sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: バカがお答えします

家に帰ればすぐさま勉強だ(サァ〜クセス・サァ〜クセス)

返信

とりあえずイラレで正七角形を生成して360/7度で回転させてみたことはナイショの話。


>「削ったり型を作ったりするときにどういう数値を工作機械に喰わせんだよコラ」

そうそう、結局そこなんですよね。理屈では図形として正七角形があり得るのはわかるのですが、

それを物体として切り出す過程がわからない。成型業界の人はいませんか。


実はこの業界の人は自分たちと違う尺度の単位を使っているとか。超極秘事項の。

きっと割り切れる円周率とか隠し持ってる。


つか、自分同等のナカ~マがいて安心した>知恵袋。いや、そうじゃないだろ自分。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

Re: バカが露見するのを覚悟の上で書く

バカがお答えします

返信

・軸がぶれることに関しては、重さで調整するという手もあるとは思います。


・実は、円周が140cmとかなんです、多分。


・線分ををいくつかに等分することはわけなくできるので、

http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/mechdesign/ch03/ch03_ap01.html

という手があるようです。


・気になってるのはそこではなくて「削ったり型を作ったりするときにどういう数値を工作機械に喰わせんだよコラ」ということじゃないかと思うんですが、実際のところ、そしてあくまで今のところ、人間の英知を結集して作れる円い物体って、正確さとしては円周率の小数点以下せいぜい数桁程度らしいです。回してる物自体がそもそも円ですらない。

なので、それでもなんとかなってるんだから、仮に軸がぶれてくるとしても、その前に他んとこが壊れるんじゃないかと。


以下蛇足。

…でも、個人的には、7本スポークの5穴は見ててなんとなく気持ち悪い部分もあります。

なんでぴったりのとこにしないの?とか、穴を開けて弱くなる位置があるんじゃないの?とか。

8本4穴や6本6穴ならある意味すっきりはするんです。もっともこれ言い出すとタイヤに空気入れる場所がなくなりますけども。


と思ってたら

http://okwave.jp/qa/q3707185.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414702099


「へぇ、あんたもナナって言うんだ」
〜 7 について、ナナ(アイスクライマー)

7 - アンサイクロペディア



蛇足2。

車のハンドル。

ハンドルを軸に止めるネジが真ん中1本、ということはよくあると思いますが、あれもなんとなく気持ち悪くて。

なんか、外れそうじゃない?その車が新車で最初に乗ってカーブ曲がるとき、まずは右カーブからじゃないとネジ緩みそうじゃない?

…丸棒に丸いのをただ嵌めてるわけないので、だいじょうぶなのは知ってはいるんですけどね。

投稿者 zig5z7 | 返信 (1)

バカが露見するのを覚悟の上で書く

返信
こういうの

th3j9ers

とか、

こういうの

n6m3x7kg

を見ていると、そこはかとなく不安になるんです。


だって、360は7で割り切れないんですよ?

いったいこの7本とか7枚とかは、何を持って『均等に配置されている』ことになっているんですか?

実はどこか1間隔、他と違って広かったり狭かったりしてないのですか?

高速で回転することを使命としているのに、実はほんのわずか均等さが欠如していて、

長い目で見たときに軸がぶれたり軸がぶれたり、軸がぶれたりすることはないんですか。


すんげぇ昔から謎に思っていたんですが、今回初めて口にしてみたのです。

頭のいい方からの冷ややかな目線なしでの回答をお待ちしています。

投稿者 sbifb4 | 返信 (2)

自動改札のUI

返信

このゲートは一方通行なのかどうか(=いま自分が通ろうとしているゲートに向こう側からも人が入ってきてしまうことはあるのか)は、遠目でもわかった方が便利だと思うの。


こっちから入れるかどうかは表示されてても、向こうからくるかどうかは表示されてないことが多すぎる。

少なくともオレはそのタイプしか見たことない。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

Re: http://c9zchq.sa.yona.la/254

http://raru9x.sa.yona.la/26

返信

なにこれ夢ありまくりんぐ(・ω・)

ていうか、目の前にある気がする。見える気がする。


私的にはヘタあった方がいいな。

真っ赤ないちごに緑色のアクセント。


なんだか今夜はいい夢見られそう。

投稿者 raru9x | 返信 (0)

ダークファンタジー感覚

返信

 人と動物とを関連づけることで、「人が死ぬ直前 動物に転生して魂はつながった」 みたいな意味あいになる。

これもダークファンタジー。


 逆に 動物が死んで 天使(人型の)になり そのあと人になる、というのもある。


 この辺を あの暗ーい色調でまとめる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/4827

返信

 いいストック写真を提供している人気モデルさん's ページの盛況ぶり。 コメントが次から次へと更新される。


 デビアントには美麗なファンタジー世界の背景画も たくさんある。 しかし、何の活況もない。


 そのへんの違い。


 自然と 人気モデルさんのページに行ってしまう。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://c9zchq.sa.yona.la/254

返信

個別包装されている食べ物を宇宙食と呼びたい。未来的で宇宙っぽいから。


理想の宇宙食は、苺が一粒ずつ包装されているものなんだけど、

お父さんが食べる甘納豆のツマミのように、ねじれ包装がされている。

1000万桁の製造番号と賞味期限が秒刻みでプリントされているところもいかす。


収穫して30分以内に加工される苺は鮮度が良く、苺本来の香りが強いのが特徴だ。

加工時に人工的に作った苺の香りを封入しているのは企業秘密で開発部長しか知らない。

袋を開封すると練乳が苺に絡まるように仕掛けがされていて(開け方次第で練乳なしも可能)、

ヘタが取ってあるからそのまま口にぽんと放り入れることができる甘栗むいちゃいました設計。


アジアのどこかの国の屋台で雑に売られている地元料理が地球食でいいよ。

投稿者 c9zchq | 返信 (1)

‘Microsoft、Excelでインタラクティブな3D地図上グラフを作 れるアドイン「GeoFlow」を発表’

返信

ITmedia -

 エクセルと3Dを結びつける、ときたか。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

実際、ひとは、1枚の円盤を何回聴くんだろう

返信

単純に考えて、1人のリスナーが一生の間に聴く楽隊が1人(1組)しかいない場合、その楽隊が出した円盤を均等に廻し続けるとすると、新譜を出すたびに、単位時間あたりの1枚の再生回数は1/2、1/3、1/4、…とどんどん減っていくはずで。

で、仮にその円盤が10曲入りで自分のアンセムはその中の1曲だけだったりしたら、1回廻してもカウントは0.1回とすべきかなあ、とか。


事はそこまで単純ではないにしても、そりゃCD買うよりライブ行った方がいいケースは増えるよな、と思う。

円盤なら2回、ダウンロード販売でも3回か4回くらいしか聴かないなら、金額だけで見ればライブ行く方が単純に安いことは十分あり得るよね。ライブならではの付加価値があればなおさら。

もっとも、アンセムばっかり聴かせてくれるとは限らないし、交通費なんかも計算に入れてませんけど。


こんな統計、誰もやってないわけないんだけど、調べ方の見当がつかない。


以下蛇足。

47都道府県くらいカバーできそうな人数のグループいるじゃん。あれの枠は都道府県毎に1人か2人にして、その子の出身地ではその子をセンターにすりゃいいんだ。国体方式でツアーすればいい。

で、もう、いっそ、円盤はその子の手焼きでご当地限定販売とかにすればいいと思うよ。

あと選挙の時は前もって住民票移したりして。


DVD/CD デュプリケータ 【ORIENT PRO DVD2n】ドライブ2台搭載モデル/オリエントプロ

DVD/CD デュプリケータ 【ORIENT PRO DVD2n】ドライブ2台搭載モデル/オリエントプロ

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

優しい人々

返信

 週に1度、私はある場所で紅茶と菓子を買う。年齢も性別も人種も様々な人たちがずらりと並び、短く言葉を交わしながら自分の順番を待つその行列に、私もひっそりと加わる。手には持参のマグを抱えて、焼き立てのマフィンやカップケーキの匂いに、今日はどれを選ぼうかと考えながら、自分の番を待つ。

 週に1度のこの日、菓子は必ず誰かの手製だ。だから私は、その菓子のために列へ並ぶ。甘いものは大好きでも、自分で作ることしなければ、そんなことが得意な誰かとも暮らしていない私は、誰かの作った菓子が珍しくて、手に取ればたいていまだほのかにあたたかい菓子を、どれにするかと選ぶのを楽しみにしている。

 コーヒーや紅茶を売ることが目的ではなく、この場に人たちを集め、彼ら彼女らが関わり合うのを目的としてる場だったから、飲み物も菓子の類いも恐ろしく安く、紙コップをもらえば菓子込みで百円足らず、カップを持参すればさらに半額と言う値段だ。

 挙句、10回分に無料の1回分がついた前払いのカードもあって、私はそのカードを財布に入れていて、この日だけはいそいそとカードにすでに使って開けられた穴を眺めながら、ひとり微笑むのを止められない。

 世話役の女性たちは、彼女らの息子か孫のような青年たちを適当にこき使って、やたらと大きくて重い、熱湯の入ったポットやコーヒーメーカーをどんどん運ばせる。

 コーヒーメーカーと言っても、小奇麗なキッチンにちょこんと置かれているような品ではなく、高さは50cmほど、直径は30cmもありそうな、まさに鎮座ましましてと言うのに相応しい代物だ。

 新品のころはぴかぴかのつやつやだったろう本体の銀色すっかりくすんで、しかしそのせいで風格の増したその姿に、私はふと、付喪神と言う言葉を思い出す。


 こんなコーヒーメーカーを、私は以前も見たことがあった。

 同じように、年齢も性別も様々な人たちが、ただ同じものを好きだと集まる場所でだった。

 そこでコーヒーを用意するのは私の父親だった。別に誰かに頼まれたと言うわけでもなく、いつとはなしに父はそれをひとりで勝手に始め、恐らくそれは、コーヒー中毒の彼が自分が飲みたいからと、それがそもそもの動機ではなかったかと私は考える。

 コーヒーが置かれるようになって、それに手を出す人たちが増えると、父は今度はそこに菓子も添えるようになった。個別に包装された小さな焼き菓子を、父は自分の行きつけの店で買い求めて、無造作に、けれど奇妙に思いやりのこもった手つきでそこへ置く。

 それもきっと、コーヒーを飲む時には甘い菓子が欲しくなる、彼自身のためだったのだろう。

 父はあまり他人に対する思いやりと言うものをわかりやすく表現する性質(たち)ではなかったから、まめまめしくどこか楽しげにすら、顔も名前も知らない他人たちのために、頼まれたわけでもなくありがとうといちいち感謝されるわけでもなく、そんなことをする父の背中を、私は何となく微笑ましく、同時に奇妙に落ち着かない気分も一緒に抱きながら眺めていた。

 自分が飲みたいから、自分が食べたいから、そういう言い方は、恐らく父の照れ隠しだ。それが彼の第一の動機だったと、私自身否定はしない。だがきっと、それと同じくらい、父にとっては、あの場にいた人たちへコーヒーと甘い菓子を振る舞うと言う優しさの表現が、大事なことだったのだろうと今は思う。

 彼は他人からの優しさや思いやりに、照れずに感謝を示す(とは言え、それは家族以外、と言うことになるのだが)人だったが、他人から感謝されないと言って失望するようなことはしなかった。

 自分が与えられるなら与え、人が与えてくれるならそれに感謝する(彼の場合、受け取るかどうかは別問題だが)、そんな彼の態度は、その頃の彼の歳に近づきつつある今の私には不思議に年齢よりも幼いもののように思える。

 一部の大人の男たちが、案外とその手のことには無頓着だと知ったのは比較的最近だが、人種性別年齢関わらず、微笑んで挨拶することとありがとうと言うことは、かなり容易に人の心をあたたかくするし、とげとげしい気分をやわらげもすると私が学んだのも、実はごく最近のことだ。


 やっと自分の番が来ると、私は色だけは濃く出るティーバッグを取り上げて持参のマグへ放り込み、そこへなみなみと湯を注ぐ。湯の温度が少し足りないので、飲み始めるまでの時間を少し長くする。ミルクを注ぐのは飲み始める直前だ。

 それから例のカードを、そこにいる女性の誰かに手渡し、ひとつ穴を開けられてから戻してもらうと、時々指先が触れ合ったり、あるいはこちらの顔を既に覚えていて、顔いっぱいに微笑んでくれたりすることもある。それから菓子を選んでひとつ取り上げ、ありがとう、ではまた、と言葉を交わして、私の社会へ戻るための小さなリハビリのひとつが終わる。

 こんな風に微笑むことも、人へ言葉を返すこともできなかった私は、ひとりで外どころか部屋から一歩も出ることができず、誰かが焼いてくれたマフィンやケーキの味をすっかり忘れてしまっていた。

 自分に向かって誰かが他意なく微笑みかけてくれることなど、想像することすらできないほど私の心の中は荒み切っていて、だから初めて紅茶と菓子のためにここへ立ち寄った時、私は自分に向かって掛けられた言葉をすべて無視し、誰かと目を合わせることさえできなかった。

 女性たちのひとりは、その頃の私のことを覚えていて、時々笑い話にしている。

 少々不愛想とは言え、ごくごく普通に振る舞っていたつもりだった──ひどい誤解だ──私は、彼女の言葉に最初は驚き、それから苦笑した。羞恥や怒りはまったく湧かず、ああ自分は笑えるようになったのだと、笑う彼女につられて微笑みながら、取り上げたばかりの菓子にかぶりつく...


続きを読む

投稿者 43ntw2 | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1181

返信

このごろ目の焦点があってない時間が長いというか(目がうつろとかそういう意味じゃなく物理的に)

すごく集中してるごく短い間はばっちりくっきり見えるから視力は落ちてないと思うんだけど

普通に過ごしてるそれ以外の大体はいつもぼやけた視界で過ごしているような

そんな気がしている

そういえば、何かをずっと見たり文章を読んだりすることが最近ものすごく面倒に思うのは

なんとなく関係しているような、していないような


ただの春ボケか

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/1595

ぶん殴ってやりたかった奴がいた

返信

ある有名なCD屋の店頭で、全盲か弱視なんだろうな、棚まで店員に手を引かせて、その店員相手にひとしきり作曲者やレーベルにケチつけてご高説を垂れ流したあげくに「じゃ、出口まで」。


お前、全盲のまともな人が今の聞いてたら呆れるよ。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

The Witch - Before and After by *essolounaquimera on deviantART

返信
uff7kg6u

http://essolounaquimera.deviantart.com/art/The-Witch-Before-and-After-351093176


 ビフォー、アフター画像を見ることで ダークファンタジー感覚 ってのがわかってくる。

たとえば、何も持っていなかった手にロザリオを持たせる加工とか。


・ ランタンを床に置く。   あった あった

・ ブランコ   どこから吊りさげれているかわからないブランコ   あったなー

・ 楽器を奏でている   あー あった  バイオリンやチェロ などを目隠しして奏でている


 ドクロにローソク、ドラキュラに噛まれた血の跡、月明かりが差し込む暗っぽい窓際、なんかも。

 崖から飛び降りかけてる、というのもあったなー。 自殺直前のシーン。 それも確かに怖い。


 そして、背景は霧の立ち込めた森 や 暗い海岸。


 加工の参考にもなるし、あそこは 面白い。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://q7ny3v.sa.yona.la/1595

返信

健常者だってロクデナシであることを許容されているワケじゃないし、ゴクツブシライフに落ちちゃうと風当たりにエクスキューズも支援もない。乙武氏の賢さとポップなセンスと踏ん張りはたいそう尊敬するけれども。


投稿者 q7ny3v | 返信 (1)

掃除完了

返信

うそです。

やっぱり書類ケースと小物入れと押入れ収納がどうしても不足しているので今度買います

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

http://x3ru9x.sa.yona.la/4654

返信

 前進  前進  前進するのみ


 どこへ向かって前進するのか..  ってそりゃ  ブラジル大会でしょ

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: 4W0D

http://q7ny3v.sa.yona.la/1594

返信

http://anond.hatelabo.jp/20130403231509


「いい話」に埋め込まれた気をつけること起こることの備忘録(男性向け)。

投稿者 q7ny3v | 返信 (1)

http://x3ru9x.sa.yona.la/4653

返信

 鳥インフルエンザ   今 60人感染


 すぐに100人になるだろうな   危機感を感じてくる感染者数って何人だろう   200人  300人


 んー 500人も感染すれば かなり危機感を感じてくる

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: 大人のミルク

詳細な説明求む

返信

へんなことっつーのをまず詳しく定義してもらわなきゃなー。


深く考えずに、酒のビンにオレンジジュース入れて外に持ち出したら大変なことになった昔の話。

ペットボトルに酒入れて持ち歩いてもわかんねーよなー。

投稿者 y6p6jr | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.