sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

絶望

進歩主義を選択せざるを得ない

返信

よく、進歩主義者だと言われる。




だけど別に好きで進歩主義なんじゃない。


今の自分に生きる価値が無いから、


「未来の自分にはきっと生きる価値が発生する筈」と考えなければ、

きっと今に死を選択してしまうから、


だから仕方なく進歩主義じゃなきゃならないんだ。

投稿者 g9e8mk | 返信 (0)

二つの返答

返信

「自分は生きる価値が無いし、社会に受け入れられる存在ではない」

と他人に愚痴った時、返ってくる答えは二つだ。


一つは、「社会が変わらなければ自分が変わるしか無い」という罵倒か励まし

もう一つは、「社会が悪いんだからそんなに自分を責めないで」という慰め


大体この二つに限られる。




だがいずれ、そして必ず金銭的にも社会的にも精神的にも、

自分というどうしようもない存在では、どうにもならない絶望的な瞬間、リミットが訪れる。


その瞬間に達してしまえば、二つの返答はどちらであっても、自分にとって役に立つ事は無い。

そしてきっと、自分か他人のどちらかが「破綻」するだろう。






死ねば良いのに。

投稿者 g9e8mk | 返信 (0)

嫉妬 | g9e8mk | sa.yona.la

返信

嫉妬 | g9e8mk | sa.yona.la


自分がどれほど最低なんだろうと思い返してみると、

そういえば昔から、

友人が出来ると、自分のしたい話を一方的にして、

相手の興味には一切関心を持たず、

そうやって相手を食いつぶすような付合い方をした挙げ句、3年ほどで喧嘩別れをしそのまま音信不通

というのを繰り返しているような気がする。



吸血鬼か俺は。

投稿者 g9e8mk | 返信 (0)

自分を変えるという事

返信

自分は人として駄目だと思う。

そしてよく「変わらなきゃ」と強く思う。

実際そう思って過去に何度も自分を変えてきた。


だが、今になって気づく。

自分を変えるのは、人生をリセットするような物だと、

そして、人生をまっすぐ生きてる人に対して、自分は相当遅れてしまっていると。


要は梯子と螺旋階段の差みたいなもの。

同じ距離進んでも、梯子の方がずっと上に行ってしまっている。


そして自分はもう、その進んだ距離の差を詰められるような年齢ではない。

もうどうしようもないのだ。






だから今も、まっすぐに生きて輝いている人を見ると、

その人を正しいと感じる影で、心の何処かでは羨ましくも思ってしまう。

投稿者 g9e8mk | 返信 (0)

裏切られた日々

返信

疲れたから、何もかもいいや

投稿者 4bsp6j | 返信 (0)

さよならといえば

返信

いとしきせんせい。

投稿者 s2u9xi | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.