sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

あぁ・・・

返信

何だかもう嫌になってきたよ

投稿者 x6a7u9 | 返信 (0)

http://xmny3v.sa.yona.la/784

返信

はあ。。。

投稿者 xmny3v | 返信 (0)

ノマドでサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

Re: EEE

長文の使用レポ

返信

マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

投稿者 y6p6jr | 返信 (1)

知足者富でサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

スターゼロ住宅ローンでサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

スラッシュドットでサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

水差しからサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

新卒初任給3倍でサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

ふせ込みでサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

Cloud 2でサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

いいかげんな知識でサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

コンパクトにパッキングでサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

携帯

返信

携帯でmixiとかツイッターとかもやってみたけど、

余計なコンテンツが多すぎるせいか目的を果たすまでが長い


そう考えるとsa.yona.laの軽快さって携帯にピッタリだと思う。

投稿者 8kpe8m | 返信 (0)

Re: 母国語ができないヤツに第二言語は無理

日本語 再発見

返信

> 英語できないと世界で生き残れない!とか思わずに、まず母国語の日本語を先に何とかしようや。


 んー、そう、一旦 英語に向かった意識も、よくよく考えてみれば自分の日本語はどうなってんだ、ということでくるりと踵を

変えて戻ってくる。

 実は自分もこのへんのことについて以前から問題意識があって、ちょくちょく考えたりする。

 "日本語をツール的に使うとしたら どんなやり方があるのか?" ということ。


 一つ着目したのが、日本語においての "立つ" という表現。

 日本語で何かトピックなことを表現するときは、"立つ" という表現をよく使う。 プログラムなんかでも英語では "走らせるrun"

だけど、日本語では "立ち上げる"。 "angry" にしても 怒る だけど、より衝動的には "腹が立つ"。 "苛立つ" なんかもそう。

旅に出発するは、"旅立つ" と表現する。


 他にも、


   "鳥肌が立つ" "聞き耳を立てる" "弁が立つ" "腕が立つ" "色めき立つ" "奮い立つ" "思い立つ"

   "目立つ" "身の毛も弥立つ" "浮き足立つ"。


   沸く だけでもいいところを "沸き立つ"。 煙が "立ち昇る"、 "泡立つ"、 "際(きわ)立つ" "巣立つ" "~を立ち上げる"

   霧が "立ち込める"


 また、


   "先立つもの" "用立てる" "出(い)で立ち" "役立つ" なんかも。


 さらに、


   立春、立夏、立冬。 庭の "立石"。



 これらは全部 "立つ" ファミリー。

 日本人は自分が受けた印象をトピック的に相手に伝えようとするとき、"立つ" という表現を使う。

日本人の表現は立つである、と言っていいぐらいに。

 

 で、この日本語の特徴が何のツールとして使えるかというと、お話作りのツールとして使える。

お話をトピックの連続と考えて、"立つ" という表現でつないでいく。 トピックとトピックの間は、"座る" とか "休む" とか

"寝る" という感じの活動の弱い間にしながら。



    俺にはビジネスのアイデアがあった。だがアイデアだけでは事は進まない。

   事業計画を立て プロジェクトを立ち上げようと思い立った

    しかし、先立つものが ほとんどない。 誰か 用立ててくれる人はいないものか...


    季節はちょっと春めき、立春を迎えた。 そんなおり俺の前にある女が現れた。


続きを読む

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

Re: 病みガラス

『鼻毛出てるよ』指摘

返信

に妙に腹が立つのと同じ作用でございますな。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

EEE

返信

ミニノートを買ってしまった…いまさら。

投稿者 sqjrny | 返信 (1)

午前1時半の食育

返信

「Aさん、自分が扱き使われてることにようやく気付いたらしいよw」

「Bさん(上司)は、他に暇な人がいても、優先的にAさんへ仕事を回すもんねw」


そんな立ち話をしているところに偶然出くわした。

Aさんは基本的に優しくて何でも引き受けてやってくれる。いい人。

だけど、彼はいわゆる家畜系男子で、たまに嫌味なことを言う節がある。


本音を冗談みたいに言える池面が最強だよね。

投稿者 za8rny | 返信 (0)

Re: ‘死ぬほど英語を勉強してきたからわかる、英語学習の限界’

母国語ができないヤツに第二言語は無理

返信

この人は、書かれた文章を読む限り、読み書きにおいては日本語英語ともに優れた人なのかもと思った。

ただ英語は基本「語る」のが重要な言語なので、読む書くの方が重要な日本語とは、永遠に相容れないのかもしれない、と個人的に思う。


アクセントがきつくて疲れる、尊敬できない、と学生に評価されたとあるが、この辺りでも、この人は本を読んだり、わりと目から入ってくる言葉だけを重要視して来たのかもしれないと思った。英語の音楽とか映画とかはあんまり好きじゃないのかなと。

「勉強」の弊害なのかもしれない。言葉というのはほんとうに生き物と同じで、語彙や表現で、どういう人たちとどういう環境にいるのかがわかりやすい。環境が変われば、使う言葉も変わってゆく。でも「勉強する英語」というのは、そこに固定されてしまって、言語に必要な"生物的"流動性というものに欠けるのかもしれない。


語学留学生に多いような気がするが、日本語の本さえ読まない人間が多い。日本語が不得手なのに、どうやって外国語を習うんだろうと思う。

結局、英語はもちろん日本語のレベルもそのままで終わるか、必死で勉強して英語の形だけは何とか整える(発音や英語独特の表現など)が、基礎の日本語ができてないので中身がない、のどちらかに落ち着く羽目になった、という例がほとんどだったように思った。


言葉というのは自己表現の手段なので、表現したいことがないなら使う必要がない。伝えたいことがある、語りたいことがある、そういう人が伸びるのは当然とも言える。

何かを学ぶ、というのは、自分を知ることでもあると思う。知りたい自分がないと、学ぶということもうまく行かないような気がするんだがどうだろう。


英語なんて、わかりたいヤツが努力すればいいんじゃね? 英語できないと世界で生き残れない!とか思わずに、まず母国語の日本語を先に何とかしようや。

そもそも、べらべら口の上手い人間を軽蔑する傾向にある日本文化と、口が上手くないヤツは負け犬!的北米文化(イギリスやらオーストラリアはまた違うんじゃないかと思う)と、そこから相容れるわけがない。

謙遜やら謙虚を美しいと思うし、そういう日本だからこそ妙に尊敬されてる部分があるんじゃないかと思う。格下に見られて怒るどころか、「自分が引いて負け犬になることによって、誰かが負けなくてすむ、そして争いにならなくてすむなら負け犬で結構」という態度を、表に出さずに保てる日本人的気質を、日本人としてこっそり誇りに思う。

気高く負け犬でいられるって、すげーことだと思う。日本人は卑屈だ卑屈だって言われるけど、好きでそう振舞ってるんならいいんじゃね?文化の違うヤツに何言われてもいいんじゃね?と思う。


英語から話がずれたけど、日本人は、表に出さずに自分を大事にしてればいいんだよ、英語なんか知らね、という話。


追記。

英語が母国語の人間の一部(ってか、かなりの多数)は、耳から入る言葉だけを重要視して、目から入る言葉(つまり読むということ)を病的に軽視してるような気がする。

もちっと本読ませろ、文章書かせろ、大学で小論文書く時の最初の注意が「文法の間違いも点数引きますよ」ってのはどうなんだよ。

投稿者 y6p6jr | 返信 (1)

‘死ぬほど英語を勉強してきたからわかる、英語学習の限界’

返信

http://anond.hatelabo.jp/20100620143255


 読んだ。


 伝わる伝わらない、通じ合える通じ合えない、はその時代の雰囲気やそのときどきの季節的なことも関係する。

今だったら、外国(WCup出場国) に行くときはサッカーボールを一つ持っていけばいい。 それでちょっとボールを蹴り合ったり 足技を披露するだけで、通じ合える。


 普遍的なセオリーだけじゃなく、その時々の時期的なことも考えに入れた方がいいと思う。

 

 三木谷氏のあれにしても この2年間は、 "for the President" とか、"Live or Die" とか、 自分が絶対君主のもとで

ちょちょ舞ってるような表現をした方がよく伝わる。(楽天内の仮想社員を演じる、みたいな)


 こうゆう発想も、持っておくと面白くなるということで。

 

投稿者 x3ru9x | 返信 (2)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.