sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Quoteオンリー議論が思わぬ広がりを

返信

私の意図はほぼ伝わっているようなので、あまりごちゃごちゃ付け足すのもなんですが…だらっと補足。(ぉぃ


Quoteオンリーも、単なる「情報」としてはありでしょう。

しかしながら、ここは単なる情報垂れ流しサイトではなく、「人に読まれる」ことを前提にした場所です。…よね?

それならば、他人の言葉を借りるだけでなく自分自身の感想やコメントをつけてほしいと思います。

「ああ」とか「おお」とか、単なる感嘆詞でもそれは立派な感想。

それに対して共感とか返信とかトラックバックとかFavoれるのがネットの醍醐味のひとつだと思うので。


「人に読まれる」ことを前提にしていないとおっしゃる?

ならば、それはあなたのデスクトップの「自分用メモ.txt」か/dev/null にでも書き込んでおけばよいのです。

わざわざネットにさらす必要はありません。


ちなみにあまり関係ありませんが、私のPCのデスクトップには、「にっき.txt」という

今日現在で370kBぐらいのテキストファイルがあります。

2004年の秋から理由あって書き始めたもので、名前通り日々の暮らし向きや思ったことを書いてますが

もちろん非公開です。まさにチラ裏。


…だらだら書きましたが、実はこういう説教臭い文章が一番このsa.yona.laの空気を読めてない罠。

こういうややっこしい関係とか気にせずに好き勝手に使えるのがsa.yona.laのいいところなのにね。

投稿者 g2tw2s | 返信 (1)

Re: http://sbifb4.sa.yona.la/36

CGMとクオリティ

返信

「大多数が始めたら鬱陶しい」という点には同意なのですが、

それはあくまで「大多数が始めて鬱陶しくなってきたら」の話で、

いきなり今からルールを作るのもどうなのかなあ、と。



あと、創造性が無い、価値が無い、だから排除というのはちょっとどうかと。


無個性、

他者との関わりを必ずしも求められない、

他人からの評価が一切反映されない

それがsa.yona.laだと思うんですよ。


無理に周りから評価されるものを作らなくても良い。

そうやって競い合うのが嫌だ、という人もいると思うんですよ。

というか自分がそうなんですが。


「価値の有る物/者だけが存在して良い」みたいな懐の狭いルールやシステムはsa.yona.laらしくない。

無個性無意味無価値を許容できないsa.yona.laなんて、それこそできそこないのCGMに過ぎない。

投稿者 g9e8mk | 返信 (0)

Re: こえー

マジで固まりました

返信

で、ひたすら謝りっぱなしでした、はい。

こういうのってホント怖いですよね。


この時、幸いにも

 ・ロックのかかってないテーブルだった。

 ・テスト環境だった。

 ・先輩が偶然にも処理方法を知っていた。

という偶然に偶然を重ねた状態だったので、一旦、トランケートしてアベンドさせて事なきを得たのですが。


結合テスト用の環境とはいえ、なんでテストデータがそんなに入ってたんだか、という気分にもなりました。

union allしまくりのViewだったので、カウントを取るだけで20分近く処理が返ってこなかったらしいですし。


そしてまた、再来週から本番データの入ったサーバの保守を手伝うことに。


……いやぁ、マジで死ねる。(苦笑)

投稿者 umu9xi | 返信 (1)

Re: ありふれた苦悩

追加オーダー

返信

カティーサークのロックをひとつ。

眠れぬ夜のために。

投稿者 6ww2sp | 返信 (0)

Re: 社会人は大変

火災報知機と

返信

煙探知機は別物なんですかね?

ウチこのあいだ火災報知機設置工事に立ち会うために、会社午前半休した。

したら、昨日、煙探知機設置工事のお知らせがきてた。


オイ、また半休しなきゃならんのか…orz

投稿者 z8achq | 返信 (1)

Re: 限度があると思うんだ。

利用者のマナーが落ちてんだねぇ

返信

マナーっつーか思考能力?

学生の頃、バイトしてたケーキ屋でホールのケーキを買ったお客さんからクレームきてさ、内容聞いてポカーンとしたよ。


「自転車のカゴに乗せて帰って開けたらケーキぐちゃぐちゃになってたよ!どーしてくれんの!新しいの持ってきて!」


ってね。

投稿者 z8achq | 返信 (2)

ギョーカイ

返信

原材料の単価は上がり続けているのに,バックオーダが2年分。これはいいのか悪いのか。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

Re: http://sbifb4.sa.yona.la/36

http://x2tw2s.sa.yona.la/55

返信

構わないという人と構う人の妥協点として、プライベートモードがあれば良いんでしょうね。

まあ管理者さんはここを見てるだろうから、そのうちやってくれるでしょう。

投稿者 x2tw2s | 返信 (0)

社会人は大変

返信

仕事さえできれば、生きていけると思っていた。町内会とか、地域にもいろいろ面倒なものがある。

全室火災報知器取り付けって。管理組合総会で決まったって。それお金かかるの。どこにも書いていない。

問い合わせは平日午後6時まで。仕事中だよ。

投稿者 ce3vdg | 返信 (1)

Re: やっちった。

こえー

返信

想像するだけで怖いです…。

自分はうっかりミスでオエラカタが管理してるサーバにアラート鳴らしそうになった時は冷や汗でましたw

投稿者 z8achq | 返信 (1)

Re: いただきもの

そんな時は

返信

ヤフオク。

投稿者 zndg5z | 返信 (0)

かさぶたが治らない

返信

なぜ私は、夢の中でさえも、Aに嘘をつかねばならないのだろう。

何も感じていないフリをし、取り繕った態度と、不自然な普通を通そうとするのだろう。

投稿者 4wz7u9 | 返信 (0)

Re: うーん

http://x2tw2s.sa.yona.la/54

返信

私も同意ですね。ただのメモ帳みたいに使ったって構わないと思います。このサービスには好きな人のエントリーだけ追える favorite 機能もあるし、人に読ませる文章を読みたい人は、そういう文章を書いてる人を favorite にバシバシ追加したら良いんじゃないでしょうか。

投稿者 x2tw2s | 返信 (0)

@ふりめ

返信
超高速インターネット「The Grid」、映画を2秒でダウンロード
http://www.asyura2.com/07/it10/msg/478.html

IT 478 2008/9/11 20:44:58
投稿者: kokopon


検索→ 「 超高速インターネット The Grid 」

これを個人も自由に使えて、全世界をカバーしたら、どんな未来になるのだろう

検索→ ネット世論操作企業
検索→ ネット風評監視サービス会社




参考投稿番号: http://www.asyura2.com/07/it10/msg/476.html

@ふりめ

投稿者 sfu9xi | 返信 (0)

告白された。

返信

突然の出来事だった、とも取れるし

僕自身も内心「そうなるのではないか」といった、淡い予感(期待?)を抱えていたことも事実だ。


残業を終え、駐車場まで向かう途中で彼女と出会った。

母子家庭でパートタイマーとして働いている彼女と、まさかこんな時間に遭遇するとは。

それは僕にとっては予想外であり、彼女にとっては計画的だったのだろう。

「あれ、家ってこの近所だったっけ?」などと軽い世間話をしているうちに、何人かの同僚が我々の横を通り過ぎてゆく。

少しばかり視線が気になったが、彼女は臆せぬ様子だった。


話題も一巡し、軽い沈黙の後に彼女が上目遣いで切り出した。

「あの。ずっと言おうと思ってたんだけど・・・」

僕は口元の微笑を崩すことなく、「うん。どうしたの?」と促す。

少々わざとらしかったかも知れないが、動じずにいられたのは我ながらたいしたものだと感心した。


僕には妻子がいる。

しかも女房も(部署は違うものの)同じ職場で働いており、日に何度かの接点もある。

僕自身は「女房を心から愛している」とは言えないのかも知れない。

でも、娘たちを愛している。彼女の故郷での生活を愛してもいる。

そして何より、僕には女房をこれ以上不幸せな目に合わせる訳にはいかないのだ。


彼女の質問には短い単語で答えた。

「ありがとう。でも・・・その気持ちに応じることは出来ない」

きっと学生時代の自分ならこんな流暢に返答できなかっただろう。


彼女も僕の女房のことはもちろん知っていた。

ひょっとしたらその返事が聞けることを期待して、夜中にひとりで会社帰りの僕を待ち続けていたんじゃないだろうか。

「自分自身の気持ちに区切りをつけたくて」

彼女はそう言っていた。


あるいは僕も、彼女に何らかの好意を寄せていたのだろう。

でも、既に身動きが取れないことを知っていたし、すべてを失う覚悟なんてさらさらないことも自覚していた。

だから僕はこう答えた。「ごめんね」と。


帰宅後、女房には何も言わなかった。変わらない日常。余計な波風を立てるまでもない。


今日、明日と定休をもらっている。

次に彼女と会うのは月曜日だ。

笑顔で「おはようございます」と挨拶が交わせるといいのだけれど。



#タイトルが何故か文字化けする件。「告白された。」です。

投稿者 6ww2sp | 返信 (0)

Re: 最近のホームレス議論

詳しくは何も知らないけど、

返信

仕事に対する了見というより、叩けるから叩いてるだけな気もする。

投稿者 k2dg5z | 返信 (0)

Re: 総裁選

http://k2dg5z.sa.yona.la/37

返信

今回の出馬自体が来たる衆院選?のための顔出しを狙ってるとか、テレビで言ってたよ


# うちのかーちゃんが党員だったことに気づいて驚いた。金だしゃいいのね。

投稿者 k2dg5z | 返信 (0)

しんどくなります

返信

帰ってきてから、メールせっかく送っても、

そっけない返事。


電話してもつれない対応。八つ当たり。


仕事して疲れて帰ってきたのに、

こんな仕打ち??


こんなんだったら、会社で仕事してたら

わざわざこっちの部屋まで来てくれて

「お疲れさま(ゝ∀・)ノ」って言ってくれた人…

そんな優しい人の方が僕は好きになってしまうよ。

投稿者 f63vdg | 返信 (0)

ADHD 発達障害 うつ病 躁うつ病 パニック障害 統合失調 不登校 引きこもり 精神医療ニュース (精神科 心療内科の治療について)

返信
精神科の世界では驚くほど詐欺が横行しています。恐らく、これほどまで蔓延しながら見過ごされている分野はないと思います。このようなブログを続けていると、現場の生の声がいくつも寄せられるのですが、いくつもの詐欺の手口があり、本当に感心させられます。

ADHD 発達障害 うつ病 躁うつ病 パニック障害 統合失調 不登校 引きこもり 精神医療ニュース (精神科 心療内科の治療について)

投稿者 sfu9xi | 返信 (0)

TechCrunch Japanese アーカイブ » TC50:死者を追悼するためのSNS, Footnote

返信
TC50:死者を追悼するためのSNS, Footnote
Jason Kincaid
0 comments »
AddClips ブックマークに登録 append.gif この記事をBuzzurlにブックマークする

今度のTechCrunch50大会で文句なくいちばん陰気なプレゼンテーションとして、われわれは新種のSNS、LTを紹介された。それは死者のための場所だ。

もちろん、このサイトをたくさんの幽霊たちが対話的に使っているわけではない。そうではなく、これはソーシャルなスクラップブックで、ユーザは昔の写真や、人にも読ませたい思い出などを投稿し、友だちや家族の一生を表す年表を書き上げる。また、互いにプロフィールを結び付けて、お互いの生前の関係を表すこともできる。

このサイトには、4千3百万点の画像、誕生と死亡の記録、新聞などのデータベースがあり、ユーザはこれを検索してプロフィールに添付する(“アノテート(注釈)する”)素材を見つけ出す(写真にはFacebookふうのタグを付けられる)。

立ち上げ時点でこのサイトには、公開されている死亡記録から作った8千万人の死者のプロフィールがある。一部の審査員はこの点を問題視したが、Footnoteは、いずれにしても元々公開されているデータだと言う。

パネル

Jeff Weiner -興味深いテクノロジだ。いちばんの疑問は、こういった一連の機能はSNSで使うべきか、それとも家系図のサイトで使うべきかだ。家系図サイトにあったほうが、ユーザの操作として自然な気がする。おもしろい機能がたくさんあるね。SNSの上でリアルタイムの追悼式もできる。人よりも情報に駆動されるサイトで、亡くなった人には必ず何かその人を褒めたたえる情報が付いて回る。プレゼンテーションでは、その点が前面に出てなかった。音楽がないのもさみしい。

Don Dodge -これまた意外性のあるすばらしいWebサイトだ。見事に仕上げてあると思う。生きている人も、何かを記念したり、思い出作りをしたがる。そういうことのできるサイトをいくつか見たことがある。それもまた、市場性のあるサイトのタイプだろう。基本要素はLinkedInやFacebookと同じだね。どうやってターゲットを絞り、収益に結び付けるのか?

Footnote - うちは現在、講読制のWebサイトです。すでに4千3百万の画像をデジタイズしていますが、それにアクセスできるのは有料購読者のみです。ペイパービュー、月額制、年額制など、いくつかのタイプを設けてもいいと思います。公開データから8千万のプロフィールを作るのは誰でもできるが、画像の採録は難しいです。インターネットで、あのような画像を見れるのはうちだけです。

Sean Parker -配付はどうやるのか? SNSをやっている企業の多くが、いずれは知名度が上がると思い込んでいる。私は、SNSのビジネスモデルは存在しないと思っている。生きている人間を集めるのでも、十分に難しい。ニッチのSNSは、うまくいかないことが多い。しかも重要なのはコミュニティ機能であり、ソーシャルグラフではないのだ。

Loic Le Meur - 死者のためのSNSというアイデアはいい。カスタマサービスのリクエストが多くないからね。冗談はさておき、家族を世間にさらすのはちょっとどうかな。家族以外のことで、使えるかな?

Footnote - でも全部公開されている記録ですから、社会保障番号を持っていた人なら誰でも載っています。それに、プロフィールを作るのは、あなたをはじめ、その人を知っている人ですよ。

Loic Le Meur - 知らない間に自分の父親の空のプロフィールができているってのが、いやなんだ。家族が、アクセスを制御できるべきじゃないかい。

Sean Parker - Jeffが言いたいのは、こういう情報には賞味期限があるってこと。大きなSNSがすでにいくつかあり、誰かが亡くなったらプロフィールはそのまま残る。それらはいわゆる‘追憶ステート’に置かれる。SNSは死者でいっぱいになる。そのデータ量は、あなたのサイトよりずっと多いだろう。

続きを読む

投稿者 sfu9xi | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.