sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: 別冊 島耕作 meets ADOBE ACROBAT 9

庶民にとっちゃデカいんだけどさ。

返信

数年前のFlash 8のプロモーションサイトでは

やっと全面的に動画使う程度でしたけど、当時も凝ってましたねいろいろと。

si3x7kg64hx7kg6u

立派な会議室使ってる人たちが100万でざわざわすんなw

投稿者 viktw2 | 返信 (0)

Tab mix Plusを入れてみた

返信

タブロックとタブ保護があって便利、常にOgame+このサイトを保護ロックしておけば意外とラクチンかも

投稿者 zmg5z7 | 返信 (0)

好きな広告

返信

ここ最近で僕がもっとも好きな広告は以下の2つである。


---------------------------------------------------------

▼Googleの採用キャンペーン広告

http://bodytalk.girly.jp/archives/2006/05/post_94.php

▼Sony BraviaのLive Color Wall Project

http://777interactive.jp/awards/2008/bravia/jp/index.html

---------------------------------------------------------


GoogleのはCrispin Porter+Boguskyの仕事で、Sonyの方は博報堂の仕事。


Googleのヤツは、もはや広告ではなくて採用サイトだ。

ターゲットインサイトと広告が完璧にマッチしているのが凄い。

クリエイティブ的にも、無駄をそぎ落としたデザインが実にGoogleっぽいし、

広告が勝手に採用面接までしてくれてるという仕掛けも良い。


Sonyのインタラクティブキャンペーンに出会ったときは衝撃的で、

WEB上からリアルタイムにビルの壁色を変えるというテクノロジーに驚いたし、

知らず知らずのうちに何度もCMを聴視させられていることに気づいたときに、

心底「ヤラレタ!」と思った。


不可能(と思われてること)を可能にしてしまったことへの驚きだけでなく、

しっかりと広告効果も生んでいる緻密な仕掛けは本当に凄い。


今の会社を受けるときに、面接官にこの2つの広告が如何に凄いかという話を

延々とした記憶がある。僕はこういうことがやりたいんだ!とウザイくらい力説した。


その気持ちは今でも変わってなくて、

いずれはこういう仕事を自分が手がけてみたいもんだと常々思う。

投稿者 u5z7u9 | 返信 (0)

Re: 住み分けのような

真逆の認識だなぁ

返信

確率的にはケータイユーザーの方が中毒っぽく始終ケータイ弄っててPC買えないような学生・低所得者で煽り耐性がないような。いや、あくまで独断と偏見に満ちたイメージです。

投稿者 vb9xif | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.