sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

対話セッション

Re: 対話セッションに名前をつける 1 (& シリーズall)

対話セッションに名前をつける 5

返信

 見方を変えれば、対話 がよりセッションの形となっていく ということかもしれない。

ダラダラ ダラダラ 続く掲示板のような形は古い形になっていくのかも。


 "スティープ・ジョブズと学生との一問一答"  これじゃー 対話内容は わからない。 対話に名前がついたものじゃない。

また、ジョブズの方だけクローズアップされるのは おかしい。 学生の方も大事。 学生の人が 日ごろジョブズに対してどんな思いでいるのか、の記述があってもいい。

 もし、キュレーターを名乗るのであれば、学生の方に軸を置くことが必要。 ただ、記事内の順序としてジョブズのAを先に持ってくるのはOK。


 成功者だけをヒゥーチャーして釣ろうとしていること自体 もう何かがおかしい。 上昇志向を突いて うまく引っ掛けているわけだ。 もっと淡々としたムード、淡々とした姿勢でいい。 

 淡々とした姿勢で 対話セッションに名前をつける作業をこなす。 そんなイメージ。 それがモデレーター。

 キュレーターというより、モデレーターという方が好きだなー。


 キュレーターと言うと 愛情 とかが絡んでくる。 そうなるとまたややこしくなる。 好意には好意で、というのがあるから。

(梅田氏はある意味キュレーターだった。しかし、日本のウェブは残念と言った瞬間、愛情がないように映り ビトゥウィーン橋は落ちた)

 俺の背中を踏んでいけ、ぐらいがいい。


 みかん食べよ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: 対話セッションに名前をつける 1 (& シリーズall)

対話セッションに名前をつける 4

返信

 論説調の文章は、誰かと誰かの対話(やりとり) 文の中に埋め込むように存在させる。 呼び出すときの仕掛けを工夫するとまた面白い。

 まずは、対話文ファースト。

イラストは、対話のムードや対話の内容が反映されたものがいい。 対話を包むような感じ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: 対話セッションに名前をつける 1 (& シリーズall)

対話セッションに名前をつける 3

返信

 このsa.yona.la の Re: にしても、対になってるのだから 名前をつけれないか、というのはある。

また、自己レスにしても 続き続きで引っ張るとりも、前の記事のどこと自己対話したのか わかるような形にした方がいい。

これは自分に言いたい。 そうしろよ、to me.


 sa.yona.la の場合、元ページにRe:ページがつけば、個別ページでそれが両方表示され1ページになる。

ここ使える。 ここを対話風にしておいて、別エントリーで その対話に(その1ページに)名前(&リンク)をつければいい。

 一応 sa.yona.la でやれる一つのスタイルになるかな、これは今年からやってみよう。


 自分は今までにメモ用としてブランクページを結構作ってある。(新規エントリーとして上に来ないように)

ここにQを書いて AであるRe:を新規エントリーで書いてもいい。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: 対話セッションに名前をつける 1 (& シリーズall)

対話セッションに名前をつける 2

返信

 ウェブの根本的な機能は 巨大な編集システム である、というところは変わらない。

ただ人間側の思惑に 名前をブランド化していこうとか、個人の個性を伸ばす孵化器のような働きを持たせよう、とかがあって その方向でシステムを使い回している。

 ウェブが編集システムであるなら、着目すべきは つなげ方 や つなげられた その紐のところ。


 人と人との対話に名前をつける、というのも紐あたりの工夫ってことになる。


 具体的に対話につけられる名前ってどうゆうふうなものなのか。

・ おせち料理の賞味期限について個々の食材別のQとA

・ ニコ動での音楽ファイルの使用について どこまで許容されるのかをやりとりによって細かく詰めたもの

・ ゲームの世界観とその外縁部分の個々の要素との関連性、ユーザーと製作会社とのやりとりによる


 こんな感じかな。 文章の形としては、

~についての~

~とその~

 といった構文の形。 まぁ ちょっと長いってのはある。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

対話セッションに名前をつける 1 (& シリーズall)

返信

 対話に名前がつけられているだろうか、もし付けられるとしたなら...。 今日の気付きはこれ。


 facebook のポリシーは本名で活動することだという。 この本名の人同士が対話したセッションに名前が付けられる

として、それにつけられる名前は対話の本当のところを表す本名というべき呼称がつくだろうか。

 いやいや それはわからない。 対話がクソであったらなら本名というブランドが劣化していく。

 sa.yona.la の特徴といえば 抽象記号のID。 この抽象記号を割り振られた本名でないユーザーが対話したセッションに

名前が付けられるとして、個人名が抽象記号ID である分 常に対話セッションには本当の呼称がつけられる、としたならどうだろう。

 はいはい これは十分そうであるとまずまず信用できる。 個人名が抽象記号ID であるから見栄を張ることなんて無意味だから。


 この対話に名前をつける、というのが今日の気付き。

で、対話のセッションに名前をつけたり、対話集を編集したりする人、それがモデレーターでありキュレーターではないか。

(個人をヒゥーチャーするとかじゃなく)


 去年、アメリカのソーシャルQ&A サイトが話題になった。 Q&A というのは対話という点から見れば、やりとりを括って一つのセッションと見なせる好都合な形式。 このへんの方向性が今年出てくるのではないか。

 そう、Q&A サイトの再発見。 なてなQ&A なんかもうまく再編集 再利用できる方法があるのでは ?


 今年の発想の種一つ。 今年 いの一番 "対話" が来ました。

投稿者 x3ru9x | 返信 (4)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.