sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

天体観望

これから

返信

流星群観測してきます。写真撮れたらいいなー。

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

すげぇ…

返信

http://astronomy-picture.spaces.live.com/blog/cns!F649C0840CF0D2B3!160.entry


天体写真は一般的に難しい…

なんて言われるけど、こんなの取れるのぉぉ!?

まじでこのお方に撮り方教えて欲しいw

どうやってこういうの学べばいいのかな?

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

光害写真

返信
http://mhiusw.bay.livefilestore.com/y1prO86vRpvDECvFZna9GZk7iesSuEqtgAklhB3bz7RWfe1GwAcRsdMUs3b7-QhLMpxNJezDTJykymj28Apkg4sAw?PARTNER=WRITER



日本列島の光害マップ。こうしてみると日本は結構明るいよなぁ…ここの黒の部分に住もうかな!

そしたら高い対空双眼鏡買っちゃうかもw

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

まじっすか!

返信


恐るべしw つか工具箱の値段も恐るべし

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

燃える金星

返信

今日夜勤明けなのになぜか17時過ぎに帰る途中

燃えるような星が見えた。

すんげー明るい。どれくらいっていうと日没前なのにイヤでも

視界にはいってくるくらい。火球とまでは言わないけど

明るい流星くらいは光ってるかなーってくらい明るい!

んで家にもどってStellariumで確認して見ると

夏の星座と囲まれた金星と木星だったことが分かった。

あ、あとたぶん見間違えだとおもうけど人工衛星が動いてるのも

見えたような気がする。

等級的にはかなり暗いんで横浜の空でみえるもんなのかなぁ




と調べて見たら、ISSとかー2等級な時もあるのね。すげー

今の時期なら日没も早いし人工衛星狙って観望してみようかなぁ

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

綺麗だなぁ

返信

冬の代表的な星座といえばオリオン座

三ツ星が特徴的な星座で沖縄にはオリオン座にちなんだ

「オリオンビール」というビールが有名…てなんでこんな話に。


オリオン座の中には「オリオン大星雲」(M42/NGC1976)という

星の元となるチリやガスが漂っている部分があり、双眼鏡で見ると

非常に綺麗な星雲がある。


しかしこんなものもあるらしい。名前は反射星雲(IC2118)

オリオン座を構成するリゲルという星から40光年離れた所にあるらしい。

この反射星雲は主にリゲルからの反射光(40光年離れてるのに…すげぇ!)で

光っているのだが星の光が青だから青く光ってるわけではなく

チリが赤より青の光を効率的に反射している為だという。

原文からまんまだと地球の大気が青く見えるのも同様の

現象が発生しているらしい。

理屈なしでもすんげー綺麗だよなぁ…

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

すげー

返信

今日朝走った山梨方面から見えてたまっくろな雨雲がきたのか?

雷と雨がすげー。

今日はナイトランとか中止しててよかった。

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

前途多難

返信

うーん。大変だ。

波照間にいる親戚が突然出かけるとか言い出して双眼鏡のレンタル先を急遽変更…

だからイヤだっていったんだよもー。

結局、借りれなかった対空双眼鏡レンタル分くらいを支払ってホテル予約。

双眼鏡も沖縄本島から持ち込み。キツイー。

台風すら俺を嫌うのかとヒヤヒヤしたが、どうにか大丈夫そう。

周りの低気圧を巻き込んで過ぎ去ってくれ…

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

雷雲と月

返信

今日、仕事から帰ってくる途中空を見上げるとまんまるな月が。

綺麗だなぁーなんて見てると左の方でピカピカしてる…

なんでだろと思ったら雷雲が立ち込めてました。

月が見えるほど晴れてる部分と雷がなってる雷雲が立ち込める部分

2つが両立している空をみるとちょっと可笑しかった。

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

あああああレンタルゥゥゥゥゥ

返信

波照間行きに使いたかったハイランダー・プロミナーがレンタルできず。

ショックですわー…双眼鏡でも楽しめるはず!!(そう言い聞かせようw)

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

山中湖へ行ってきた!(滞在編)

返信

到着と同時に始めたこと。民宿の手配です。(予約すらしてない無計画さは気にしないで)

目に入ったのが旅館組合の看板だったので、そのまま入ってみた。

中に居たおばちゃんに恐る恐る空いてる民宿があるか聞いてみた。おばちゃんの顔は渋い。

ですよねーこんな夏休みまっさかりの時期に予約なしでなんて無謀すぎですよねー。

(どうやらテニスコートやグラウンドが大量にあるらしく、どの民宿もテニス部やらサッカー部の子供が沢山居た)

おばちゃんが5回目の電話を掛ける。…どうやらOKらしい!急いで手配してもらった民宿へ向かう。

「平和荘」という民宿に2分くらいで到着。が誰に声掛けたらいいんだ?コレw

今まで民宿なんて止まったことが無かったもんでどうしたらいいか分からないまま、食事の準備をしている方に

「先程、旅館組合の方からお電話してもらった者なんですが…」なんていう説明をしたらようやく民宿の管理人さんに

部屋を案内してもらった。離れとはきいていたが自宅より広い8畳間くらいの部屋だった。その時点で17時00分。

とりあえず、着いたと同時に普段話さない父親へ電話を掛けてみた。…けどあんまり父親は好きではない。

では何故掛けたか?父親も同じ趣味があったからである(沖縄までチャリでくる完全なアホしてる人だが)

んでまぁ世間話+どれくらい走ったか~なんて話をしていたが、話の締めに「じゃあ今度は富士山登頂もしような」的な

事を言われた。まぁ悪い話ではないが…富士山は離れてるから綺麗なんだよやっぱり!

とは言え雲海を見てみたい。(まじでこの件で車の免許とろうか考えてる。)

話を30分ほどで切り上げ、部屋で荷物を一通り広げた後、今回の主役である山中湖&富士山の撮影に向かった。

道中はかなりの曇り空で正直不安であったが、湖畔に出た瞬間に不安は一瞬で消えた。

逆さ富士は見れないものの綺麗な湖と大きな独立峰が目に飛び込んできた。すぐにカメラを構えて何枚か写真を撮る。

そうしてるうちに白鳥が居る事に気づいた。初めてみたよ白鳥w

しかも人に慣れているのか目の前で毛づくろいなんてはじめやがった。色々気を引きながらパチリ。

写真を一通り撮ったら、民宿に戻り1時間くらい仮眠。(途中で民宿のおばちゃんがお茶持ってきてくれなかったら熟睡だった)

飯は素泊まりなのでコンビニ弁当で済ませた。えぇどうせ悲しい単独旅行ですよ。なんとでも言ってくれ(泣)

風呂は借りれたので一息ついて、さぁ天体観望しようか!と双眼鏡片手に湖畔へ向かう。

そしたら花火と子供達が大量に…こりゃムリだなと思い引き返して海猿みてました。

(ホントは一番晴れてたからあの時間に観望したかった。)

0時から2時30分くらいまで仮眠を取り、再度観望へ。(今度は静かだった。)

そこから雲の切れ間を探して、観望開始。やっぱり光害が無い地域での観望はレベルが違う。

プレアデス星団を例にとっても自宅からでは10~15個見えればいいほうだが、現地では20個↑観測できた。

ますます波照間での観望が楽しみになってきたよ!

観望の間、何個か流星も流れてたみたいだが雲の中で光る感じではっきりみたのは一つだけ。

1時間もすると、富士山から店じまいかのように雲が流れてきてなんも見えなくなったので終了。

そっからは着いた興奮で寝られず、結局6時過ぎまで部屋でゴロゴロしていた。

7時前には風呂に入り、そろそろ出発の準備。民宿の方に出発することを伝え身支度を終え

これから出るか。という時におっちゃんから声を掛けられた。

どっから来たの?とかそういった他愛の無い話だったが、帰りが下りであることや色々なルート、

山中湖の天気が変わりやすいこと(当日朝は13度くらいだったが、前日は20度↑だったらしい)

など色々教えてもらった。

おっちゃんに「又来ます!」と伝え、いよいよ出発!(復路編へ続く)

投稿者 wyjrny | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.