sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

アイメック農法

カゴメ 世界でトマト分散栽培 市況、気候のリスク回避 (2007年のニュ ース)

返信
 カゴメが2007年5月に買収したポルトガルのトマトペーストの製造会社の経営者は、かつてトマトの栽培試験に共同で取り組んだ仲間。カゴメは友好的な買収で、トマトの栽培から原料の加工までポルトガルで一貫して行えるようになった。

asahi.com:カゴメ 世界でトマト分散栽培 市況、気候のリスク回避 - 経済を読む

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/10604

返信

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

衝撃のデータ…なぜ野菜を食べない家は年収が低いのか 勝間和代 (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

返信
 低収入世帯ほど野菜不足であるということが厚労省の国民健康・栄養調査で明らかになりました。一口に野菜といっても根菜か葉もの野菜かで摂取できる栄養素が異なるので、重量だけでは判断できません。いずれにしろ、生鮮食品を食べている層のほうが、健康に対する意識が高いのは確かです。

 カロリーの単価として考えると炭水化物が一番安価で、一方最も高価なのが野菜です。しかしカロリー単価だけではなく、大切なのは栄養単価で見ること。たとえば100グラムのホウレンソウが150円とすると、150円で手に入るホウレンソウの栄養価と150円のおにぎり一つで手に入る栄養価だと、100グラムのホウレンソウが圧倒的に優れています。

 こういった知識を、頭で理解しているかどうかが重要なのです。

衝撃のデータ…なぜ野菜を食べない家は年収が低いのか 勝間和代 (1/5ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)


 年収 と 野菜 とを関係付けたくないけどね。 野菜や花の前では誰もが平等だ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ポルトガルから侵入してオランダの野菜工場を攻め落とす

返信

 ブラジルから農産物を輸入すると言いつつ、こちらからはアイメック農法と野菜工場を送り込む。

いやほんと そうゆう戦略があるのかも..。 ブラジルも肥満問題を抱えているし。

 ブラジルの言語は ブラジルポルトガル語で、ポルトガルとつながりがある。 ポルトガルと言えば、三菱ふそうがポルトガルの物流に入ってEVトラックを試している。


 このへんのことを考えると、日本はヨーロッパの西の端ポルトガルから新農法と次世代物流でヨーロッパに攻め入ろうとしているのかもしれないぞ。 ヨーロッバの西の端から攻めて、オランダのあの巨大な野菜工場を打ち倒す、という壮大なプラン。 そうゆうプランがあっても全然おかしくない。

 野菜工場には収穫のためのロボット、次世代物流には荷積みロボット、こうゆう近未来的でエコな技術をひっさげてじわじわとヨーロッパに侵攻していく と。

 その足がかりになる国がポルトガルで、ポルトガルに対して日本は、韓国や台湾に入って行ったのと同じやり方をしようとしている(のかも)。 つまり大日本帝国のやり方。 (まっ先に相手国の中に物流網を築いてしまう)

 まずは ポルトガルの攻略だ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.