sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

401-500

472

返信

静かで耳が痛くなりそうだ。

外だと虫や風の音がするけれど、建物の中に入ってしまえば聞こえない。


微かな空気の流れと歌の聞こえる方向に向かっていく。

近づくにつれて、乳脂のこげた匂いが広がってきた。


「また食べてる」


案の定、匂いの元は台所からだった。

何か焼けている音がする。

歌も同じ場所からのようだ。

投稿者 ryifb4 | 返信 (0)

452

返信

自警団はまったく相手にならなかった。

素人の集団に暗殺者を倒せるような力量があるわけがない。


「なんで?」


不思議に思う。

相手はがむしゃらにつっこんでくるだけ。

試しに浅く切りつけると、必死に抵抗してくる。

いつものように急所を一撃で仕留めると、悔しげな表情だ。


わからない。



http://ryifb4.sa.yona.la/1

投稿者 ryifb4 | 返信 (0)

467

返信

耳が痛いほど静まり返っている。

明け方まであと2時間ほどだろう。


「明けない夜は知らないだろ」


やけに饒舌な自分がいる。


「どこまでもどこまでも堕ちるんだ、そしてそれが正常だと思い込む」


気分がいい、これからが楽しみな所為か。


「気がついたときにはもう這い上がれないくらい、深淵で、闇の中」

「狂人め…!」

「その狂気にあてられた気分はどう?」


もう既に相手は自分の手の内。

どうもここでの権力者らしい。

まさか最期にこうなるとは思ってもいなかっただろう。


「もっと狂気に堕ちてみるか?」


わざとゆっくり、儀式めいた動作で近づく。

相手の顔がどんどん恐怖に変わっていくのがおもしろい。

既に空いている穴に手を突っ込み、赤茶色いカタマリを取り出す。


「行儀悪いけど、このままでいただくよ」


待ちに待った瞬間。

口を付けると水分の多い果物のように、ぼたぼたと手の隙間からこぼれる。

口の周りや服が汚れるが一向に構わない。


「ん…すこし脂があるから焼くといいかな」


くどくは無いが舌に脂の感覚がのる、悪くは無い。

そんなことを思い、呟きつつ相手を見やる。

蒼白になり信じられないという顔をしている。


「くくっ、善良なあなた方にはわからないだろうねぇ…真っ暗闇の存在なんて」



http://ryifb4.sa.yona.la/1

投稿者 ryifb4 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.