲げず 2009-01-16


・ 米画家アンドリュー・ワイエスさん死去 91歳 2009-01-17


・ オバマ次期大統領、リンカーン像の前で演説 2009-01-19

 オバマ米次期大統領の就任式まであと2日に迫った18日、

「私たちは一つ」と名付けられた無料の祝賀コンサートが、オバマ氏

本人も参加してワシントンのリンカーン記念堂で開かれた。


・ パレスチナ自治区ガザへの攻撃を停止したイスラエル軍は18日、一部の地上部隊の撤退を始めた。2009-01-18

 なんかアメリカ大統領の就任式をみはからってる。



 現実主義(ブッシュ)でリアリズム(ワイエス)なアメリカから、もう少し夢のあるアメリカに変わろうという

時代の転換があるのかもしれない。


 しかし 世界はアメリカの大統領が変わるということ一つでリアルに動いている。

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

「代替エネルギーで50万人雇用」オバマ氏強調

返信

・ 「代替エネルギーで50万人雇用」オバマ氏強調 2009年1月17日14時9分

 再生可能なエネルギー対策の先進国としてスペインやドイツ、日本

を挙げて「米国でも同じ取り組みができないことはない」と政策を強

化する方針を表明。2月中の実施をめざす景気刺激策にも代替エネル

ギー産業の育成と支援に約520億ドル(約5兆円)を計上しており、

「風力タービンや太陽光発電パネル、エネルギー効率のいいクルマや

建物をつくり、技術開発などで地球をもっとクリーンにする」ことで

50万人近い雇用が生まれる、と力説した。

http://www.asahi.com/business/update/0117/TKY200901170094.html


 そんなおり、


・ パナソニック、住之江工場起工式 2009年1月19日

 パナソニックは19日、大阪市住之江区でリチウムイオン電池の新

工場の起工式を開いた。30日に着工し、10月には生産を始める。

同電池では世界最大の生産拠点となる。

 来賓としてあいさつした大阪府の橋下徹知事は「大阪が新エネルギ

ーの世界の供給源となるのは間違いない」と話した。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200901190016.html


 また、


・ 新型リチウム電池、本格量産へ=柏崎市に新工場―東芝 2008年12月24日

http://fh9xif.sa.yona.la/406


 そして、


・ TOYOTA、2009年北米国際自動車ショーに新型プリウスを出展  1月11日(日)から25日(日)

 3代目となる新型プリウスは、「圧倒的な環境性能」と「走る楽し

さ」のより高いレベルでの両立を目指し、システム全体の90%以上を

新開発した1.8Lガソリンエンジンにモーターとリダクションギヤを

組み合わせたハイブリッドシステム「THSⅡ(注1)」を搭載。また、

高い空力性能など車両全体でのエネルギー効率を向上させることで、

世界最高レベルの燃費性能と2.4L車並の動力性能を実現している。

 さらに、「ソーラーベンチレーションシステム」や「リモートエアコ

ンシステム」、「タッチトレーサーディスプレイ」など高い機能性を

持つ先進装備を採用し、時代をリードするプリウス(ラテン語で“先

駆け”)の名に相応しい革新的な進化を遂げている。

 新型プリウスは、本年5月中旬より日本を皮切りに、順次、世界各国

各地域での発売を予定している。

http://gazoo.com/NEWS/NewsDetail.aspx?NewsId=051a8569-66e8-4a13-b76f-720ea67d489b



 演説しているあいだにも世界では次の時代のエネルギーのあり方に備えた

新工場が着々と建設されている。

 演説に酔ってコンサートで歌を聴いて盛り上がっている間に世界は一手先んじる。

 これじゃー変わろうとしても壁にぶつかってしょうがない。



続きを読む

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

浅尾美和、超ミニワンピで「大胆なポーズしたい」

返信

http://www.sanspo.com/sports/news/090114/spk0901140506000-n1.htm


 どう見てもイメージがつながらない。面影をたどることもできない。

もう一度見る。

 いやー、つながらない。

 本当は類似点があるんだろうけど、左の笑顔は笑顔でツボをついていて、

右のファッションモードはファッションモードとして印象づいているから

脳が完全に仕分けしてる。

 男の脳の盲点か。



投稿者 fh9xif | 返信 (0)

アメリカの金融危機が日本のように「失われた15年」になることはない

返信

http://diamond.jp/series/siliconvalley/10014/

 アメリカは今回の危機を自分の問題としてとらえ、政府も企業も個人も危機の早期克服に動き出している。筆者にはこの危機が予想以上に早く終息するように思われる。ましてや「失われた15年」になることは絶対にない。

 今年後半にはアメリカ人はまた活発な消費を再開するだろう。どんなに厳しい環境でもアメリカ人は明るく生き抜いていく。

・ ・ ・・・・ ----∞∞※∞∞---- ・・・・ ・ ・

 しかし以前とは違うよ。

世界に損をさせたんだから。特にヨーロッパに損をさせた。

アメリカ以外の国はこう思っている。これからは、アメリカ人がもちかけてくる投資話なんぞ簡単には信用しねーぞ。アメリカの名の通った証券会社だ? はぁ~? だよ、と。

 アメリカ自身はアメリカ人のバイタリティでまた盛り返せばいいと思っているんだろうけど、周りの国に損をさせた分自分たちは信用を失っている。

だからがんばって盛り返そうとしても、あれ 何か違うぞと感じてくるはず。(経済は一国だけでやってるわけではないから)

 確かに10年も15年も低迷することはないだろうけど、ヨーロッパに損をかけた分 難しくなる。

アメリカに直接的に投資して何億何千億と損した人はアメリカ人なんてもうまったく信用しないだろうな。

くそアメリカ人め損させやがって、と思っている。

 それから、今後 ヨーロッパからアメリカに対しての仕返しが始まる、ヨーロッパ流のいやーな仕返し。

ヨーロッパ人は心の奥にもっているプライドを傷つけられると、いやーな仕返しを必ずするから。

 オバマ氏も今までのアメリカの大統領と同じような態度じゃダメ。

ヨーロッパの国を回るときは女王陛下に謁見(えっけん)するような姿勢で回わらなきゃ。

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.