sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

巨人倍増

旦那さんは息を弾ませるのをやり遂げても性の高潮に着いていません

返信

旦那さんがセックスするの時と、彼のよく疲れたのは汗がだらだら流れて、息を弾ませて、とても長くも性の高潮に達しないで、病気があるだますこのようにですか?


普通は、男子は性的衝動を始めて入る性高潮まで(に)2~6分でさえすれ(あれ)ば、ある男子は半時間あるいは更に長い時間が必要で、しかも疲れて息を弾ませて、顔中に汗をかきます。人々はこのような情況を“性の高潮が延期する”に称します。それでは、性の高潮は病的状態を延期しますか?これで分析しなければなりませんでした。


  周知のように、人の情欲と性的能力と年齢、体質、情緒、性交回数と生活環境は密接な関係があります。今公認する達する性は高潮時間(ペニスが腟を挿入してピストン式のスポーツを行うから計の件)2分です。年齢が小さくて、体質が強くて、性の高潮の必要時間が短いです;年齢が大きくて、体質は少し悪くて、性の高潮は比較的延長します。


  普通は中年後の男子に歩み入ると思って、性的興奮のスタートは日に日に緩慢で、高潮の時間に入っても比較的延長して、これに加えてこの年齢に段の男子の重い仕事と家事は負担して、力と体力はすべてよくない状態があります。


  だから、よくわりに多い直接エキサイティングなののがようやく彼らの性欲を喚起することができるのが必要です。このような生理との外で原因の招く性高潮で延期してもちろん病的状態に属しないため。このような情況に出会って、夫がそのため、ができないのが悲観的で、妻は更に思いやって夫に関心を持って、感情の上から多く夫に少しやさしさをあげます。同時に適切に性生活の回数を減らして、性交の時間を制御します。


  性生活の前に十分な準備と休み時間があって、元気いっぱいで、性欲が高まりを待つ時また良い性交。人がいる性生活を手配する日曜日の朝、性生活のため前後ですべてある十分なの養う精密な時間、更に重要なの、この時体内の副腎のホルモンの濃度最高だ、それによって、保障する理想的な性の能動性。


  それに、性交の姿勢を少し変えて、室内環境を少し替えて、入る性高潮の時間を短縮するのを助けることができますも。ペニスに勃起したように待った後のにようです、女性をとって男性に行って性交法をおりて、妻は自発的にペニスに対して持続的に強烈に刺激して、夫が間もなく高潮に入るでしょう時、また陰嚢の内で睾丸を高に頼んで、このように達する性高潮の調和がとれているのができます。


  当然で、たくさんの慢性衰弱している性疾病も男子性高潮が延期するのを招くことができて、これで治療したのを議論するため取り調べなければなりません。


  もしも青年の男子の出現性高潮は延期したら、探すべきで長期にわたり自慰してあるいはその他の器質性疾病に慣れるのがあるかどうか。長期にわたりもし自慰する、正常な性交は性の高潮の刺激する限界値に達しません;性生活はしきりに過ぎて、性的興奮の中枢が抑えるのを招きます;ペニスの包皮があるいは包茎に長すぎて、性が少し敏感で十分に暴露することはできなくて、招く性高潮は皆延期してよいです。もし属する前に2種類の原因はもたらして、自慰する悪習をやめて、性生活の回数を減らします。後者は医者で治療を求めなければなりません。

巨人倍増:http://www.xn--gmq15an1qquf7nnhnq.net/

威哥王:http://www.akanpo.net/product/299.html

投稿者 xpa8mk | 返信 (0)

【男性必见】爱情ホルモン!?女性からまたキスしたいと思わせるオキシトシン の秘密

返信

人はなぜキスをしたくなるのでしょうか?

愛情表現?本能的なもの?欲望を満たすため...?いずれの答えも正解ですが、人のカラダにはキスを求める合理的な仕組みがあるのです。それは、オキシトシンというホルモンに秘密があるのです。

今回は、オキシトシンとキスの関係について紹介します。

nwpmcfdq

愛情ホルモンには男女差あり

キスについて深く考えたことってあまりないと思うので、キスの起源から説明したいと思います。

動物がかみ砕いた食物を子や仲間に口移しで与える行為から発展したとする説や、宗教的な儀式だとする説、匂いを嗅ぐあいさつが進化した行為とする説など様々な説があります。いずれも目的は違いますが、キスをすることによって大きな満足感が得られることは間違いないですよね。実は、この満足感は科学的に見ると、脳への影響が強く関与しているのです。

キスをすると、男性の場合は脳内のコルチゾールというストレスホルモンの値が下がり、オキシトシンという愛情ホルモンの値が上がります。つまり、キスをすることによってストレスが和らぎ、恋愛感情が高まるということです。

ただし、それらのホルモンの分泌量は、男女間で差が出ることもあるのです。

どういうことかと言いますと、女性は、キスでストレスは和らぐのですが、それだけでは恋愛感情は高まらないのです。 ところが、雰囲気がいいところでのキスは、女性もオキシトシン値が上がります。

つまり、男性は場所など関係なく、どれだけ他人に見られていようと関係ないが、女性はムードや人の目に配慮してあげないとキスによる多幸感は薄らいでしまうということですね。

女性に対してキスをする時は、このオキシトシンが分泌されるような雰囲気やムード作りが欠かせないのです。

オキシトシンが分泌されれば女性も自動的に胸が高鳴り、またキスしたいと思えてくるはずです。

z4r3x7kg

続きを読む

投稿者 xpa8mk | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.