sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

補償金

Re: 補償金問題はいつかは決着する、そう考えていた時期が私にもありました

話にならん

返信

実演者から見てもおかしい。金を取るなら直接取るべきでしょう。メーカーに責任かぶせてどうする。

本番やるのに主催者じゃなく「会場の管理者から」金取るって言ってるのと同じだ。とにかく金さえ取れればいいんですね。同業者の恥です。



補償金支払い義務者をメーカーに、権利者側が経産省と交渉の構え

>実演家著作隣接権センター椎名和夫「メーカーは、補償金がかかれば製品の値段が上がると説明するが、おそらくそれは間違い。(zig5z7略)また、買い物の仕方次第で4万以上も損したり得したりする中で、759円が『法外な金額』とはいえない。」

おそらくで言うな。

それに、買い物の仕方を話をするなら例えば音楽のCDとネット配信それぞれの価格も見てみるべき。そのうち映像の大物も配信になってくるだろうし、現にペイパービューの番組が既にあります。それでも759円は穏当か?

だいたい、買い物の仕方の話をするなら最安値での金額も出さないのはおかしいし、そもそも割合の問題じゃありません。こういうのは量ではなくて質の問題です。

>JASRAC菅原瑞夫「フランスではiPhoneに2月から補償金がかかっていて、速やかに動いている。なぜ日本はこれができないのか。」

あそこは有名な画家が税金を絵で払えるような国です。あの国は文化相(≒芸術相)経験者でないと大統領になれないとまで言われたことがあるような国です。

国としては「ゲージュツの国」ブランドを維持するにはその画家にいてほしい。だから国が直接保護するというか囲い込むんです。それが国家としての得になると考えているからです。

そして、そういう国でそういう形で活動するのが得かどうかは、その芸術家がひとりで国とタイマン張って決めるんです。国も芸術家もそれくらい命がけでやってんです。気合いが違うんですってば。

消費者もそれをわかっていて、だからこそいい作品には賞賛とカネを惜しみませんしつまらない作品には不満と生卵をぶつけます。消費者である自分が同時に文化の担い手でもあるということを忘れないために。自分が属する国とその文化の維持や発展のために。

国民全員が文化を文字通り死守しようとしてるからなんです。そのための痛みなら厭わないんです。もしほんとうに向こうで補償金制度がうまく回ってるなら、ね。ぶつける卵だって自腹なんだよ。

そういう風土だからこそ一周して「メセナ」って概念が出てくるんです。企業が文化の支援をする、そういう企業の理念に賛同してそこの商品を買う、買うと利益が出て、もっといい製品やいい文化支援の元手が出るんです。いい循環です。

その構図の上っ面だけなぞれるとでも思ってるのか。


確かに、こっちとしてはカネもらえんのは嬉しいですよ。少なくともカネが嫌いな芸術家はいません。あればあるだけ、作品「を生み出すための生活」に回せるんだから。

ただ、自分の商品(あえて商品と言おうか)を直接買ってくれてるのはメーカーじゃないでしょう。

メーカーとかクリエイターとか呼ばれる人がもらう金は基本的には労働の対価なんであって、転がして出る「儲け」ではないんです。メーカーからもらったら転がってるじゃん。それに第一、それだとメーカーが稼いでくれないと自分が稼げない。

あ、メーカーと専属契約でも結ぶなら話は別よ。そこの独自規格でしか再生できないような作品を作るなり、自分の作品を最大限に生かす規格を作らせるなりすればよろしい。そしたらそこから金もらう筋が通るわ。


それに、ダビング10だって例えば記録媒体の寿命のことすら考えてないから言えるんでしょうが。こういうのは無制限か1回もだめかどっちかしかないんです。

ある意味、不換紙幣と同じだ。最終的な決済が無限に延期され続けるとみんなが信じているから、不換紙幣は成立するんです。だから価値があるし両替もできるんです。世界が後10日で終わるとわかっていたら誰もあんなもの欲しがりませんって。1日ごとに価値が1000円分下がる万札、しかも再発行不可、なんて誰が欲しいと思う?不換なんだよ?

>実演家著作隣接権センター椎名和夫「ダビング10などのように契約によって対価を徴収できない分野で、なぜ不利益が発生しないと言えるのか」

不利益はすでに消費者側に発生してるんだってば。鮮度と寿命を考えろ。あんたたちは同じ1貫の寿司とか同じ1個の揚げたてカレーパンとかを同じ値段で50年売ろうとしてるんだよ?


あと話はどんどんずれるけど保護期間。


続きを読む

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

補償金問題はいつかは決着する、そう考えていた時期が私にもありました

返信

補償金支払い義務者をメーカーに、権利者側が経産省と交渉の構え

> 759円が『法外な金額』とはいえない。

ちょー、メーカが1台あたりたかが100円を削るためにどれだけ血眼になっているのかを知った上での発言か?


> 最安値と最高値の価格差が4万6806円もあった。

販売店間での価格差4万6806円は、そっくりそのままメーカの利益になっているとでも解釈できそうなことを言っているが、実体は全然違う。赤字覚悟で、実際に赤字になることもあるくらいに削った上で(他の商品の売りで穴埋めする前提)のポイント還元込みの値段と、売った後も取り付け・保証延長・故障対応・アフターサービスも万全なサービス込みで売る地域密小型店舗の値段を単純比較してもねぇ。実体はほとんど、販売店側の努力の差ですよ。


> メーカーを補償金制度の支払い義務者にすべきだと訴えた。

メーカに義務を負わせたところで、ミクロでは確かに負担させることはできるが、長期的にはやっぱり購入者の負担になる。もし「メーカに支払い義務」というのが「メーカの売り上げの**%を払え」という意味ならば、支払い義務を負うメーカとそうでないとこの線引き・補償金とは全く関係ないはずの商品の利益からも見えにくい形で払う可能性がある、という点で、現状のどんぶり勘定の補償金の徴収がより広く薄く見えにくくなるんで、どう考えても良い案には思えない。


> 土壇場になってメーカーの意を受けて介入してきた。

問題解決に経産省を持ってくるほど子供じみたはやらんって。あれは大臣レベルで動いた結果だって。あと、経産省と話をする前に、デジタル放送行政を担当している総務省と仲良くしといた方がいいと思うよ、マジで。


あと、何かにつけてメーカを巨額の利益を上げる悪の中枢みたいに取り上げているが、確かに利益額は大きいかも知れんが、それを売るために関わっている人の数が桁違いに多いという構図がわかっているのだろうか。例えばテレビの場合、数千人(ひょっとすると万超えてるかも)単位の技術者がバグ取り・歩留まり上げ・コスト切り詰めに明け暮れているわけで。一度作れば50年(もうすぐ70年にするんだったっけ)は何もしなくてもお金入ってくる人にはわかんないだろうなぁ。


そうそう、

> 北京五輪商戦として販売されているBD製品が、補償金制度の対象外になっている現状を示した。

さすがに省庁間で決まったBDの補償金対象追加を無視するほど突っ走ることは考えられないのでご安心を。交渉次第では、立法までの間に自主的に補償金相当額を寄付させるくらいの案なら折れるんじゃないかと思う。


さすがに今日の話はむかついたんで、書き散らしておく。PDPがLCDに押されてやばやばな某大手メーカでテレビを作っている技術者より。

投稿者 u6chqe | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.