sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

【本誌編集長・山岡を誹謗中傷する         雑誌「政財界」に対して断固反撃を宣言する】

返信
【本誌編集長・山岡を誹謗中傷する         雑誌「政財界」に対して断固反撃を宣言する】 ---------------------------------------------------------  6月11日(金)、私を誹謗中傷しているとされる『政財界』7 月号(発行・政界出版社。発行人・恩田将葉。電話03−5798 −4500。ファックス03−5798−0215)の見本誌がご 丁寧にも自宅に“贈呈”されて来た。 http://www.seizaikai.com/  目を通して唖然。掲載スペースは6頁でなく8頁。オールカラー の巻頭記事。しかも、雑誌表紙には大きな文字で、「独占スクープ 第1弾 武富士盗聴事件の真相 ブラックジャーナリスト山岡俊介 の罪と罰」なる文字が躍っていた。  名誉毀損が重く問われる昨今、こういういい回しをする時、「功 と罪」とか、“逃げ”を設けるのが常だが、「罪と罰」なのだから 救いようがない。  では、よほど内容の裏づけがされているのかといえば、そんなこ とはまったくない。怪文書も真っ青の、まさに私を貶めるためだけ に書かれたとしか思えない、信ぴょう度ゼロのヨタ記事だった。  始めから終わりまで、名誉毀損のオン・パレード。何しろ、私が、 武富士元課長の中川一博氏が持ち込んだ盗聴を始めとする武富士の 内部資料を、山口組黒誠会に5000万円で売ったと断言している のだ恐れ入る。では、なぜ、私は逮捕されないのか?  その理由として、同誌は、私が中川氏からもらった内部資料のな かに武富士が警察の人間に送った金額まで記載されたリストがあり、 それを握っているためだというのだ。つまり、私を逮捕したら、そ のリストが世に流れるようになっているため、警察は私が「贓物故 買運搬寄蔵の共犯者」(記事より)と知りながらもビビって逮捕で きないというのだ。  そして、人を犯罪者とまで断言しながら、何とその根拠について は何一つ記述がないのだから本当に目を疑う。私は記者生活を20年 近くやっているが、賭け値なし、こんなデタラメな記事にお目にか かったことがない。  そうかと思えば、盗聴に関しては、「盗聴した相手である山岡は 盗聴されても、盗聴の被害者適正がないと言っても過言ではない。 何故なら、取材名目で、彼自身が盗聴の常習犯なのだから」(記事 より)と言い切っているのだ。  では、その根拠は何なのか? 記事は、こう続いている。 「テープを上着に隠して取材し、取材内容を無許可で録音すること も、れっきとした盗聴である」。  私は小学生の作文かと思った。  武井保雄武富士元会長は、表面上は「恭順の意」を示しているが、 裏で、私を騙してまでおびき出し、盗聴事件について「冤罪だ!」 「検察の作文だ!」と主張して同情を買ったことは、このメルマガ でも報告した通り(40号)。  その武井被告の「冤罪論」の会話を、私はソックリ録音し、検察 に提出している。 そのため、武井被告は悔し涙を流しているはずで、武井被告に代わ ってその思いがつい口を突いたのだろうか。  いずれにしろ、こんな低レベル極まりない能書きで、この記事は 全面埋め尽くされているのだ。  まさに常軌を逸しており、これ以上、個別の内容について反論す る気になれないというより、すべてにおいて何ら根拠が記されてな いから、「ウソ」の一言で済んでしまい、それ以上反論しようがな いのだ。  さて、こうしたヨタ記事を書いた以上、当然ながら、彼らには社 会的制裁を受けてもらわなければならない。  私は刑事・民事両方で告訴することを即決した。  地球が滅ばない以上、当方が勝利すると断言しておく。  そして、この記事がいかに悪辣極まりない前代未聞の名誉毀損記 事であるかは、動きがある都度、このメールマガジンを通じて随時、 皆様にお伝えしていくつもりだ。  いったい、誰がこんな謀略に関与していたのか?  発行人の恩田氏は間違いないが、その他、武富士に媚びを売るブ ラック・ジャーナリスト、元不良警官等が協力していることは疑い ようがなく、今後、徹底してあぶり出していくつもりだ。もちろん、 武富士並びに武井被告の関与についても検証していく。  やられたら、必ずやり返す。  関係者には、「覚悟を決めて待っていろ」と宣告しておく! (文・山岡俊介) □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 【発行】「東京アウトローズ」 http://www.tokyo-outlaws.org 【編集発行人】 山岡俊介 【副編集長】  飯村直也 【編集スタッフ】鈴木順 【お問い合わせ】info@tokyo-outlaws.org

E-Magazine:バックナンバー

投稿者 sfu9xi | 返信 (0)

たべもの

返信

今日は大根と厚揚げの煮物と小松菜のゴマ和え(・ω・)

投稿者 fyz7u9 | 返信 (0)

安らぎ

返信

ここでわざわざ人に絡むのが正しいやり方なのかどうか、いわゆる空気を読めてない気もする。

が、絡んだ内容を、個人的な攻撃と取られずに、ひとつの意見として、きちんと受け止めてもらえそうだと言う、胸のときめきのようなものを止められない。


反応欲しいわけではないただの吐き出しや、ひそかに反応が欲しいと思ってるあれこれや、そんな混在がするりと受け入れられてるような気がするここで、ひとり安らいでいる。ありがとう。


追記

ふと思ったが、日本人は沈黙を金とするという国民性もあったな。

自分の頭の中を、「あえて晒さない」という選択をすることを美しいとする文化だった。

黙っていることを、「無知と無能の証」とする文化と、「慎ましい、謙遜の人」と思う文化と、残念ながら説明なしにはわかり合えるはずもないか。

それでも日本で育った日本人としては、わざわざ語ることをしない謙遜の態度を、極めて美しいと感じる。

投稿者 y6p6jr | 返信 (0)

Re: なぜ、日本人は議論ができないのか

しないとできないの違い

返信

議論とは、意見を交し合う間に、別の(より良いと思われる)意見にたどり着くか、どちらかの意見に、どちらかを納得させるためのものだと思う。

現実的には、「相手を納得させるために」、意見そのものの質や正しさよりも、手っ取り早く自分の社会的立場や権力や、金の力や声のでかさや身なりの正しさを利用する場合が多いだろうし、人目に触れる議論というのが、そういうものが多いのだろうと思う。

妥協というのは、少なくともどちらも同じほど正しいし、どちらがどちらとはその場では決着がつかないから、この辺りで折り合っておこうという、"無駄な"自己主張を終わらせる行為ではないかと思う。

無駄な自己主張は、結果として"極めて無駄な"肉体的/精神的損傷を招きかねないし、そんな愚を犯さなければならないほど大事な自己主張というのは、そうそうないもんだ。「自分の意見は、誰かを殺してまで通すようなことではない」という前提で議論すれば、当然妥協と言うところに落ち着くものだろう。


正しさは人の数ほどある。だから、意見の交換をするのは、世界の新しい部分を見せてくれる。

議論ではなくて、意見の交換が好きだ。そこから(互いに)得られるかもしれない考えもしなかった新たな視点の存在に、いつも胸がときめく。

相手を自分の意見に納得させることを、勝負のように思っている人間こそ、野蛮ではないかと思う。白黒はっきりつけたがらない日本人は、むしろ議論そのものを避けようとするだろう。

意見の交換だけしてればいい、というわけには行かない場もあるのだと、百も承知でのたわ言。しかし一から十まですべて議論!というのが人生でもあるまい。


日本人が、議論ができない、あるいはしようとしない国民だからこそ、世界がまだ第三次大戦に突入してないんだと、ひそかに思っている。


それと、現実的な力を手に入れるためには、それ相応の努力がいるという現実を考えれば、現実の力にはきちんと価値があってしかるべきだと思う。その力を持つ人間の意見が尊重されるのは、流れとして当然ではないか。

現実の力を持っている人間が、その力に相応しくないなら、その力を取り上げることが比較的簡単だというシステムが必要なのか。

という、言ってみただけのざれ言。

投稿者 y6p6jr | 返信 (0)

Re: 命の値段

|ω・)ノシ

返信

おまえみたいなやつが、この世界を美しい場所にしてくれてるんだろうな。

今日は良い日になりそうだ。ありがとう。

投稿者 y6p6jr | 返信 (0)

http://vexifb.sa.yona.la/184

返信

指さわんな


髪さわんな


ほっぺさわんな



嘘ですもっと触って



ほかの人にもこういうことすんのかな?

投稿者 vexifb | 返信 (0)

あー

返信

なんか収拾つかねえよお

投稿者 xmny3v | 返信 (0)

Re: 何故か

あるあるあるある

返信

私もよくモノがどこに言ったかわからなくなるので、家の中にブラックホールがあるんじゃないかと思ってます。

投稿者 fdsp6j | 返信 (0)

Re: 少子化大臣妊娠

きっと

返信

大奥で、正室が子供が全然できなかったので呼ばれた側室みたいな気分だったと思う。

投稿者 uj7u9x | 返信 (0)

何故か

返信

家の中で紛失したと分かっているのに見つからないものがある。

投稿者 vqg5z7 | 返信 (1)

ひとのめ

返信

電車の中で、わりとキッチリ系のビジネスマンがいて。

途中どうにも様子がおかしくなった。


つり革を軸にぐらんぐらんしてるの。

子供みたいに。

私はそういうマナーの悪い人は嫌いなので

ほぼガンつける感じで様子見てたわけですよ。


目は合ったけどさらにぐらんぐらん。


そしたらさあ、電話の揺れで前のめりになって戻れなくなってた笑

目ひんむいて慌ててる…笑

言わんこっちゃない(言ってないけど)。



面白いなあと思って見てたら今度また様子が違ってた。


車内のまわりのひとが


異様なものを見る目でその人見てる笑


完全に誤解笑



ピエールマルコリーニで買い物してるのに笑


オシャレなとんがった靴履いてるのに笑


席譲られた!!笑



意地でも座らないビジネスマン笑




すごいなあ。


ちなみに顔は茶髪の三浦マイルド(notハゲ)だった。




この状況なんかに似てるなーと思った。



中川大臣の記者会見だ!(゜ロ゜)

投稿者 fyz7u9 | 返信 (0)

命の値段

返信

よーし、お前ら。チンコの大きい順に並べ!俺は最後尾なんで並び終わったら呼んでな。

投稿者 sqjrny | 返信 (1)

Re: 少子化大臣妊娠

http://6we8mk.sa.yona.la/197

返信

自身の主担当となる政策を自ら実践しているのは素直にえらいと思うんです。

投稿者 6we8mk | 返信 (0)

悪いムシ

返信

また狩りに出掛けようかな。




…まず狩場を探さなくちゃ!

投稿者 gnhqe8 | 返信 (0)

少子化大臣妊娠

返信

なんか勝手勝利宣言みたいな。

投稿者 q7ny3v | 返信 (2)

Re: カッコわるい言葉

取り残されて

返信

ついていかなくてもいいのかもしれない。


立ち止まって物事と世界を眺められるという、贅沢。

投稿者 y6p6jr | 返信 (0)

Re: 非公開か

あらら

返信

残念でしたねぇ…

そして人柱おつかれさまでした。

こっちこそそういことがわかって感謝です。

投稿者 fqmktw | 返信 (0)

[2009.02.16] 天木直人のメールマガジン 要約 2月13日ー16日分 | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログ

返信
2009年2月12日発行 第50号 役にたたない人間などいない

 こころがなごむ記事を見つけた。2月11日の読売新聞一面に「はたらく」という連載が始まった。その第一回「いきがい」という見出しの記事は、次のような言葉ではじまっていた。「東京タワーが開業50周年を迎えた2008年12月23日、多摩川に近い川崎市高津区の工場で、もう一つの50年を祝う拍手が響いた。社員らの笑顔の輪の中心で涙ぐんでいるのは林緋紗子さん(64)。チョーク製大手の日本理化学工業が半世紀前、初めて採用した知的障害者2人のうちの1人だ・・・」
 その読売新聞の記事は、15歳の時に養護学校から職業体験に来た林さんと、その林さんを取り囲む工場の人たちの情景を次のように活写する。・・・休憩のチャイムに気づかないほど夢中に働いた。そのいちずさが同世代の子を持つ社員の胸を打った。2週間たった最終日、採用を考えていなかった人事担当者を社員たちが囲んだ。「私たちが面倒をみますから、一緒に働かせてあげて」
 私が感動したのは、その後に続く次の文章である。「知的障害者は、人の幸せとは働くことなのだと私に気づかせてくれた。企業はもうけることも大事だが、人に働く喜びを与えられることが大きい」、と日本理化学工業の大山泰弘会長(76)は話す。 障害者の雇用拡大に迷いがあった頃、禅寺の僧侶に教えられた。「人の幸せは四つ。愛され、褒められ、役に立ち、必要とされること。働くことで少なくとも三つ手に入るんだよ」と・・・極めつけは大山会長の次の言葉だ。「役に立たない人間なんているものか」。 見事な言葉ではないか。そしてその言葉に、同じように見事に答えたのが冒頭の林緋紗子さんだったのだ。大山会長と林さん、そして林さんを支えた社員の皆さんへ、心からの拍手を送りたい。
 
2009年2月12日発行 第0051号

 新聞は本当の事を書かない

 新聞に流される記事が嘘だとは言わない。報道記事は最小限のニュース源として意味はある。しかしそれを無批判に読み流して信じると危険である。時として新聞は間違った事を平気で書く。その例を今日12日の新聞で説明してみる。
 各紙はイスラエルの総選挙の事を報じている。どの記事も右派勢力が躍進してパレスチナ問題の和平が遠のいたという記事ばかりだ。和平を進めようとするオバマ政権に痛手と書き、パレスチナ人の間で悲観論が広がったと書く。しかしそれは不正確だ。イスラエルという国は例外を除いてすべての政党が対パレスチナ強硬派である。9割もの国民がイスラエルのガザ攻撃を支持している。そのような国にあっては、どの政党が政権を取ったところで基本的な対パレスチナ政策は変わらない。むしろ和平派といわれる政党が政権を取った時ほど強硬策をとる傾向がある。なぜならば宥和政策を取ると国民の支持を失うので、いきおい強硬策をとらざるを得ないからである。そもそも今度の選挙では、強硬派が伸張することは想定されていた。選挙結果には何のサプライズもない。むしろオバマ政権がアフガン攻撃を本格化すればパレスチナ情勢も悪化する。イスラエルの選挙結果いかんにかかわらず、中東和平が好転する兆しはない。メディアはその事を書くべきなのだ。
 「あの時多くの国民は知らなかった」という麻生発言のどこが間違っているというのか。
間違っているとすれば小泉元首相すら中味を知らなかった、関心がなかった」と付け加えなかった事ぐらいだ。2月11日の産経新聞「単刀直言」の中で亀井静香国民新党代表代行が次のように述べていた。その言葉こそもっと報道されるべきだ。国民は皆そう思っている。
「・・・太郎ちゃんが首相として生き延びるには、小泉政治の罪状をざんげすればよかった。米国のサブプライム・ショックが象徴しているけれど、ネオコンや強欲資本主義は破綻した。小泉政治はネオコン政治のコピーでしょ。小泉に降伏し、チェンジできなかったのが麻生宰相の悲劇だ。郵政民営化も間違いだったのだから、グズグズ言っていないで見直すしかないんだよ」

 2009年2月13日発行 第0052号

  独立外交官に未来の夢を託したい

  13日のブログで既報

2009年2月13日 第0053号

 小泉元首相は最後に大失敗をおかした
 
  13日のブログで既報

2009年2月14日 第0054号

続きを読む

投稿者 sfu9xi | 返信 (0)

Re: そんなあなたに非公開機能 - Re: ようつべとか

逆たどりはどんなものか

返信

アカウントをもうひとつ、という手もあるなと、素敵なことを考えた瞬間、アクセス解析という面倒なものが頭をよぎる。

ちょっと試して、逆たどりができないようなら、ほんとうにオンラインブックマーク代わりにしてしまえば良い。

テクノロジー万歳。


追記

アク解にはばっちりと引っ掛かる。残念。

せっかく隔絶された、名無しの自由を満喫しているので、画像や動画を貼って楽しむことにする。ありがとう。

投稿者 y6p6jr | 返信 (0)

Re: http://fqmktw.sa.yona.la/239

非公開か

返信

非公開と言う手があったか!と膝を打った後で、がしかし、アクセス解析とやらで逆にたどられると、ここがばれるなと冷静になった一瞬。

ここは、完全にあちら側とは隔絶しておきたいわがまま。

さて。


追記

試してみたら、アカウントIDまんまでしっかりアク解に残ってしまった。

完全に名無しであるサイトしか、ここからは飛べない。ということがわかってよかった。ありがとう。

投稿者 y6p6jr | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.