sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

漫画

東京スカイツリーを支える技術 (漫画の新聞)

返信
eez2w83x

 ほー。


・ 東京スカイツリーを支える技術 -

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: ‘漫画の新聞’ (2)

漫画の新聞 (3)

返信

 阿部 有軌 

  優等生の漫画といった感じ。 投稿数も多い。 絵もしっかりしてる。


 廣瀬瞳 

  個性派。 おもしろい。 コマ数は少ないけど、レイアウトはちゃんとバランスをとっている。



 自分としては、廣瀬瞳氏。 阿部氏の方はこれから先 徐々に見なくなる。

  まったくのマンガスタイルよりは、一味ある方がいい。 実験的なものでもいいぐらい。

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

Re: ‘漫画の新聞’

‘漫画の新聞’ (2)

返信

 サイト内をまわってみると 結構おもしろい。

こんなお題をどう漫画にするんだ、というお題もある。

  「祇園祭、山鉾巡行観覧席の予約開始」

予約開始、って。 それでも読んでみると八坂神社のお祭りであることや、日本三大祭の一つであることがセリフにあって次のページも読んでしまう。 広告漫画という印象を受けた。 この漫画にインタラクションや購買用リンク、ツイートのなにがしがつけば、広告コミュニケーションという次の段階になる。 扱うネタとしては むしろウェブらしい。

 看板、チラシ、テレピスポット広告、そうゆうものから次の時代の広告である "広告コミュニケーション" という観点から見れば、これは可能性ある。 そんなことちょと感じた。


 次世代の広告について研究しながら、広告コミュニケーションサイト(たのしむ報道と広告) という方向に持っていけばいい

のではないか。 このサイトは注目。(どうゆう方向に行くのか、今後もウォッチしていこう)


 また、漫画について検索してみると、北海道って有名漫画家を多く輩出している漫画王国であることがわかった。 youtube 北海道のドイツ人漫画家



● 漫画の新聞 http://newsmanga.com/

mvrshiyn

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

‘漫画の新聞’

返信

http://newsmanga.com/


 玉もあれば石もありますねー。

それとコメントを読むと 記事が遅いという書き込みが多い。  そこだわ。 弱点やね。 

ニュースの速報性と漫画原稿の遅さ。 漫画原稿が上がってくるのは遅い。

 ちょっとあとになっても 興味を持てるニュースを選別する必要がある。

投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

これはすごい

返信

投稿者 fj2sp6 | 返信 (1)

蟲師

返信

どちらも原作漫画は読んだことないのでアニメに限った話なんですけど、

蟲師が気に入った方は夏目友人帳あたりなんかもどうでしょうか

きっとお気に召すのではないかと思います(妖怪つながり?)


今テレビ東京系で再放送されているのを見ているのですが、

なんというか「こころにしみる」ような良い話が多いです

燕の話とか蛍の話とかもう俺の泣きツボに大ヒット


季節毎に新作アニメが量産されては次々と消化されていくこのご時世に、

わざわざ再放送、しかもゴールデンタイム、

テレビ東京はやはりアニメに関しては慧眼と言わざるを得ない

投稿者 g2tw2s | 返信 (0)

綺麗な言葉

返信

なんだか読みたいのに遠巻きにしていた「蟲師」。この漫画は作者の言葉がすげー綺麗なのに惹かれた。

まぁ物語の内容もすごいすきなんだけれどもそれは次にでも紹介します。


ふと引用してみる。

   四季の大半を白い雪で覆われる地では

   水や地よりも多くの異形が雪に潜む

     雪の上に

     雪の中に

     雪の下に

------------------------------------引用元:蟲師6巻「雪の下」------------------------------------


この最後のところはほろりときます。誰か分かってくれるかな?

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

HELLSING 10巻

返信

11年。ついに終わったなぁ…とはいえ5年くらいしか待ったりしてないけれども。

HELLSINGの最終巻、遅ればせながらついに読んだ。

個人的にはシュレディンガーの能力が陳腐な感じが…(まぁ言っちゃえば"ありきたり"?)

とは言え、キャラクターが自分自身の確固たる思想/意思を持って戦い続ける様は非常に面白かった。


あーあ、読む漫画がなくなったなぁ…どーしよ。

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

返信

んーどうやらますます自然大好きっ子になるなぁ。


山。いいよねー山。険しい道のりの跡にすんごい綺麗なご褒美見せてくれる。

そんな反面、人間の挑戦に対して厳しい結果を突きつけてくることもある


「死」


そんな結果にならないよう、助けに来てくれる人の物語。

んー自然に向き合うときはやっぱり人間のちいーちゃなしがらみなんか振り払って

無心で向き合わないと失礼な気がする。けど、そこまで達することが出来ないから

これからも向き合っていこう。


あー、脱線。まぁタイトルどおりの漫画タイトルなので見てみるといいですよ。

おもしろいから。

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

D-LIVE

返信

いやー仕事いかなきゃいけないのについつい読んでしまった。

プラネテスと同じくらい好きな漫画です。

これとプラネテス読むと涙腺が緩んでしまうw

マルチドライバー…あんなに手足のように色んな乗り物を乗りこなせたら

…たのしいのかなぁ。


けど、動力なしの乗り物も楽しいよっ!

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

何度でも…

返信

自分はやたらちっちゃい世界で生きてるから大きい世界観に良く憧れる。


そんな感じの気分で良く読みなおす漫画がある。「プラネテス」…全5巻からなる

漫画。もう随分前に終結した漫画なので知ってる人も多いかもしれない。

人類が月を中心に火星域までを生活の範囲として延ばし始めてる時代に

「スペースデブリ」とよばれるゴミの収集屋をしている主人公を基に

繰り広げられるストーリー。

この漫画で俺自身が不思議に思ってるのは、自分が本来あんまり好きではない

「愛」というキーワードを前面に押し出しているのに抵抗感がない…むしろ好きなくらい。

そこが不思議だ。


けど全編に「愛」を語ってるわけじゃなくて、それを全否定する主人公がひたすら

他人を否定し続けながら努力を重ねていくシーンもあるのだが、そこがあるからこそ

好きになれているのかもしれない。


           「全部オレのもんだ。孤独も 苦痛も 不安も 後悔も」


人間の底にあるのは「強い強い欲望」その欲望こそが全てを切り拓くためのエネルギーだと

信じる主人公が自身の信念を否定する自問自答に対して、言い放つ言葉だ。

この漫画を最後まで読むと、この考え方は間違っているのかもしれない。

ただ、この言葉はすごく残る。俺自身はこの考え方はやはり人間の底にくるであろう

エネルギーとなりうるのかもしれない。ただ、ここまで自分の信念を行動に起こせる人間は

少ないだろう。そして、生半可な人間にはこの言葉は何ら意味を持たない。 

この路線から外れようとした結果、ダメだったから再度「欲望」のみで突き進んだ人間が

物語中に出てくる「ロックスミス」なのかもしれない…。


自分自身の今後のビジョンを持ち、極限まで昇華してみたい。最近はいい加減

どうでもいいものに振り回されすぎた。

何か…何か大きいものに取り込まれてみたい。

その後でいいんじゃないかな。そういうものは。

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

EDEN 18巻

返信

ついさっき読み終えた。

なんということだ。まさに10年遅れて完結したセカイ系。

準備をしなさい。鍵は信じる事。全てに希望を。

訪れる不幸せや耐え難くつらい物事に対して勇気を持って備えなさい。

そのためには子供ではいられないよ。大人になるっていうのは受け止めることだ。

そんな風に言われてる気がしてならない。

投稿者 fmfb4a | 返信 (0)

前評判

返信

駄目だ絶対無理

前評判に騙された

あんなに探し回ったのに

つまらん受け付けない

買うんじゃなかった2冊同時なんてせこいぜ集英社

投稿者 4x3vdg | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.