sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

減煙

よし、僕の初めてのブログも2日目に突入したわけだが

返信

2ヶ月くらい前からタバコを、極端に減らした。


それまでも、ヘビースモーカーではなかったのだが。


で、どのくらい極端に減らしたのかと、つまり2ヶ月くらい前から一本も吸ってない。


で、ついさっき、ふと・・・一本吸いたくなって、安物だが長いこと使っているZippoにオイルを入れてポケットに突っ込み、原付スクーターでタタタタタ・・・とコンビニへと走った。


静かな夜の駐車場(灰皿はそこにある)で、久々に吸ったらさぞ美味かろうと、わくわくしながら、パッケージを剥ぐと、懐かしいメンソールの匂い。僕はスースー派だ。一本取り出してやおら銜える。


カキン!とかなり小気味よい音を立ててZippoを火を点し、タバコに火を移す。


そして、すうーーー、と空気と煙をマイフェイバリットなブレンド比で吸い込み、一瞬止め、ふぅーーーー・・・、とゆっくり吐き出す。


美味い。・・・・のかな?よくわからない。


まあ、雰囲気的には美味い気がした。


じっとしてるとハーフパンツから出たスネ毛混じりの生足に蚊がたかりそうなので、所在なくうろうろしながら2口、3口と続け紫煙を吐き出す。


煙が、味蕾に絡みつくような感覚。うん、これだ。


久しぶりの、という新鮮な感覚が薄れるにつれ、実感する。やっぱりタバコは美味くなかった。


他にも2、3の些細な理由はあるが、大きな理由としては、美味いと思わなくなったから吸うのを減らそうと思ったのだった。


また当分、タバコは吸わなくていいや。


と、そう思った。




僕の周囲の禁煙に失敗している人たちは、よく、飲み会などで勢い周囲につられて一本吸ってしまい、ひどく後悔した様子を見せて、そのまま数本吸い、そして翌日からは普通に吸っているということがあった。


僕は禁煙してはいないので、一本吸ったくらいで敗北感も挫折感も感じやしない。だから破れかぶれで明日からまたスパスパ吸う必要もない。


僕は自分の意思の弱さを、ある程度しっかり意識できてる。意識してれば対処できることもあると思っている。


ま、結論を一言だけで言うと、「さすが俺だ」。


ははは、言ってて自嘲するが。

投稿者 xrny3v | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.