sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

いいかげんな知識でサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

コンパクトにパッキングでサバイバる!?

返信

投稿者 zeny3v | 返信 (0)

携帯

返信

携帯でmixiとかツイッターとかもやってみたけど、

余計なコンテンツが多すぎるせいか目的を果たすまでが長い


そう考えるとsa.yona.laの軽快さって携帯にピッタリだと思う。

投稿者 8kpe8m | 返信 (0)

Re: 母国語ができないヤツに第二言語は無理

日本語 再発見

返信

> 英語できないと世界で生き残れない!とか思わずに、まず母国語の日本語を先に何とかしようや。


 んー、そう、一旦 英語に向かった意識も、よくよく考えてみれば自分の日本語はどうなってんだ、ということでくるりと踵を

変えて戻ってくる。

 実は自分もこのへんのことについて以前から問題意識があって、ちょくちょく考えたりする。

 "日本語をツール的に使うとしたら どんなやり方があるのか?" ということ。


 一つ着目したのが、日本語においての "立つ" という表現。

 日本語で何かトピックなことを表現するときは、"立つ" という表現をよく使う。 プログラムなんかでも英語では "走らせるrun"

だけど、日本語では "立ち上げる"。 "angry" にしても 怒る だけど、より衝動的には "腹が立つ"。 "苛立つ" なんかもそう。

旅に出発するは、"旅立つ" と表現する。


 他にも、


   "鳥肌が立つ" "聞き耳を立てる" "弁が立つ" "腕が立つ" "色めき立つ" "奮い立つ" "思い立つ"

   "目立つ" "身の毛も弥立つ" "浮き足立つ"。


   沸く だけでもいいところを "沸き立つ"。 煙が "立ち昇る"、 "泡立つ"、 "際(きわ)立つ" "巣立つ" "~を立ち上げる"

   霧が "立ち込める"


 また、


   "先立つもの" "用立てる" "出(い)で立ち" "役立つ" なんかも。


 さらに、


   立春、立夏、立冬。 庭の "立石"。



 これらは全部 "立つ" ファミリー。

 日本人は自分が受けた印象をトピック的に相手に伝えようとするとき、"立つ" という表現を使う。

日本人の表現は立つである、と言っていいぐらいに。

 

 で、この日本語の特徴が何のツールとして使えるかというと、お話作りのツールとして使える。

お話をトピックの連続と考えて、"立つ" という表現でつないでいく。 トピックとトピックの間は、"座る" とか "休む" とか

"寝る" という感じの活動の弱い間にしながら。



    俺にはビジネスのアイデアがあった。だがアイデアだけでは事は進まない。

   事業計画を立て プロジェクトを立ち上げようと思い立った

    しかし、先立つものが ほとんどない。 誰か 用立ててくれる人はいないものか...


    季節はちょっと春めき、立春を迎えた。 そんなおり俺の前にある女が現れた。


続きを読む

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

Re: 病みガラス

『鼻毛出てるよ』指摘

返信

に妙に腹が立つのと同じ作用でございますな。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

EEE

返信

ミニノートを買ってしまった…いまさら。

投稿者 sqjrny | 返信 (1)

午前1時半の食育

返信

「Aさん、自分が扱き使われてることにようやく気付いたらしいよw」

「Bさん(上司)は、他に暇な人がいても、優先的にAさんへ仕事を回すもんねw」


そんな立ち話をしているところに偶然出くわした。

Aさんは基本的に優しくて何でも引き受けてやってくれる。いい人。

だけど、彼はいわゆる家畜系男子で、たまに嫌味なことを言う節がある。


本音を冗談みたいに言える池面が最強だよね。

投稿者 za8rny | 返信 (0)

Re: ‘死ぬほど英語を勉強してきたからわかる、英語学習の限界’

母国語ができないヤツに第二言語は無理

返信

この人は、書かれた文章を読む限り、読み書きにおいては日本語英語ともに優れた人なのかもと思った。

ただ英語は基本「語る」のが重要な言語なので、読む書くの方が重要な日本語とは、永遠に相容れないのかもしれない、と個人的に思う。


アクセントがきつくて疲れる、尊敬できない、と学生に評価されたとあるが、この辺りでも、この人は本を読んだり、わりと目から入ってくる言葉だけを重要視して来たのかもしれないと思った。英語の音楽とか映画とかはあんまり好きじゃないのかなと。

「勉強」の弊害なのかもしれない。言葉というのはほんとうに生き物と同じで、語彙や表現で、どういう人たちとどういう環境にいるのかがわかりやすい。環境が変われば、使う言葉も変わってゆく。でも「勉強する英語」というのは、そこに固定されてしまって、言語に必要な"生物的"流動性というものに欠けるのかもしれない。


語学留学生に多いような気がするが、日本語の本さえ読まない人間が多い。日本語が不得手なのに、どうやって外国語を習うんだろうと思う。

結局、英語はもちろん日本語のレベルもそのままで終わるか、必死で勉強して英語の形だけは何とか整える(発音や英語独特の表現など)が、基礎の日本語ができてないので中身がない、のどちらかに落ち着く羽目になった、という例がほとんどだったように思った。


言葉というのは自己表現の手段なので、表現したいことがないなら使う必要がない。伝えたいことがある、語りたいことがある、そういう人が伸びるのは当然とも言える。

何かを学ぶ、というのは、自分を知ることでもあると思う。知りたい自分がないと、学ぶということもうまく行かないような気がするんだがどうだろう。


英語なんて、わかりたいヤツが努力すればいいんじゃね? 英語できないと世界で生き残れない!とか思わずに、まず母国語の日本語を先に何とかしようや。

そもそも、べらべら口の上手い人間を軽蔑する傾向にある日本文化と、口が上手くないヤツは負け犬!的北米文化(イギリスやらオーストラリアはまた違うんじゃないかと思う)と、そこから相容れるわけがない。

謙遜やら謙虚を美しいと思うし、そういう日本だからこそ妙に尊敬されてる部分があるんじゃないかと思う。格下に見られて怒るどころか、「自分が引いて負け犬になることによって、誰かが負けなくてすむ、そして争いにならなくてすむなら負け犬で結構」という態度を、表に出さずに保てる日本人的気質を、日本人としてこっそり誇りに思う。

気高く負け犬でいられるって、すげーことだと思う。日本人は卑屈だ卑屈だって言われるけど、好きでそう振舞ってるんならいいんじゃね?文化の違うヤツに何言われてもいいんじゃね?と思う。


英語から話がずれたけど、日本人は、表に出さずに自分を大事にしてればいいんだよ、英語なんか知らね、という話。


追記。

英語が母国語の人間の一部(ってか、かなりの多数)は、耳から入る言葉だけを重要視して、目から入る言葉(つまり読むということ)を病的に軽視してるような気がする。

もちっと本読ませろ、文章書かせろ、大学で小論文書く時の最初の注意が「文法の間違いも点数引きますよ」ってのはどうなんだよ。

投稿者 y6p6jr | 返信 (1)

‘死ぬほど英語を勉強してきたからわかる、英語学習の限界’

返信

http://anond.hatelabo.jp/20100620143255


 読んだ。


 伝わる伝わらない、通じ合える通じ合えない、はその時代の雰囲気やそのときどきの季節的なことも関係する。

今だったら、外国(WCup出場国) に行くときはサッカーボールを一つ持っていけばいい。 それでちょっとボールを蹴り合ったり 足技を披露するだけで、通じ合える。


 普遍的なセオリーだけじゃなく、その時々の時期的なことも考えに入れた方がいいと思う。

 

 三木谷氏のあれにしても この2年間は、 "for the President" とか、"Live or Die" とか、 自分が絶対君主のもとで

ちょちょ舞ってるような表現をした方がよく伝わる。(楽天内の仮想社員を演じる、みたいな)


 こうゆう発想も、持っておくと面白くなるということで。

 

投稿者 x3ru9x | 返信 (2)

男女平等の意識の低さに唖然

返信

左翼のクソどもが男女平等を歪んだ形で主張するせいでアレルギーがあるのはわかるし,個々の内容で異論があるのもわかる。

男女平等が実現されていない現状で現実主義的な選択や意識があるのもわかる。


でも,「べき論」としては,最終的に専業主フは最少化させた上で「専業主婦」と「専業主夫」の比率が同じくらいになるようにし,男性も女性も同じように働く(家事・育児も分担す)べきというのが先進国のよっぽどバカではない若者なら当然持っている意識だと私(男)は思っていた。


それが某ネットラジオでは,スポーツでも男女別になっているように,そもそも男女は体のつくりが違うんだから男が働いて女は家庭に入るのが当然,妊娠したら休まなければならない女より男を優遇するのが当然,みたいな意見がまかり通っていて唖然とした。(自分と同じように異論があるけど黙っていた人もいたのだろうが)


そういう話になった発端は,女性のDJが,初めに男女平等を唱えて女性も働かせろって主張したやつの気持ちがわからん,みたいに言い出したことで,それ自体は仕事がつらいゆえに出た愚痴で,感情的なものだから聞き流せたんだけど,そのあとのDJの話やレスは聞き流せないよと。(まあ,話の通じないやつらに言っても無駄だなと思って黙ってたんだが)


確かに女性は産休が必要な分不利だけど,激しく動く仕事でなければ結構ギリギリまで働けるし,産んだあとも早く復帰できる。

それでも休まざるをえない分の経済的負担を保障するのが国の義務だし,そのことで女性を差別しないのが企業の社会的責務。


産んだあとの育児については,現状ではインフラが充分ではないものの,「べき論」で言えば,共働きでも大丈夫なよう保育施設を充実させるべきだし,男女ともに育休や短時間労働・残業なしが認められるべき。(男女の育休や労働時間に大きな差が出てはいけない)


現在の未婚率の増加や少子化は,終身雇用と年功序列が崩れ,劣悪な労働環境が多い現代で男性に経済的負担が押し付けられれば当然の帰結で,男女がお互いに支え合うのが当然になればちょっとはマシになると思う。

低収入だろうと非正規雇用だろうと,恋愛・結婚には関係ないという社会になるべき。


働く女性が増えることは経済の拡大にも繋がるし,労働者が増える分ワークシェアリングできれば労働時間の短縮にもなる。

男が1人で社蓄として働いて妻子を養うとかありえない。

特に資格や技能のない単純労働者でも,1人週30時間の労働時間で月給が手取り15万前後でも2人合わせれば30万,それで一生食うのに困らず,教育費は無料で子どもを大学まで行かせられる,そういう社会になるべき。


思想とか言論の自由があるとは言え,教育現場やメディアは男女の不平等を是正するよう努めるべきだと思う。

男が奢って当然とか少し多く出すべきとか垂れ流すメディアは万死に値する。(もちろん実際に男の方がよく飲み食いするからっていう合理的な理由がある場合は別だが)

現状でそうするのがモテるからそれを追認して垂れ流すやつはメディアの仕事をすべきでない。

そういう現状は間違ってると批判できる人間がメディアの仕事をすべきだ。

1番いいのは学校で子どものうちに教え込んじゃうことなんだけどね。


でも特に教育現場でそれができないのは,現状で専業主婦の母親がたくさんいるからなんだよな。

政治家だって,みすみす票を逃したくないから,ラディカルな主張を避けたがる。

俺は選択的夫婦別姓に賛成(というか特に反対派しない立場)だけど,そんなん問題の本質じゃないじゃんって思う。

男が妻子を養う制度,男が経済力で評価される文化を変えなきゃいけないんだよ!



※ここでは同性愛者や性的マイノリティのケースは除いてある

※「男女」は差別だ「女男」にしろみたいなことは言わないでね

※病気で働けないなど特別な事情は除く

※働きたくとも職がない場合は片方が働くしかないが,男女の比率に大きな差が出てはいけない

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

Re: Chrome/Safari に対応しました

どもども

返信

ご苦労様です。


感謝感謝でございます。

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

れぢ

返信

3DとCGをごっちゃになって使っていた。気付いたときにはみんなの認識を混乱させたあとだった。

投稿者 sqjrny | 返信 (0)

Re: sa.yona.laブックマークレット

Chrome/Safari に対応しました

返信

運営です。


sa.yona.la ブックマークレットですが、Chrome/Safari に対応しました。

今までご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。

他にも不具合その他がございましたら、お気軽にお問い合わせをいただけますと幸いです。


今後とも sa.yona.la をどうぞよろしくお願いいたします!

投稿者 w2rny3 | 返信 (2)

東大生らが「ドブスを守る会」無断撮影ネット炎上

返信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 東大生らが「ドブスを守る会」無断撮影ネット炎上

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇



 東大大学院、首都大学東京の学生らが「ドブスを守る会」
 と称して、道行く女性を無断で撮影、Youtubeなどに
 Upし、ネットで炎上している。

 関連サイト 
 http://togetter.com/li/29756

 首都大学東京の学生坂口聡(新潮社内定)
 http://www.gekiura.com/~press/s1.jpg
 http://www.gekiura.com/~press/s2.jpg

角田悠介
 http://www.gekiura.com/~press/K1.jpg
http://www.gekiura.com/~press/K2.jpg

 道行く女性に写真を撮らせて下さい、といいながら
無許可で撮影。

 角田「写真撮らせてもらえますかー?」
 女「…なんか雑誌ですか?」 
 角「ハイ」
 

 角「ありがとうございました。タイトルはドブスを守る会です」
 女「えっ?! もう一度タイトルいいですか?」
 角「ドブスを守る会(笑)」
 女「…写真、消してもらっていいですか?
   そんなふうに使うなら最初から言ってください!」
 

 その後、youtubeに投稿(モザイク処理等なし)
 

知的障害者を追い回したケースもあった。
 http://www.youtube.com/watch?v=BqI1UBTo99k


 そして東京大学大学院生、浜永和希が協力。
http://www.gekiura.com/~press/h.jpg

続きを読む

投稿者 sfu9xi | 返信 (0)

夏至

返信

 明日(21日) は夏至、昼が一番長い日。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

オランダ戦

返信

 よくパスがカットされボールを取られていた。 それだけ相手が日本のパスコースをイメージできていたのだろう。

自分の印象としては ボールを持った相手に押し込まれていたというより、ことごとくパスコースを読まれボールを取られていたという印象の方が強い。 パスカットでボールを取られたなら、簡単に攻撃の基点となるボランチに渡ってしまう。

 前の試合(オランダとの) でオランダは日本のパスのパターンを感覚とデータでつかんでいた。 日本のサッカーはパスサッカーということが知られている。 そうであるなら、パスを封じれば優位に立てる。オランダにしてみれば、実にシンプルな戦いの方向性だった。

 日本のパスを研究しパスのイメージを頭に入れておいて予測のもとに動けば 高い確率でパスカットできる。 日本の決定力なんて確立は低いし、パスさえ自由にさせなければ、組織的攻撃も機能しない。 オランダは試合を左右する鍵を見つけ、日本のパスに集中した。

 このことを日本が試合前に予見できて、オランダは日本のパスに集中してくるから予測を裏切るようなパスを出せよ、と言ったところでそれは無理というもの。 かろうじて それが出来るのは1、2人だろう。

 相手に試合を左右する鍵を渡してしまわないために必要だったもの、それは "意表を突くキラーパス" !!

ここにきて 中田英寿の必要性ですよ。 考えてみれば、中田選手のパスこそ日本が日本の個性で世界と戦うことを可能にしていた鍵だった。

 この戦いで日本は もう読まれた。 日本はパスサッカーをするチームだから、そのパスを早い段階から防いでいけばいい。 キラーパスを連発するマークすべき特別センスある選手もいない。 とにかく日本のパスに集中して早い段階からカットしてマイボールにしボランチに渡せば攻撃の基点をあっさり作れる。 日本と戦うときは シンプルに考えればいい。 相手はパスサッカーを得意とする、だったらパスを切れ、だ。

 さて、デンマーク戦。 相手は日本に中田英寿がいないことの意味に気づくだろうか。


 今回は、 もう.. しょーーがないっす...

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

人生最大の盗人

返信

何かすごく良い言葉を思いついたような気がしたんだけど、書き起こそうとした時には忘れてた

とっても気分の良い夢を見て幸せだったんだけど、顔を洗う頃には忘れてた

すごく気になる人が居て、距離も近くなってチャンスもあったのに、いつの間にか離れてた

そんな風に、ああしよう、こうしようと志を立てて生きるだけなら簡単だね


そうして、たくさんの機会をドブに捨てて

運が無かった、才が無かった、チャンスが無かったと嘆いてぬるま湯に浸かる

両手いっぱいのたからもの、外に出すのが恥ずかしくてこっそり捨てちゃう


おおどろぼう、俺。

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

sa.yona.laブックマークレット

返信

お問い合わせの方で別の人も投稿していたが,chromeだとsa.yona.laのブックマークレットが使えないのよね。


元々chromeだと記事の引用はできなくてタイトルのリンクだけ貼れたのが,それさえできなくなってしまっている。


できれば記事の引用もできるようにしてほしいけど,最低でもタイトルのリンクだけでも貼れるようになるとありがたい。

投稿者 fj2sp6 | 返信 (1)

英語が出来ない教師が英語を教えている。

返信

http://wisdomofcrowdsjp.wordpress.com/2010/06/17/e067-2/

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

Re: 貯蓄は簡単、消費は難しい

まさに

返信

あと何もしなくてもホコリはたまるが、金はたまらない、という言葉もあります。

投稿者 6we8mk | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.