sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

akitakara

返信

ブログあきたけど

こんくらいがいいね

_/ ̄\〇__ たらーん

投稿者 f8vdg5 | 返信 (0)

23:52

返信

nanjakorya?

投稿者 vrfb4a | 返信 (0)

23:51

返信

konnichiwa.

投稿者 vrfb4a | 返信 (0)

23:50

返信

sayonara.

投稿者 vrfb4a | 返信 (0)

日本部落

返信

生活の記事

投稿者 zh5z7u | 返信 (0)

暑い。

返信

エアコンがないと眠れない。

こんな私は非エコ人。

ダメじゃん。

投稿者 ge7u9x | 返信 (0)

MT4

返信

Movable Type 4 の導入につまづいて、やっとこさ入れたと思ったら、インタフェースがかなり変わっていて、戦意喪失したところでした。


なので、逆に何もできないブログはいーなー。快適。

投稿者 gnp6jr | 返信 (0)

これって

返信

日付も時間も出ないんだ!


で、一日何度でも投稿できるんだ!


思ったより便利そう♪

投稿者 wdtw2s | 返信 (0)

Re: 単音ではあまり感じないけれど。

調と色

返信

調性から色を連想する人は普通にいるようで、これは共感覚とは違うらしいです。

ホ長調で緑とか、ハ長調で白とか。

曲想や音色から色を連想するというのもよくあると思います。

個人的には無調の曲を聴くと淡い紫色の濃淡、ニ短調で黒〜紫、などなど。

共感覚の人は一音一音に色を見るのが、共感覚が無い人との違いでしょうね。

投稿者 r7dg5z | 返信 (0)

てすと投稿

返信

これは面白そうなサービスだ。普段なら絶対に混ぜないようなネタを、ごちゃまぜにして書いていくことにしようかな。隠し事が多い人にはありがたい(笑

投稿者 ke7u9x | 返信 (0)

とりあえず

返信

登録してみた。


すごく真っ白でびっくり!


さてどんな風に使おうかな?

投稿者 wdtw2s | 返信 (0)

記念

返信

テスト

投稿者 qyz7u9 | 返信 (0)

プログラム確認してから呆然余裕でした

返信

明日だと思っていた自分の発表日が今日でした


国内のときだけ勘違い多いねー


あまりにも驚いてじゃんがら食いにいっちゃったよ

投稿者 fxchqe | 返信 (0)

アカウント取ってみた

返信

よくわからない。

まあいいや。

投稿者 xsy3vd | 返信 (0)

どうせついてくるから

返信

個性的であろうとは思わなくなった。


まともな権限を与えないくせに、責任だけが降り掛かってくる仕事はきつい。

だったらてめえでやれよ。


作ったものを発表はしたいが、それをことさらアピールするの気がないのは悪い事か?

そんな暇があれば、次を作りたいだけなんだが・・・。

投稿者 gz8mkt | 返信 (0)

大切なスペース

返信

引っ越して4ヶ月になったが、部屋に割とスペースが余ってしまった。

でも、これからも物を増やさないでいこうと思う。


無理に増やすと、大切なものを入れるスペースがなくなるからだ。

投稿者 446jrn | 返信 (0)

社食のカレー

返信

住民税払わなきゃ。


仕事から帰って家や最寄りの駅周辺でごはんを食べると遅くなっちゃうので、最近はめっきり社食で夕食をとることが多い。仕事に手こずって遅くなると閉まってしまうこともあるが、その場合はマクドナルドになってしまうので、それは避けたい。なので、なるべく閉まる間際にでも仕事を中断して社食に行く。

たいてい大盛りを頼むのだが、夜のそれは昼の大盛りの2倍はある。さらにおばちゃんが小鉢をサービスしてくれたりするので、非常に嬉しい。

だがカレーに限らず、夜メニューは煮詰まっていて味が濃すぎるのがちょっと難点だ。

投稿者 zkp6jr | 返信 (0)

わからん

返信

好きって

あなたちょっと

簡単すぎやしないかい


あたしは別に好きなわけじゃない

ただ1人がやなだけで

都合がいいだけなんだーー


自分だってそうなんでしょ

わかってるから

だから

好き

なんて言うなや

投稿者 zu4ach | 返信 (1)

みくしからきました

返信

とりあえず、登録してみる

投稿者 cvu9xi | 返信 (0)

今日もうそをついた

返信

今日もうそをついた。


今日は、とても辛い日だった。

仕事がぎゅうっと圧縮して押し寄せてくる。それは平凡な私の作業量を遥かに上回っていて、後から後から息もつけぬほどに押し寄せてくる。

そうした時の仕事にロクなものはなくて、あまつさえ、普段ならしないようなつまらないミスがさらに仕事を増やしやがる。

あやまって、あやまって、自分が原因であやまることほど辛いことはなくて、他人が原因のことならばいくら理不尽のことでもむしろ心はかろやかなのに、今日はつまらないことから呼ばれたつまらない私のミスでずっとあやまって、

ああ、もうこの仕事をするに私の器はちいさ過ぎたのだ、と思い悩み(客観的にみたらそうではない側面もあるにはある)、食事もあまり喉を通らず、胃が痛んで、小さくなって、つらくてつらくて、でも同じ業務を担当する私含め3人は、それぞれがそれぞれに、とてもとても仕事に追われていて、それぞれがそれぞれに息苦しくなっていて。


だから、私は言った。


「いやあ、今日はほんとへこんだんすよー」

「あー」

「いやね、何がつらかったってねえ、朝、出かけにお中元が来たんですよ。毎年くれる親戚の人がいるんですね」

「うん?」

「大体、いつも肉か、酒なんですよ。お中元。ハムかエビスビール。なのに、出がけの8時45分にですよ、

三越の人がピンポン鳴らして、なんだと思って出てみたら、小っちゃぁいうす平べったい箱持ってるんす」

「そんな早くにくるんだ」

「くるんすよ。んで、『三年もの手延べ素麺』とか書いてあって。うわぁぁぁぁ、そんないい素麺食べたことない、ないけど! 毎年似たようなものじゃ悪いだろうって気を利かせてくれたんだろうけど!! でも肉がよかった!! 酒がよかった!! 絶望した!! 素麺ですよぉぉぉぉ!!」

「あははははは」

「これがね、もうショックでショックでへこんじゃったんですよ」

「うふふ」


私は、今日も、うそをついた。

投稿者 scdg5z | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.