sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

威哥王

【男性必见】爱情ホルモン!?女性からまたキスしたいと思わせるオキシトシン の秘密

返信

人はなぜキスをしたくなるのでしょうか?

愛情表現?本能的なもの?欲望を満たすため...?いずれの答えも正解ですが、人のカラダにはキスを求める合理的な仕組みがあるのです。それは、オキシトシンというホルモンに秘密があるのです。

今回は、オキシトシンとキスの関係について紹介します。

nwpmcfdq

愛情ホルモンには男女差あり

キスについて深く考えたことってあまりないと思うので、キスの起源から説明したいと思います。

動物がかみ砕いた食物を子や仲間に口移しで与える行為から発展したとする説や、宗教的な儀式だとする説、匂いを嗅ぐあいさつが進化した行為とする説など様々な説があります。いずれも目的は違いますが、キスをすることによって大きな満足感が得られることは間違いないですよね。実は、この満足感は科学的に見ると、脳への影響が強く関与しているのです。

キスをすると、男性の場合は脳内のコルチゾールというストレスホルモンの値が下がり、オキシトシンという愛情ホルモンの値が上がります。つまり、キスをすることによってストレスが和らぎ、恋愛感情が高まるということです。

ただし、それらのホルモンの分泌量は、男女間で差が出ることもあるのです。

どういうことかと言いますと、女性は、キスでストレスは和らぐのですが、それだけでは恋愛感情は高まらないのです。 ところが、雰囲気がいいところでのキスは、女性もオキシトシン値が上がります。

つまり、男性は場所など関係なく、どれだけ他人に見られていようと関係ないが、女性はムードや人の目に配慮してあげないとキスによる多幸感は薄らいでしまうということですね。

女性に対してキスをする時は、このオキシトシンが分泌されるような雰囲気やムード作りが欠かせないのです。

オキシトシンが分泌されれば女性も自動的に胸が高鳴り、またキスしたいと思えてくるはずです。

z4r3x7kg

続きを読む

投稿者 xpa8mk | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.