sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

sa.yona.la

ゴールド

アンビエントオクルージョンの影をあまり付けると立体感は出るが、細密感は損 なわれる。

返信

 静止画においては、細密感が一つの付加価値。 そこが売りになるところ。 金細工の装飾があるモチーフを描いて効果を上げているヨーロッパ絵画がある。



--- 絵の中にゴールドを1つ入れる ---

● ゴールド 1つ、 人 2人。  ゴールドのやり取りに人間臭さがただよう。

● ゴールド 1つ、 地図 1枚、 人 1人。 = その人は、さらなる冒険を夢見ている。


 ゴールドをうまく使って人を描く。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

HDR画像の加工

返信

(クリック 大)

 赤くしすぎたか..

● 元画像 デビアント -


追記 :

● ちょっと色修正 -

 暗くして ダークファンタジー背景画として使えるかどうか..

ノーマルから暗くするとぼやけるので 一旦明るくシャープにしてから暗くする。 そのとき もやを入れる。


 この明るいままで フードをかぶった黒服の魔道師を入れてもいいけど..

(この画像はストックじゃないので他の画像にこの処理をかける)


追記 2 :

● ゴールド化 -


 天井付近のゴールド感



 火星の色のように赤褐色になってしまうと失敗で、ゴールドになるとうまくいったように思えてしまうから不思議だ。

ゴールドになると値打ちが出て、褪せたレンガ色になると安っぽくなり値打ちが下がる.. のか?


 グラフィッカーにとってゴールドを描き出す作業は 他の作業より比重が重いのではないか。 (今のところ仮説)


 今度、ゴールド化作業を集中的にやって ゴールド画像を大量に生成してみようか..

いやほんと、金は かなりポイントかも。


 ゲームの中のゴールドアイテムといっても単なる画像。 しかし そのゴールドに至るまでに何かプロセスがあって それとゴールドとが結びつくことで値打ち感が出る。 ゴールドとプロセスの結びつけ方、そのへんだなー。

 んー、何かあるぞ、このへん。 ゲーミフィケーションも これとリンクしてきそう。


 以前にもゴールド化はしている。


 もちろん 3DCGで金を作ろうと思えばいくらでも作れる。 そうじゃなしに、相手が提供する写真なりを金にするところがミソ。 そうゆう やり取りを含めたウェブ上での作業がゲーミフィケーションのコンセプトを体験することになるのではないか。


 いやこれ、ゲーミフィケーションの一番シンプルな形なんじゃないの?

 素材提供者が何かを込めた画像を提供する → グラフィッカーさんは相手が込めたものを拾いつつ画像のどこかを金に変える → みごとに金になって素材提供者も画像が映えたことを確認する → そして お互いその金を共有する (アイテムゲット。 つまり双六のあがり)

 * 何かを込めた = 何かのプロセス


 この一連がゲーミフィケーションの原型だとすれば、ゲーミフィケーションはすでに体験できるようになっている。

ゴールドアイテムからゲーミフィケーションが解ける。


(一応 このテーマは、"ゴールドコンセプト" いや、"コンセプト オブ ゴールド" ということで)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

黄金の園

返信

 ゴールドエレファントは黄金の国を さし示しているのであった。


 リッチやぁーー、 ゴールドに目がくらみまーす。


 いい入り口を見つけたぞと。


 ゴールドで酔わせる、この手です。


 金は背景で意味あいが変わる。 引き立ったり、地味になったりする。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

クレイモデルのゴールド化

返信

・ 元画像 -


 カードゲームなんかだとプレミアムカードが一つの目的。 そのカードというのはほとんどがゴールド。

ウェブ上においては、ゴールド化処理は他の処理とはちょっと違う。

 なんの変哲もないCG画像にでもプレミアム感を持たせられる。 大体そうゆうのに引っかかっているわけです。

元々は制作途中をキャブチャーしただけのあとで捨てるようなグレー画像。

(グリーのEXILEカードなんかに引っかからないようにしよう..)



投稿者 x3ru9x | 返信 (1)

ゴールド 5  洪水で流され行方不明になっている黄金の壺

返信

 黄金の壺がタイの寺院から流れ出てしまった。 現在 僧侶たちが捜索している。

あの壺がなければ寺院の権威が下がってしまう。 壺の中には宗教上重要なものが入っている。


 水かさが増す中、プカプカと流されている壺が目撃された。 その通りがどこなのかは まだ僧侶の耳には入っていない。


(フィクションです)

---


 ゴールドと水。

この場合、ゴールドの由来は仏教、今 災害によって1つのゴールドが行方不明となった。

水は淀んだ洪水の水。 まだ 清い水は見当たらない。

日本では欲得に絡む 淀んだ水のような報道が続いている。


● 3Dモデル - http://bit.ly/vHf2iK

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ゴールド 4  フォトショ レイヤースタイル

返信


レンダーオーシティー内

● 左、5.40ドル(現在410円) -

● 右、上と同じ -  琥珀もある

(上のページ上部にある検索窓にgold と打ち込めばいろいろ出てくる。 ページ内に関連として銀もあり)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ゴールド 3  水の表現と金の表現

返信

 ゴールドと水は感覚の深いところで呼応している。

 水の表現もまた必須項目だ。 アニメ(&背景美術) にしても絵画にしても水の表現がちゃんとできてそれを効果的に生かせないと一人前じゃないと言われている(昔から)。 ("効果的に生かす"→ アニメの中で役をもたせて働かせる。ただそこにあるだけの水じゃなく)

 水の表現が昔からの必須項目なら、金の表現はウェブ時代の必須項目だろう(ゲームアイテムなどの表現ゆえ)。


 表現テクニックの練習課題を絞りに絞ったなら、水の表現と金の表現の2つなると思う。

水と金のイメージの絡み合いをいろいろ考えてみよう。 水と金が軸で、草や花、木、石、はそれらの周辺と考えてもいいんじゃないか。


 水の表現、金の表現は 千と千尋の神隠し でもふんだんに出てくる。↓


投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ゴールド 2  ゲームにゴールドはつきもの

返信

 ゲーム作り(&ゲーム関連サイト作り) するときゴールド表現はかかせない。 ゲットするアイテムにも金はあるし、レベルアップしてゴージャスになるキャラの衣装(防具)にも金細工がある。

 もっと大きく考えるなら、ウェブ上で何か制作活動する場合 ゴールドの表現研究は必須項目だと言える。


 また、ゲーム作りする場合、ゴールドという観点から一点突破してゲーム作りに迫ってみるのもいい。(キャラやマップから入るんじゃなく)

 ゴールドの描き方をあれこれ工夫するのと同時に、ゲーム内でのゴールドの由来、ゴールドの行方、ゴールドの隠され方、ゴールドの表れ方、なんかを考え進めると面白くやれる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

ゴールド 1

返信

 一般的なCGのレンダリグは金属質。 人肌にしても色こそ肌色だが質感は硬い。

それなら いっそこれをゴールドにしてみる。 結果は、やはりゴールド感がギラッと出た。

 テクスチャーの段階で人肌テクスチャーを金っぽくして、それでレンダリングすれば ゴールドのモデルができる。(普通はそうする。 どちらがゴールドっぽくなるかというところ。 テクスチャーの段階かレンダリング後か)


 逆に言えば、Poser のレンダリングは金かブロンズから色が抜けた味気ない軟金属ともいえる。

(だから感覚的にグッと来ない。 こんなのがいいのかなぁーで止まってしまう)


 晩秋から冬、年末にかけては ゴールド感ある絵が季節に合う絵だったりするので、ゴールド化は有効な処理だろう。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.