sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

失業

パイオニア薄型テレビ撤退 1万人削減へ

返信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090213-00000093-san-ind


 失業の危機が自分にふりかかってくると、今の生活の上に夢を描けなくなる。

それが苦しい。

 金曜日の夕方、喫茶店でコーヒーをすすりながら 明日あさって何をしよーかなーなんて考える気持ちの

余裕は完全に消えうせ、現実という冷たい地べたに叩きつけられる。


 そして、NECやパイオニアと書かれたネームバリューをもった名刺も一枚残らず失効する。

なんにもない。 なんの肩書きもない。 職場のポジションは完全に取りあげられ、なんの生活の基盤もない。


 街でばったりと昔の友人に会おうものならこう言われる、"よぉ、プーなんだってなぁー"。


 気持ちの活発さも失われ、ノロノロとして何をするのもめんどうなメンタリティーになる。

掃除一つが重くてどうしようもない。


 くやしいという気持ちがこみ上げてきたと思ったら、そのあと急に気持ちが重くなり、ため息ばかり出る。


 人は働きながら、気持ちをどこかに向けて歩かせている。 失業は、その気持ちの歩みを殴りつけて挫折させる暴力の

ようなもの。

 方向性をまったく見失ってしまう。

それが苦しい。


 こういったことが今年 NEC社員やパイオニア社員の身にふりかかる。


「検索キー」「雑感」「失業」

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.