sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

その他色々

初恋の人はツンデレ?

返信

元々名前がなかったものに名前が付けられ、1つのジャンル・カテゴリーとして認識されるということがある。

「ツンデレ」というのもその1つだろう。


正直、俺は「ツンデレ」が嫌いだ。

「ツンデレ」に「萌え~」とか言っているオタクも嫌いだ。っていうか、キモイ。


・・・と思っていた。

でも、最近ふと思ったのだ。

俺が子どもの頃好きだった『きまぐれオレンジ☆ロード』のヒロイン・鮎川まどかって今で言う「ツンデレ」だよなって。


まあ、鮎川まどかに限らず、「ツンデレ」という言葉ができる前からツンデレキャラはいたし、そういうキャラが好きという人もたくさんいただろう。

特にオリジナリティがあるわけでもないありがちなキャラ作りとも言える。


ただ、「ツンデレ」という言葉が生まれ、一般化した前と後ではやっぱりちょっと違う気がする。

先に「ツンデレ」ありきのキャラ作りなのと、丁寧なキャラ作りや作中でのキャラの心理上必然の言動をした結果が「ツンデレ」だったのとの違いだろうか。


そういうのって「ツンデレ」とかマンガ・アニメに限らず、音楽でも映画でもよくある。

つまり俺は、「ツンデレ」が嫌いだったのではなく、「狙っている感じ」とか「売れセン」、「おまえらこういうのが好きなんだろう」って売って、「はい。僕たちこういうのが好きなんです」って食い付く、そういう感じが嫌いなのだ。


もちろん作り手側のマスターベーションになるのもどうかと思うし、俺も自分が望むものを提供してほしいという気持ちがないわけではないが。

作り手側は受けて側の期待に応えるでもなく、裏切るでもなく、期待を超えていってほしい。

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.