sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

研究

新海風背景画は日本画的でもあるな..

返信

 日本画をクリアにしてエフェクトをたっぷりかけたもの、とも言える。

 新海風背景画の根っこの絵心は日本画なのかも。

 画像処理は日本画を作る、というイメージをもってやった方がいいか...

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

置き方一つで違ってくる

返信

 どちらが絵的か or ストーリー的か(物語内に持ってこれるか)。 やはり上の置き方でしょう。

中身を箱の手前に置く、というだけのことで違う。

 個別の物の羅列は人の感覚にフィットしにくい。


 くくれる か くくれない か、の感覚。 上の置き方の場合、意識しなくても くくってしまう。


 絵の構図の取り方にも通ずる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

鏡とデバイスで作られる空間 2

返信

 上の鏡は、透過液晶のサイバーミラー。


 こうすると 人と人のつながりだけで空間を作れる。 (先のエントリーの "人のつながり構造を どうゆうふうに建物のように視覚化するか" に対する一つのアイデア)

 ここにARなんかをちょろっと盛り込み、デバイス経由でこの空間をつなぐと構造を作れる。 そうして この構造の中に写真を入れていく。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

鏡とデバイスで作られる空間 1

返信

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Facebook 写真

返信

『 Facebookを分厚くする 』  いいコピーだ。

----


 Facebook は写真が面白くなるサービスでもあるなー。 (あのタイムラインは写真が生きる)

普通の人が普通に撮った記念写真、そうゆうのがFacebook 標準写真である(ような)。

そうであるなら、その標準写真はグリッドのようにつながっている。 

そして、いい写真(プロが獲ったうな)は、そのグリッドの間に挟(はさ)まっている。 構造的に見るなら そんな感じ。

 人間関係で作られた構造の中に写真がある。 一応 そう置いてみる。


 前のエントリーで、構造の中に絵があるとインタラクションのからくりを埋め込める、と書いた。(グーグルストリートビューのやつ。美術館の中の絵)

 そしたら同じ要領で、"人間関係の構造内に写真がある" にもインタラクションのからくりを埋め込める(のではないか)。

人のつながり構造を どうゆうふうに建物のように視覚化するか、そのへん課題だけど。

 これができたなら 写真がまた一つ面白くなる。 


● (参考) あの美術館 ↓



View Larger Map

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

グーグルアートプロジェクトへの入り口は2つありますねー

返信

● 黒画面の方 → http://www.googleartproject.com/ja/

  作品の方から入る。


● 白画面の方 → http://maps.google.com/intl/en/help/maps/streetview/gallery.html#!/art-project

  ロケーションから、という感じ。



 ロケーションと作品をむすびつけて構造化している。

というか 地図があって美術館があって作品がある、をそのまんま形に。

 絵と同時に建築も見ることになる。 建物内の構造をなぞる(中を移動するから)。

ユーザーは構造をなぞりながら絵を見ていく。


 このへんの画像を使って何かできないものか...

まぁ、簡単なところで どれかの絵がドアになって向こうの部屋に行ける、とか。

ドアにするために その絵か横の絵にインタラクションの細工を仕掛けておくと。

ある意味 ドアを設置する細工はインタラクションによる建物の再構造化。

 絵だけをスライドショー的に見せていたんじゃ そんなインタラクションは盛り込めない。 構造の中で絵を見せるという形だから盛り込める。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: ‘漫画の背景共有データベースつくろうよ!’ (togetter)

背景画研究 3

返信

‘ジョブズ氏が言う「つまらないものは捨てろ」の意味 ’ -


 確かに製品はムダが省かれ洗練されている。 しかーし、そのかわりというか 広告は無数にばらまかれている。 広告費も製品価格に入っているから、一人の人が受け取るには必要以上でムダとなるものがやっぱり入っている。

 広告や口コミを無数にちりばめて一つの環境とし、その中でユーザーにアップル製品を使ってもらう、というような構図となっている。 つまりはブランド戦略。 そして、ユーザーはそれを心地いいと感じる。

 アップル製品のバックにある背景画とは広告と口コミがちりばめられた街であり人が集まるコミュニティーと言える。

 ここにおいて製品とそのバックグラウンド(背景画) がどんな構図を取ればいいのかが見えてくる。 アップルにとっては環境も製品の一部。 そうであるなら、個々のアップル製品の向こうには必ず背景画がある。 ここを描けばアップルファンは食いつく。


 ユーザーがアップル製品を口コミする行為は環境を作ることであり、製品の一部を作っているということでもある。 口コミ行動を起こすちょっとした動機付けとなっているのはポスターなどの広告。 それゆえ広告はいいデザインでないといけない。 そのデザインの意図は口コミを着火させるということ。 購買意欲を刺激する広告デザインということじゃない。(そっちの方向に行くのは古いし間違いと言ってもいいくらい)


 すぐれた実機があって、センスのいいデザイン広告があり、そのセンスあるデザインが他社製品との比較の中で口コミをレバレッジする。 ユーザーの口コミという営業があり、それがアップル環境を形成してアップル製品の一部となる。 どこで化けているかと言うと、アップルがユーザーを刺激し、ユーザーの口コミをレバレッジするところ。(レバレッジの軸は他社製品) ここで付加価値が何倍にもなる。 アップルユーザーの営業の勤勉さ。 ユーザーはエネルギッシュに働いている。


 この時代、広告は製品の背景となっている環境を調べ、製品と対応するその背景環境をトピカルにフゥーチャーすることでもある。 端的に言えば、広告(マーケ) とは背景画を描くこと。 ここにおいて、広告と背景画は結びつく。(ここで言う背景画には2D、3Dの仮想空間も入ります)


---

 アニメにおいての商品はキャラクター。 しかしキャラクターだけでは商品として成り立たない。 背景画や音楽を必要とする。 その背景画や音楽にはキャラクターの個性と密接に関係づくものが ちりばめられている。 もし、背景画と音楽が現実世界の風景とオーバーラップするものであるなら、マーケティングはすでにアニメの中で行われている。 たとえば、トトロなんかでは、サツキとメイ、トトロという登場人物に対して、彼らが一番生き生きする環境であるような 原風景(日本の)を描いた背景画が背景環境としてお膳立てされている。 背景画(物語の背景)を どこかしら現実世界を映したものにすることは、広告マーケのミニチュアモデルをアニメの中に置いているとも考えることができる。

 で、この編集を一体誰が監督しているのかというと、それは鈴木氏。 鈴木氏は、マーケティングも考えに入れなければならないプロデューサーであるがゆえに、背景画(大きい意味での) の最高責任者の役を担うことにもなっている。 鈴木氏の仕事は、アニメの中に置いたマーケティングモデルとしての背景画を現実世界に拡張しお客を包み込むこと。 鈴木氏のマーケティングの仕事はすでにアニメの中で始まっている。

 

 アップルとジブリには、製品に背景環境も含める という点で共通するものがある。

 

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: ‘漫画の背景共有データベースつくろうよ!’ (togetter)

背景画研究 2

返信

 漫画の中で主人公は動く。 主人公もインテリアデザインで言うところの生活導線のようなものを持っている。 その可動範囲のチューブ空間 以外のところが背景であるとも言える。 可動範囲チューブ空間以外のところを主人公に迫らせ近づけたなら、出来事が起こりやすくなる。

 背景の方から主人公に迫れ、という発想もある。


 今は 放射性物質が自分たちの周囲に迫ってきている。 そうであるなら、原発の放射能漏れは背景画になる。

さて、周囲の環境(背景画) が自分に迫ってきているキャラクターはチューブ空間(行動可動範囲 and 生活導線) の中をどう動く?

(もちろん 原発を題材にする場合は、下調べをちゃんとして科学的根拠にもとづき誠意をもって描かないといけません。)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: ‘漫画の背景共有データベースつくろうよ!’ (togetter)

背景画研究 1

返信


 たとえば 主人公が色つきメガネをかけているとして、次の絵がその色だったら、その背景画は主人公の目を通して見えている風景となる。

 絵を見ている鑑賞者の方から見たところの いわゆるキャラのバックというもんじゃない。 モノクロ漫画に色を一色プラスすれば視点を切り替えられる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ブックマークについて

返信

現在研究目的で鋭意開発中のBM。


[代物]

・ブックマークによる知識の構造化


[目的]

・思考支援。情報過多対策。情報の整理と発想支援を狙う。

・また研究の延長としてヒトの知識の内的メカニズムにもアプローチできたらいいなあ(願望)


[手段]

・知識の構造化と視覚化を利用。

RDFによるグラフ構造をベースにするも、ガチガチのオントロジーではなくもう少し緩やかな構造を想定。

明確なノード-アーク構造だけでなく、カテゴライズによる緩やかな集合の表現も可能。

特に一度構造化して終わりではなく、ユーザーの利用頻度や目的の変化に応じた再構造化が行われるようにする。

これは時間を変数にして構造の変化(古いBMは強度を低くする)させたり、再訪問によってそのBMの強度を高くしてみせたりすることで実装。

・BM時にはそのページのURL,タイトルと、選択文字列の引用も行う。この引用は一つのページに対して複数可能で、あるページの子ノードとして表現される。また投稿対象はBMだけでなくユーザーによる直接のコメントもノードとして扱う事が出来る。

・基本的に一つのページに全てのBMが表示されるようにする。ただしgoogle mapのようにフォーカス機能を付ける事で可視範囲はある程度限定。常に全体が視界に入っている事によって「登録したら二度と見返さない」現象の阻止を狙う。ただし強度の低いBMは小さく、強度の高いBMは大きく表示。

[テスト]

・うちの教授の持ってる授業の中で学部生がレポートを書く時に使って貰う。

レポートの内容形成の過程をログから分析して、質的にまとめる。

同じテーマでこれを使う被験者と使わない被験者に分けて比較実験をするかどうかは未定。

とりあえずこれは出来てから考えよう。


参照


知識管理システムを構築したい時や新しい領域の知識の全体像を把握したい時などに知識の構造化が行われる。ナノテクノロジ知識の構造化、産業技術知識の構造化、失敗知識の構造化、医療知識の構造化など、様々な領域における知識の構造化が行われている。しかし、構造化された知識は一定領域の関連知識を集めてはいるが、特定の観点と目的に一々適切に対応することはできない。そのため、特定の観点と目的によって知識を再分類することを、「知識の再構築」と呼ぶ。構造化された知識は静的構造をもっているが、再構築される知識は変わる観点と目的に対応するために動的にその構造を変える必要がある。


知識の再構築結果から、またメタ知識へのフィードバックができ、新しいメタ知識を作ることになる。知識の本質を把握することは何らかの目的があるからである。即ち、目的や観点が変わると把握したい知識が変わる。そのため、再構築された知識からメタ知識へフィードバックされるのは自然的である。


メタ知識と知識の構造化は広く認知されているが、知識の再構築はそれほどは認知されてない。その結果、構造化された知識があっても、特定の観点と目的をもってこの知識を利用する人から見れば自分が探す知識を見つけるのが難しい。知識が再構築される仕組みがないからである。

コンサルティング

投稿者 sbxifb | 返信 (0)

返信

デビアントアートより:

http://aestheticxperfection.deviantart.com/art/DEAD-RISING-59620433


 ゾンビパーフォーマンスなんだけど、みんなパーフォーマンスしてやろうというやる気で目が生き生きしている。

(ゾンビなんでしょ)

目の表情(表現)っていうそこんとこ、そのキーによって表現が足踏みしたり 加速したり 枝分かれしたり 含みを持ったり

持たなかったり してしまう。

(キー : 物や物の部分 アイテムだけでなく、色、形、光の当たり方、or 光の差し込み方、奥行きの度合い、

     重なり方の様、そういったところもキーであると)


 写真によっては、写真を撮ったそのまんまで表現するには限界があるものがある。

そうゆうときの写真加工(画像処理)、やっぱりそれは必要。


★/// \\\

('' б  б '')  o O { 気づき: 写真や絵の中には 表現を加速させたり 枝分かれさせてしまうキーみたいなものがある。}

    ε

投稿者 fh9xif | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.