sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

第10回いえのみ

返信

超晴れ。13回目。


たまたま別件で近くでご飯&飲みだったので近くにいるよアピールしてみた。

予想に反して訪問OKの返事。


2時間ほどしか滞在してないのに

本当に帰らないとマズい時間なのに

「とりあえずセックスしとく?」って、ぇ。。。


そんなつもりで来てないし、

とか言いながら逆らえない意志の弱いアタシ。


いつもは1時間ぐらい抱き合ってもお出にならないのに

今回は10分ほどで到達。


短いのは短いのでつまんないけど、

やっぱいつもは飲みすぎなんだね。

酔っ払いはキライです。



でもこの日、

突然の訪問を許してくれた事に、

間を開けない次回の約束をしてくれた事に

なによりいつもの警戒オーラがなかった事に

驚き、そしてうれしかった。



きっとたまたま機嫌のいい日だったのかもしれないな。

投稿者 gnhqe8 | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/1621

返信

 アメリカが一人勝ちしていて そこへ寄り添うように各国が集まる という宇宙技術の構図より、ヨーロッパとアメリカ(エアバス社とボーイング社) がライバル意識むき出しで技術とイメージ戦略の対抗合戦をする という構図の方が面白い。

 その対抗合戦には日本も一枚かんでいて 戦況を大きく左右するような関わり方をする。 この3軸の構図にさらに世界各国も絡んでくる。 やっぱり空気のある空の方が面白いんじゃないかい。


 航空機は誰でも乗れるから宇宙よりずっと身近に感じる。 対抗合戦の人間臭さと空への夢とか交錯したときドラマが見えてくる。


 ANA のサイトにあったB787誕生までの物語。 読ませます。

● ANAグループ社員及び関係者の真実のドラマ - (Next で全部見)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/1620

返信

 旅行の夢にはまってしまうと仕事をする気がなくなってしまう。 封印、封印。 当分 封印。

旅行の夢から現実に引き戻されると放射性物質や瓦礫の後片付け、お年寄りの介護、未成年者の犯罪、やから。

 あー現実がつらい。 スポーツに気持ちを合わせながら復興への思いを胸に秘めておく ってのが基本的なメンタリティーかな。 行動すれば一番いいんだけど、だれしも生活があって 仕事の持ち場を離れるわけにはいかない。(言い訳に聞こえるところがいやだわ)

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

イメージ動画

返信


 ドリームライナーに一度乗ると 他の航空機には乗る気がしなくなる。 なんてことを言う人が出てくるね。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

主翼

返信


 後ろから見たときの翼が すごいきれいだなー。  ちょっと はまってきた。  離陸。(下)

主翼のそり方がなんともいえない。




 フライトブロガー ?  

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

B787の上下振動

返信


 上下の揺れが全然違う。 主翼がしなって振動を吸収するのだろう。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/662

返信

失敗はとりかえすー

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

返信

みすった

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

またSDRAMが値崩れしてるのか。

返信


単純な消費者視点で言うなら、安ければうれしい。


鎬を削るメモリ業界事情を考えると、もうちっと価格安定させて

利益出るようにしないと、またどこか経営破綻するんじゃないか心配。


長期的な消費者視点で言うなら、底値と高値で

倍以上も値段が違うのって、いくら何でもおかしいだろ・・・


本当に、メモリ相場だけはどうにかしてほしい。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

うしじまいい肉

返信

私は朝食に鰻を食べてしまったことを後悔している。

鰻骨が喉奥の柔らかい肉に刺さってチクチクと痛いのだ。

もののけ姫で主人公がタタリガミに死の呪いを掛けられたように、

肉を食らわんとした私に一矢報いる鰻の執念深さと言ったらこの上ない。

しかしその鰻を食らった私はその鰻の精神力を養いより強力な人間となった。

もっと鰻食う。ダメ。ダメいけない。鰻を食べても、鰻の精神力は手に入らない。

そうかわかった。でも穴子は?穴子なら食べていい?食べちゃダメ。やはりもののけの類か。

投稿者 c9zchq | 返信 (0)

オーラ

返信

なんだかいろいろ間違えられる。


・キオスクのおばちゃんに「しゃべれるわよね?」と言われる

・飲み屋のドアを開けたら店員に英語で何か話しかけられる

・別の飲み屋で相席になったガイジンに、Zen Priestかと聞かれる

・さらに別の飲み屋の店員が、しばらく話した後で、ぜひzig5z7さんのお店にもお邪魔したいとコースターとボールペンを持ってにじり寄ってくる

・商店街で、呼び込みの黒服が、オレにだけ声をかけずに全力でスルーするorオレだけにすんごいつきまとう


だーら、ただの客だっての。お前らから見たオレは何なのよ。

とりあえず、どうやら堅気に見えないらしいということだけはわかる。


ヤクザ説とかガチホモ説とかいろいろ定期的に出て、ほんとに仕事に支障をきたしたこともあるけど、いいかげん慣れてきた。

それとも、慣れて開き直って堂々とするのが逆にいけないの?

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

http://x6a7u9.sa.yona.la/135

返信

暑い。

投稿者 x6a7u9 | 返信 (0)

http://gxvdg5.sa.yona.la/299

返信

そうでなくてよかった。

投稿者 gxvdg5 | 返信 (0)

http://8xcsp6.sa.yona.la/50

返信

影響を与える方ではなく、受ける方が悪いんじゃないかと思う今日この頃。

楽しいこととか悩み事とかいろいろな今日この頃。

GREEは登録してるけど人の見るだけっていうたち悪いパターン。現代高校生はネット上での絡みが普通なのね。

その現代高校生の中に入っていないことに焦りを感じないといえば嘘になるけど、私はサヨナラにいる自分が嫌いじゃない。

あまのじゃくな高校生。

投稿者 8xcsp6 | 返信 (0)

http://qdachq.sa.yona.la/54

返信

所有に価値などない

投稿者 qdachq | 返信 (0)

ボーイングが2001年ごろ発表していたソニッククルーザー

返信


wikipediaより

>> ボーイングも、ソニック・クルーザーの燃料消費量が従来機の約15~20%多いことを認めていたが、高速で巡航することで相殺されると主張していた。しかし、ボーイングの主張はあくまでも理論上のものであり、基本設計すら流動的な機体の燃料消費量に関して、顧客に対して確固たる事実を示すことなど不可能であった。 <<


>> 先進的な内容の多かったソニック・クルーザーだが、アメリカ同時多発テロ事件の影響による航空業界の不況、速度性能を重視するあまりにコストが高くなったことなどを受け、2002年12月に開発を凍結し、事実上の中止となった。


 しかしながら、現在では初期発表時点での計画の曖昧さから、最初から具体的な計画などなく、787(2003年1月に開発開始)が具体化するまでのつなぎだったのではないかという見方が強くなっており、散々エアバスA380との戦いを繰り広げてきた以上、747X延期だけでは格好がつかず、実現できるかもわからないが構想だけあった機体をとりあえず発表して、A380から話題を奪うための体裁を整えたのではないかといわれている。 <<

---


 結局、この発表は ライバルのエアバス社に当てた壮大なハッタリだった。 それから10年後、形となった現実解はB787で、それを支えたのは日本の技術だった。

 ボーイング社とエアバス社が未来の航空機を妄想している間にも日本は技術の改良、カイゼンを進める。

そうして 次の時代にはあたりまえとなるようなベストな現実解を改良を積み重ねた技術で形にしていく。 まったく新しい大発明によってじゃない。

 ベストな現実解といえばハイブリッド車もそうだろう。 最初出たころGMは笑っていた。 ところがどっこいハイブリッド車はベストな現実解だった。

 欧米人も未来を夢想する。 しかし未来は欧米人がイメージしたような世界にはならない。 必ずそれる。


 今またエアバス社がかつてボーイング社がやったようなことをやり出している。


投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/1613

返信

 ウアアアァァァ ーーーー...........暑いィィ、いや 部屋の中が。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/1612

返信

 サスケーおまえを連れ戻す...........だったらそのつながりを俺は断ち切るまでだ.........ウアアアァァァ ーーーー

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

キャシャーン

返信

 ガシャーン  覆水盆に返らず  ルンバ起動

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

バーフォーマー

返信

レディー アヘアヘ    レディー イヤーン イヤーン

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.