sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

ハンドル

自分用メモ

返信

非公開だとなんだか寂しいので


1.六角(キャップボルト)の締め付け

台座穴が小さいものは強く締め付ける必要はない。


2.ハンドルバーの取り付け

シートポストーステムを中心に、ハンドル幅が左右同じになるように取り付ける。


3.ステムの調整

 ステムはメーカー梱包直後は、ベアリングの締め付け調整がされていない。なので以下の調整が必要。

 3-1.ハンドル根元でステムを締め付けている二本のボルトを緩める。

 3-2.ハンドル根元のボルトを締める。ベアリングの締め付けが弱いとフォークとステム間でガチガチ音がする。

     又、強く締め付けすぎると、ハンドルの動きが渋くなる。

     一旦締め付けてから、2/1くらいずつ緩める。緩めながらフォークを持ち上げてステムを動かして確認。

 3-3.フォークートップチューブーシートポストを中心に、ステムの位置を決める。まっすぐになっていることを確認して

      3-1のボルトを締め付ける。

 3-4.ハンドル根元のボルトをちょっと緩めてカバーの調整。位置はマークが十字になるように。


4.シフトレバーの位置決め

他の自転車を参考に。ノギスで位置を測って、片方は適当に決める。

シフトレバーの角度は左右同じにすること。またがるなり、目線を車体の中心に寄せて確認する。

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.