sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

生きてゆく

返信

 朝、目覚ましの鳴る少し前に目を覚ます。目の前ににゅっと突き出された、猫の前足。白いその足の、人間で言えば足裏に当たるその部分は、黒くぽちりと盛り上がっている。

 まだはっきりとは目覚めないまま、今は一体何時かと思いながら、私はその猫の前足へ視線を据える。時々、傍若無人に人を踏みつけてゆく足だ。爪が伸びている。出掛ける前に切ってやらなければと思う。まだ夢うつつで、考えたところで覚えているかどうかは極めて怪しい。


 白と黒のその猫は、白っぽい桃色の鼻先の3分の1ほどが、墨でもなすったように黒い。その鼻が全部桃色なら、もうちょっと可愛げのある顔立ちだろうにと思う。そう思うのは人間である私の勝手だ。

 白と黒のその猫は、4つ足の裏すべてが黒いが、ひとつだけぽつんと、鼻先と同じ桃色の足裏をしていて、外で暮らしたことのないその白黒猫は、おかげでその桃色はほとんど子どもの時と変わらずふっくらつやつやとして、生まれたての赤ん坊の頬に似て、眺めているといつもつい触りたくなる。

 白黒猫のそのぽつんと桃色の足裏は、人間で言えば右手の人差し指に当たると言うところか、その桃色の足裏を見掛けるたび、私は何だか、その白黒猫に、人差し指を突きつけられているような気分になるのだ。


 生まれた直後から人間に世話され、常にたっぷりと愛情を受けていたこの白黒猫は、誰かにいじめられたこともなく、私が手を振り上げてもきょとんとこちらを見上げるばかりだ。

 抱かれるのも膝に上がるのも大好きで、爪を切らせてくれと爪先をつまんでもろくに抵抗もしない。

 与えられた食事をにぎやかに食べ、病気もせず、怪我もなく、引き取った瞬間からまるで生まれる前からの友人のように私のふところへ飛び込んで来て、白い腹を見せてごろごろと喉を鳴らす。


 深く考えもせず引き取ったこの白黒猫の、鼻が桃色だと言うことに、私はしばらくの間気づかなかった。

 毛色の濃い猫ばかりと一緒にいて、この白黒猫の可愛らしい、まさしく桃の花のような鼻先の色は私には初めてのことで、引っ繰り返した爪先の、ぽつりと鮮やかに桃色なのも、私には初めてのことだった。そう言えば黒でも濃い茶色でもないと気づいて、その愛くるしい桃色に、私は思わず微笑みかけたものだ。

 大人猫ばかりを引き取って来た私の元へ、子猫でやって来たのも初めてだったし、首や耳の柔らかい部分を、寝ている間に吸われるのも初めてのことだった。


 白黒猫の、桃色の足裏を見るたび、私は何だかとても得をしたような気分になるのだ。

 黒い部分よりも少し長い白い毛は、毎日風呂に入ってでもいるようにとことん白く、その柔らかさと来たら、獣医のところの看護士(と、動物相手でも言うのだろうか)に当たる女性たちが、診察後も白黒猫を抱えたまま、

 「やわらかーい。」

とその腹やら胸をずっと撫でていたくらいだ。


 母猫と兄弟姉妹猫たちと一緒に保護され、他の仔たちがもらわれて行った後に、1匹だけ残っていたのがその白黒猫だった。

 可哀想と思ったわけでも、それなら自分がと思ったわけでもない。何となく出会って、何となく引き取って、すでに何匹もの猫の世話をしていた私の家に、また1匹新しい猫がやって来たと言うだけのことで、何も特別の理由があったわけでもない。

 白黒猫が格別可愛らしかったわけでもなければ、格別可哀想な見掛けだったわけでもなく、1匹だけ売れ残っていた(ひどい言い方だが)と言うのも、引き取る手続きをしながら世間話の流れで聞いただけで、白黒猫の過去や私が引き取る前に身の上に起こったことなどに、私が格別興味があったわけではなかった。

 たまたま通り掛かった、昔別の獣医が同じ場所にいて、その獣医が私の最初の獣医だったと言う、ただそれだけで懐かしさに視線を送った先に里親募集中の貼り紙があって、その時たまたま時間があった私が、何も考えずにふらふらと中へ入り、入ったすぐそこへ置いてあった小さな檻の中で元気良く騒いでいたのが、この白黒猫だったと言うだけの話だ。

 目が合い、私はほとんど脳を動かしもせずに、この猫を引き取ろうと決めてしまっていた。

 私の中で何が起こったのかよくわからない。ほとんど即断で、この子猫は私と一緒に暮らすのだと決め、すでにマイクロチップも予防接種も去勢も済まされていたその白黒子猫は、その時もその後も、ほとんどまったく私の手を煩わせなかった。


 運命だとか何だとかそんなものではなく、鼻先と足裏ひとつだけ桃色のこの白黒猫の、この可憐な彩りが、私の人生に必要だったのだろう。たくさんの彩りではなく、ほんのわずか、指先でつついた程度の皮膚の上の赤みのような、この彩りが、私に必要だったのだろう。


 白黒猫は、毎晩私の傍へ来て眠る。子猫の頃は喉の上へ体を伸ばして寝ていたが、大きくなるにつれ、それは私の息の根を止めかねない重さになり、飼い猫の重みにより窒息死と言うのも悪い死に方ではなさそうだったが、幸い私が眠ったまま死ぬ羽目になる前に、猫の方が寝場所を変え...


続きを読む

投稿者 43ntw2 | 返信 (0)

『Sayonara Kagawa Shinji Song』Rüdiger Wache

返信

香川はユナイテッドで成功するだろうか。

つーか,これ体育着?


投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

トンポーロー

返信

最近地元にできた長崎ちゃんぽんの店がけっこう評判が良い&実際に美味しいのでたまに行く

今日はちゃんぽん食ったついでにトンポーローを持ち帰りで頼んでみた@500円

tjbrshiy

トンポーローと角煮の違いは「豚肉が皮付きであること」ってのがひとつのポイントなんだそうで

皮付きの豚バラ肉は普通の市場では出回らないため、本当のトンポーローを作るのはけっこう難しいとかなんとか


もう2度とこの店に来ることはないという感慨もあって、今宵の酒はちょっと一味違うぜ…

あ、この店の味が悪いとかそういう意味ではなくて、単に私が近々遠くに引っ越すからということです為念


2週間後の俺はいったいどこに住んでいるのかな…

投稿者 g2tw2s | 返信 (0)

かーわーいーいー

返信

てれぽん。

__.JPG

また酔ってます。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

Re: なんだかもうね

まあ何だ、お疲れさん。

返信

(´・Д・)ノ(´・ω・)

投稿者 y6p6jr | 返信 (0)

なんだかもうね

返信

部屋のどこかにいる猫に話しかける。出てこない猫。


もう疲れた。

原因はコミュニケーション不足、それだけだ。

半年前に見つかったミスを、まだ上司に言えずにいる。

この職場に来て、年を重ねるごとに意思疎通がしにくい雰囲気になってきている。

自分のせいでもあるし、向こうのせいでもあるんだと思う。

すべてが悪魔のような、そんな人間なんていないと思う。

大抵どこかが相容れないということ。趣味が合えばその部分では笑って話もするしさ。

考えてみたら、向こうが何を思っているのかわからない、そのことばかりでずっと苦しんできた。

自分のなにかに怒ってんのか、別にそうじゃないのか。

仕事のことについてだって、最近はとみに何も聞いてこなくなった。仕事の話をするのは、

・申し送り ・怒られるとき

のみになってしまった。息苦しい。

飲んで語り合うのも苦手だしさ。

めんどくさ。もういやだ。

投稿者 gm6jrn | 返信 (1)

Vue画像のイラスト化

返信

 結構 よくなってきたような。

CG臭い画像が 色調変換といろいろフラット化で背景画に近くなってきた。

● 大 -

● Vue元画像 -

● Vue元画像 source page -

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: 酔って文章書くとすぐこれだ。

雑記

返信

【昨晩】「あー、まだAmazon、商品登録されてないや・・・明日ポチるか・・・」

【今日】『注意: 現在、在庫切れです。商品が入荷しだ(ry 』

アルター緒花ちゃん瞬殺だった。みんなどんだけ緒花ちゃん好きなんだよ・・・


最近尼でポチリのタイミング逃して、代替でSofmapのお世話になることが多々。

ソフマップを知らないとモグリだぜ!!

なんとなく検索してみたら、あの看板のこと覚えている人が結構多くて驚いた。

ラオックスのMac館で非常階段降りてくると必ず目に留まった思い出。

Mac館も今じゃ人形の館だぜ!!(あ、繋がった)


BS時代劇『陽だまりの樹』最終回視聴。いやー、最後までなんてビミョウな。

シリーズ通してときどき露骨に演出おかしかった。学芸会かと思うようなときも。

昔は大河じゃないほうの時代劇枠もすごく面白かったのに。

来月からの新番組、タイトルが『薄桜記』だそうです。

一瞬アレが実写化したのかと。よく見たら一文字違う。ビビッたぜ。



酔って文章書くっていうのはこれくらい中身のない状態でないと。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

酔って文章書くとすぐこれだ。

返信

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

Re: ヤフオクでチケットにプレミアつくみたいな?

RTの話の方に反応。

返信

公開するにあたって、やっぱり、著作権がらみで多少ぼーっと思いました。

ものがフォントファイルだと事情がちょっと変なのかもしれないです。


フォントファイルの場合、

・ファイル単位だと完成品のくせに、使われ方としては「素材集 + ブラウザ(のフロントエンド。バックエンドはOSやIM、って逆か?では間を取ってミドルエンド?いやいやミドルのエンドって何だよ。まあいいや)」のような形で提供せざるを得ません。そういう性質のものだし。

インストールして打ってみてなんぼなので、後は出力先で切り刻もうがガワだけステンレス曲げて作ってクッキーの抜き型にしようがご自由に、という前提がどうしてもあります。

・字の形については、秘密にされている部分が原理的にあり得ません。

直線と曲線を定義するだけなので、データは全てフォントファイル自体の中に収まっているし、フォントファイルを読み込んだソフト上でアウトライン化してしまえば、見た目としては全く同じものを「文字ではなく、図形として」扱えます。


さらに今回は「フォントファイルの」原著作権者(オレ)が

・成果物の商用利用可、フォントファイル自体の再配布も無改変で無償なら可にしている。

・利用するにあたって連絡したり作者名を表示したりすることを要求していない。

ので、並大抵のことでは「盗まれた!」という意識を持ちにくいし、盗む手間をかけるだけのメリットはほぼ誰にもない、というのがあります。


あとは

・そもそも、あのアニメ作ったのはオレじゃないし。

フォント化するにあたって狭義のトレースはしてないとはいえ、斜めの線の角度を測ってみるくらいはした(測ってみて考えた結果、原典で夏って字にある斜めの線は、フォントファイル内では垂直から32度と水平から20度傾けることにした)ので、その辺はタイトルロゴデザインの10gauge(注:音出ます。要Flash)と「なつまち製作委員会」の功績。

ってのもあります。


グレープフルーツ丼のことを考えても、

・レシピは原作中で公開されていないし、されていても「ある程度まずい」が前提のものであるはず。それをアレンジで補完して喰えるものにしたのは店の功績。

・店で使う箸袋を店がどうデザインするかは、他人の権利を侵害しない限りは店の自由。

・箸袋は原価に含まれるはずだし店は業としてメシ出してるはずだから商用利用で、オレは商用利用を明示的に許可している。

・「菱野温泉常盤館べじたり庵ふわり家」は「なつまち製作委員会」が管理する意匠権みたいなものを(おそらく)侵害しないはず。「ふわりや」の4字は原作中に登場しないので、侵害してるとしたらむしろオレ。フォントファイルを有償にしなかった理由のひとつがこれ。

なわけで。

※この行のみ補記。「り」は1話のタイトルで出てました。フォント使った結果は無保証とは書いたけど、店側でも本家と話はついてると思うんだけどなあ。


という諸事情があって、ブート盤のリミキサーになったつもりで作ったんですが、ほんと、どんなんでしょうね、そのやりとり。


この流れでアレですが、今のところこちらで確認できている上記「ふわり家」で箸袋ご担当の方、あともちろんx3ru9x様。

オレの自己満足が他の誰かのインスピレーションの助けになったとしたらすごく嬉しいです。ありがとうございます。


あ、乾杯。


以下蛇足。


二次創作やってる方のうち、特にアマチュアを自認する方へ。

薄い本などを売ることを否定しているわけではありません。

蛇足より上の部分がそう取れるように書いてしまっていたら申し訳ない。ちがいます。

紙やインクだってタダじゃないし、PCの電気代だってそうだし、コミケならコミケの申し込みを郵送でやる時は切手だって要ります。


続きを読む

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

Re: 「ついにダフ屋が出た」と喜ぶインディーズバンドのような、違うな、何だろう

ヤフオクでチケットにプレミアつくみたいな?

返信

昔出した同人誌(しかも押入れの奥にまだ在庫がある)が、妙に高値でヤフオクで取り引きされちゃってるのを目撃した気分。


このタイミングで何だが、自作絵を無断転載されそうになってメールでバトってるとか、頭痛のするような内容のRTがTwitterで出回ってて、読んでて落ちた顎が開いたまま。

自分以外の誰かが作ったものは作ったその人のものなんですよってわかんない脳ミソってどんなんだろうな。

投稿者 y6p6jr | 返信 (1)

父娘(おやこ)

返信

 「××の○○って曲ある?」

 私のCDの棚へ手を伸ばして娘が訊く。

 「CDではないなあ。」

 記憶をたぐって、いつ頃の曲だったかを思い出しながら、確かその曲が出た頃はまだCDプレーヤーを持っていなかったはずだと考えながら答えた。

 娘は大袈裟に舌打ちの音を立て、唇を尖らせた表情を私に見せた。


 「こら! あんたお父さんに。」

 私と一緒に、テーブルの角を囲むように食卓にいる妻が、娘へ向かって叱る声を飛ばす。この手の行儀の悪さにはまったく寛容ではない妻は、娘の、思春期を過ぎてからも続く私に対する態度の悪さを、いまだただの反抗と見ているらしい。

 異性の親と同性の親の違いなのか、私には娘のその類いの態度は親しみのこもった甘えにしか見えず、恋人らしい存在のあったことはあるにせよ、それをわざわざ私の前に連れて来ると言うことをしたことのない娘にとって、私は安全な異性なのだろうと理解している。


 風呂上りに素っ裸で私の目の前を横切り、仰向けに寝転んでテレビを見ている私の顔の上を、わざわざまたいで行くと言うことまでする。娘がどれだけ傍目には性的に恥じらいのない、見せつけるようなことをしようと、私にとって娘は永遠に自分の子どもであり、娘にとっては私は永遠に父親でしかない。

 出会った頃の妻によく似た、いっそう若い自分の娘の素肌を見てどきりとしないこともないが、血の繋がらない職場の若い女性に対してさえもう父親以外の気分では接せられない私には、そのようなことは極めて性的な匂いの薄い出来事だ。

 

 娘は飽きずに、きちんと並べた私のCDの群れの背にほっそりとした指を伸ばして、きれいに磨いた爪の色がやや派手なのは気になるが、そんな仕草を見るたびに私は、ぜひ自分の贈った指輪を着けてくれないだろうかと夢想し始めた頃の、妻の可愛らしい姿を思い出す。

 今では水仕事ですっかりその可憐な手も荒れ、青く血管が浮き、皮膚の張りもないその手を、だが私はいまだ人目のないところでそっと自分の手に取り、指の腹で撫でる。

 昔は私の指を弾き返すようだった弾力は失せ、私の指が動くにつれ引きつれるように波打つ薄くなった皮膚は、だが昔より柔らかさを増して、昔とは違ういとおしさが湧いて来る。

 妻が年を取ったように、私も老いているのだ。妻はそれを私に知らせ、娘もそれを知らせて来る。鏡の中に見る自分の顔が、15の頃とさして変わったようにも思えないのに、広くなった額や少なくなった髪の嵩や、もちろん白髪交じりの髪の色も、そんな変化を、ひとりきりだったら自分はどんな風に受け止めたのだろうかと、朝覗く鏡の中の自分の顔の上に時折問いを投げ掛けてみるのだ。


 「全部パソコンに移しちゃえばいいのに。その方が絶対楽だけどなあ。」

 1枚2枚と棚から取り出して、CDのケースを開けながら娘がぼやくように言う。

 テレビ回りと手持ちのステレオ機材は私の領分だが、コンピューター回りは完全に娘の城だ。私はいまだ、コンピューターの電源を切る手順をたまに間違える。

 私が持っている、それなりの数のCDを全部コンピューターに移すのが可能なのかどうかわからないが、やるとなれば作業は娘の担当になる。それがどのくらい時間の掛かる作業なのか、娘にねだられて揃えた我が家のコンピューターで事足りる作業なのか、あるいはそれは、もっと性能のいいコンピューターを新たに買うための、娘の方便なのか。そんなことを考えるのは、現実味がない分案外と楽しいものだ。


 お父さんはあの子にほんとに甘いから。

 妻が時々そんなことを言う。世間の父親に照らし合わせて、私が特に自分の娘に甘い父親だとは思わないが、コンピューターが欲しいと娘が言った時に、私はあっさりと買えばいいと言った。

 恐る恐ると言う風に私に話を持って来た娘は、まずは値段を告げ、それから目的を並べた。正直なところ、ステレオ一式を揃えるのに、ふた月分かみ月分の給料全部を注ぎ込んで私の母である妻を激怒させた私の父(娘の祖父だ)に比べれば、その頃の私のひと月分の給料の半分ほどだった、娘が告げたその金額は大したものとも思えず、私と一緒で、趣味は違うが音楽の好きな娘に対して、私はどこか同志に対する親愛のような、娘に対する父親の親愛とは別の気持ちもあり、それが私をあっさりとうなずかせた要因でもあったと、妻にほんとうに買ってやるつもりかと半ば諌めるように言われた後で、ひとり考えたものだ。

 第一、妻に黙ってステレオを揃えた私の父とは違い、娘は一応は母(私の妻だ)に伺いを立て、お父さんに訊いてみなさいと言われて素直に私のところへやって来たのだから、この素直さと真面目さは親の教育の成果じゃないかと言って、自画自賛もいい加減にしろと妻に呆れられた。



続きを読む

投稿者 43ntw2 | 返信 (0)

ファーストサーバで大規模なデータ障害 顧客データが消失

返信

 障害の影響を受けたオプションサービスは「サイボウズ Office for ASP」など。サイボウズはこれを受け、22日付で自社サイトに「ファーストサーバ様インターネットサーバー障害について」という注意書きを掲載。障害によって同社製品のライセンスキーが分からなくなったユーザーには無償で再発行を行うとしている。

-----


 記事のバックアップは取るようにしている。 先週 sayonala の自分記事をバックアップした。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

青、マゼンタ系への色調変換

返信
↓ こうゆう青、マゼンタ系の背景ってよくある。 色変換してそうゆう色調へもっていく。
-  


(クリックでフリップ)

 3Dツールの中では夕日のシチュエーションにすばいい、ということになって作業が楽になる。

3Dツールの中でこうゆう色調を出すのはかなり難しい。

 (黒の中にいろいろ形が隠れていた)

● 元画像 source -

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: スピード感たっぷりの体験

「ついにダフ屋が出た」と喜ぶインディーズバンドのような、違うな、何だろう

返信

あるいは「私の年収低すぎ」の人の年収がほんとに低かったらとか、違うな2、んー。


んー……ネトランっすかぁ……。吹くよなあ、やっぱ吹きますよねそれは。

前もって丁寧に依頼されたらされたでマイルドに困るし。

今回のオレのケースだと、あられもない薄い本くらいしか使いどころねえだろうなと思ってた、というのが地味に大きいです。

用途がなんであろうが嬉しいんですけど、それにしてもまさか箸袋みたいな隅っこから来るとは思わなかったので。

「や」が加工されてるのも嬉しいです。アイコラが出たような、違うな3。


「家」は檸檬の「檬」と「字」を作ってあるので結構あっさりできちゃいそうで、「丼」も「軽井沢」を作ってあるので相当すぐできそうなんです。

「阿澄佳奈」があるのでニンベンは手元にあるし、「青い子って言うな」があるので「言」は幅を詰めて、「谷川柑菜」があるので川にチョンチョンチョンで「信州」いけるな、「軽」をいじれば「野」ができるから「野沢菜」は遠くない、「小諸」があるので「儲」もがんばればいけそう、等、インレタの「Q」をカッターで引っ掻いて「O」を作るような感じになりつつあります。


以下蛇足。

「丼」は「井戸に石を落とすと どんぶり という音がする」が起源だと聞いたことがある。

すんごい嘘くせえ。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

Re: sa.yona.la園芸部(部員一名)

ついでに籠もうひとつ作る。お人形用の。

返信

ハエトリグサはハム喰わせるといいって聞いたことありますがほんとかどうか。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

sa.yona.la園芸部(部員一名)

返信

鉢植にしていた風船かずらがいい加減伸びてきたので、行灯仕立てにすることにしました。

既製品の支柱なりトレリスなり買ってきてもよかったのですが、

竹ひごで自作した方が風流なんじゃね?と思い立って実行。以下、画像。


35f7kg6u


見事に歪んでいます・・・自分自身、いろいろな意味で許容範囲ギリギリの出来栄えです。

強欲さが垣間見える高さ設定。


jksfdqvz

続きを読む

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

Re: !

スピード感たっぷりの体験

返信

次の作成候補に『家』『丼』がノミネートされた瞬間であった。(たぶん)

たしかにこれはうれしい偶然ですよね。心中お察しできます。


友人が昔、ホームページで晒していたイラストがネットランナーの表紙に無断転用されていて

書店で初見して吹き出した、というエピソードを思いだしました。これはうれしくない・・・

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

‘遂に現実と虚構の区別がつかない体験装置が登場 - 理研の「SRシステム」’

返信

- (マイコミ)

 におい、手で触る、食べる、 この3つは考えないという条件つきでしょうな。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

!

返信


4rgshiyn


なんだか見覚えのある字っ…!

確証はないんだけど多分そうだ。


関連:

…これか。こういうことか。

街を歩いていて、自分のつくったフォントが使われている場面に出くわすことは、フォントデザイナーの秘かな楽しみです。

ブエノスアイレスで見かけた DIN Next : デザインの現場 小林章の「タイプディレクターの眼」


続きを読む

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.