sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

佐々木氏の論

マイノリティ憑依について その1

返信

 ジャイアンツがマイナーなチームであったなら、ファンの集まりは実にマイノリティー。

もし、このマイノリティーを スポーツ報知がマイノリティ憑依のスタイルで記事にしたなら、

それはただの悔しまぎれ(か自己憐憫)。

 メディアがスポーツチームより上に立っていて ニュースソースになりそうな選手たちに給料を渡している構図では マイノリティ憑依は成り立たない。 メディアが自分の世界をもっていて その世界の中のものをニュースソースにしているわけだから。(メディアがニュースソースを自ら作っている)

----


 読売系列は自分たちの世界を持っている。 その世界の中のニュースは花(or薬)的に表現し、それ以外の世の中のニュースは毒的に表現する。 そうしたあと、毒をマイノリテイー憑依の表現テクニックで自分たちの中に取り込み、花(or薬)と同居させる。 汚濁と花、毒と薬、ペアにしてから商品として売る。

 実は、マイノリティー憑依とは 表現テクニックの一つでしかなく、すべては記事を売らんがための方便にすぎない、と見ることもできる。 (ジャーナリズムの言質ではなく、商法に深くコミットしたコピーライティング)

----


 読売新聞もジャイアンツに関しては当事者。 前にも書いたけど、自分の世界を持って熱く語れば当事者率は100%になって、マイノリティ憑依はどこかへ消える。

----


 渡辺氏はニュースソースを自分の生簀(いけす)で飼っている。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

漠然とした方向性

返信


 こうゆう もっともらしい そんな感じになるだろうな、みたいな ふわふわしたイメージが一番はずれる。

ちっとも影響を与え合わなかったりするから。 影響を与え合う というのは実は難しいこと。

行動する前にムードを求めてムードに浸(ひた)ってしまう。 そこで留まると 同調 同化しかない。

 "影響を与え合ってる" の実態は "同調 同化" であったりするから。

 (同調 同化か、もしくは、つながっているようで埋められない溝がある、という実態)

 こんなツイート、俺はホイホイと受け取らねーぞ..  一番 疑わしい..


 (佐々木氏の論には、すごいと思うときもあるし、いただけねーなー と思うときもある)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.