sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: 昨夜、布団に入ってから思ったんですけど、

電話でトライ

返信

店に行ったのがこの週末とかってんなら、まだ電話で聞いてみる手もあるとか…。

45日くらい掛かるかもって言う話ならすぐ取り掛かるってわけでもなさそうだし。

訊くだけならタダだぜ?(電話代は掛かるけど。メルアド、サイトに載ってたっけ?)

(店舗ごとにメルアドある。http://www.inujirushikaban.jp/html/page1.html )


> 撮り鉄になっちゃったら結果的には失敗

よ、良い撮り鉄もいるはずだ!


親の言うこと聞く子ばっかりってわけじゃないけど、まあ親の躾が何とかなる子ならいいよな。

親がどういう風に子どもを導くかってのは大事だと思う。

よくある、子どもを読書家にしたいなら親が読み聞かせをって話、現実は読み聞かせじゃなくて、親が読書してる姿を見せればいいって話で。

時間てのはテレビやらPCの前でつぶすんじゃなくて、本やら新聞やら読んで使うもんだって、親がそうしてれば子どもは割りと自然に学ぶもんだと思うけどどうだろう。

全部が全部ってわけじゃないけど、親の態度って子どもにそのまま出るってことはありがちだから。


追伸

べ、別に、オーダーでちょっとわがまま聞いてくれるらしいって分かったら俺もやってみようって思ってるわけじゃないんだからな!

投稿者 y6p6jr | 返信 (1)

Re: 一番使い勝手が良さそうなサイズ

昨夜、布団に入ってから思ったんですけど、

返信

折角オーダーで作ってもらうんだったら、「襠とポケットの部分だけカーキ色のツートーンカラーにできませんか?」とか、訊くだけ訊いてみれば良かった、と思いました。こういうことを瞬時に気づかないあたりがダメなんだよなぁ。


電車の子、考えてみればお父さんの教育が成功しているんでしょうね。

というのも、帰りの電車で居合わせた同じような年齢の子供が、親の制止を全くきかず、座席をトランポリン代わりにして跳ねまわっていたんです。奇声も発するし。親も大声で叱りつけるんですけど全然ダメ。

アレに比べれば、たった4歳でも教育の良し悪しで差がでてるってことなのかなぁ?と。如何に興味(知識欲)を誘導するか、みたいな。子育てしたこともない人間の偏見ですが。


まぁ、十数年後に撮り鉄になっちゃったら結果的には失敗ですけど・・・

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

http://q7ny3v.sa.yona.la/2374

返信

また、一人の部屋に戻ってきて。まぁ一人でいいんだけどアレだな。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

廃人

返信

 今日も休みだったんでのんびり起きて昼ごろから半日、撮りためた冬アニメの一話を消化しているんですけど一向に終わらない。しかもわりと一話切りできない傾向で嬉しいやら悲しいやら。


 本数多過ぎ。ほんとにどうかしている業界だと思う。作る方も消費する方も消耗戦を強いられているような気がする。いつからこんな修羅の道になったのか、とか。


 昭和元禄落語心中、すごく良い出だしで安心しました。でもディーンなので作画は今後次第。最後までこのクオリティで行ってくれると嬉しい。マラソンしそうな予感。


 何気に川口敬一郎が3本も抱えてるんですけど、大丈夫なんだろうか・・・・

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

馬渕睦夫氏の動画がアップされていた

返信

 馬渕氏の読みが一番おもしろい。

 北をゆさぶるために ちょっとした交戦が起こるかもしれない。


https://www.youtube.com/user/SakuraSoTV/videos

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

Re: 犬印鞄さん、行ってきました。

一番使い勝手が良さそうなサイズ

返信

SSで緑かーいいなー。

あの緑はラインナップに入ってからまだ何も買ってないので、実物見たことがない。写真で見るといい色なんだけどな。

俺も何か買おうかなあ。


45日間、待つのもまた楽し! 手に入ったらまたレポy(ry


それはさておき、在庫置く場所がないのかもなーと思った。意外と作るのに時間も掛かるんだろうし。

電車内の会話ワロタ。子どもってすげえ。

投稿者 y6p6jr | 返信 (2)

http://6v4ach.sa.yona.la/498

返信

よーく調べたら自宅のすぐ近くにスタジオあった。コンビニ行くくらいの距離と言ってもいいくらい近くて笑った

月に2時間×4、5回通ってもライブ2回分の出費で済むんだからいけそう

投稿者 6v4ach | 返信 (0)

長年の疑念が、いまさら、確信に変わった。

返信

日本風のカレーにピルスナーは合わない。


どちらもこんなに好きなのに。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

Re: そっちの店舗のレポもよろ!

犬印鞄さん、行ってきました。

返信

外国人観光客と振り袖の入り交じる仲見世を突き抜けて。


やっぱり店舗で実物の大きさを確認するものですね。結果的にSSがしっくりきたので色見本を見て緑にしようと決めたのですが、在庫なし。店員さんとやり取りして逡巡しつつも、結局オーダーをして後日取りに行くことに。最長で45日待ちだそうで・・・そんなにもストックを作っておかないって、動きがないのか、実際に作るのが本当に手間なのか・・・謎。


蛇足:以下、電車内での話

若いパパさんと4歳くらいの男の子の2人連れがドアの前に立って車外を眺めながら会話していたのですが、


男の子:(並走している隣の車両を見て)「パパー、あの電車、なにー?」

パパ:「何って・・・・・・・知ってるよね?」

男の子:「んー、常磐線」


男の子:(通過駅で停車中の車両を指差し)「パパー、あの電車、なにー?」

パパ:「・・・解って訊いてるよね?」

男の子:「んー、上野東京ライン」


たぶん車体のラインの色とかで覚えたんでしょうけど、それにしてもスゴイ。

その後も男の子が終始電車について正確に語りを入れるもので、感心しつつも笑いを堪えるのが大変でした。

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

『ガラスの花と壊す世界』と『傷物語~鉄血篇~』観てきた。

返信

新春一本目&二本目。WEBで、ガラスの花の評判が今ひとつ良くないのを目にしていたので、表題の順番で視聴。(ネタバレ含みます。)


『ガラスの花と壊す世界』

 概ね前評判通り。まず、話を構成する要素に目新しさがない。仮想世界で人工の人格を持った3人の少女のインターフェイスが、自我の意識や存在意義について思い悩む。で、うち一人が最後に消滅する。その最後に至るまでの過程で仲良くなったり葛藤したりする描写が描かれる・・・のですが、60分という尺のせいか、とにかく駆け足で掘り下げがなされないので、感情移入や同調といった心理が湧いてこないのです。まるで、絵付きのプロットを見せられている気分。『主人公orヒロインが死ぬこと=感動』みたいな図式で成り立っているケータイ小説のオタク向けアレンジ版を見せられた気分でした。

 映像的にも目新しい要素はなく、ただただカントクデザインの可愛らしいキャラクター達がキャッキャ・ウフフします。上映開始直後から世界観についての説明がテロップに丸投げ。三人が親密になるシーンは短いカットの巻きで演出。複雑な世界設定をとにかくひたすらセリフに乗せて説明しようとする・・・こういうところをしっかりしないから観客が惹き込まれないんだと思う・・・・

 原作未読なのでシナリオがどのくらい遵守されているのかは不明ですが、これが120分だったらまた何か変わってきたかもしれません。結局、この60分という制約が、シナリオに対しても作られた映像に対しても悪く働いているような気がしました。


『傷物語~鉄血篇~』

 あらゆる意味で『ガラスの~』とは対象的な映画でした。見せつけられるのは、貪欲で野獣のように挑戦的な映像表現。とにかく「セリフで語らず絵で語る」のです・・・表情で、動きで、そしてあのどこまでも無機質な舞台世界で。TVシリーズで培った表現の、さらなるリファイン&シャープ化。サブリミナル活字画面も極力抑えられていて、非常に観やすかったのも好印象でした。これはいいオナニー。本当に、作り手の迸るオナニー・エネルギーが隅々まで満ち溢れていて、こっちも気持ちよくなっちゃう。

 前半の見どころ、アララギさんとバサ姉の掛けあい劇が、また絶妙でたまりません。もうね、あんなご褒美いっぱい夢いっぱいな出会い方をして瞬時にバサ姉に恋に落ちなかったアララギさんは、逆に男じゃないです。

 転じて、中盤。キスショット(ryさんとの出会いのシーン。手足を奪われ、イモムシのようにのたうち泣き叫ぶ姿に赤ん坊の声を被せてくるあたりで、いい意味でいっちゃってると思いました。(あのシーンで、一瞬ナムコのスプラッターハウスのことを思い出してしまったのはナイショ)。一度は逃げたアララギさんがそれでも『自己犠牲』を選び戻ってきたことに、正しいと思うことに准じること、その意識に抗えない人間の性、といった哲学的な命題をつきつけられた気がします。

 内容的には完全に「シリーズ初見お断り」なのですが、映画を3年待っていたファンには、待たされた甲斐がある一本だと思います・・・熱血編、夏の予定ですけど・・・・大丈夫ですよね?前売りの払い戻しとかイヤですよ?


蛇足:ユーフォニアムの前売り買ったら、クリアファイルの絵が黄前・高坂ペアだった。ポニテ先輩が良かったのに。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

ロシアが中東を平定したとしても そのあとどうするのだろう

返信

 ロシアは資源の企業は強いけれども、民生品の企業は弱い。 ロシアだけでは中東の復興はできない。 投資の資金力も弱い。 平定したところにアメリカ企業が入ってくるのも気に食わない。 ユーロ圏とも対立している。 となると、ロシアがあてにするのは(組んでもらえそうなのは)、日本、中国、台湾、韓国、アセアンの企業。 その中でも資金力があるのは日本。


 ここから考えたなら、プーチンと安倍総理が会談するタイミングは、ロシア軍の進攻ぐあいで計られる、ということになる。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

前の核実験のとき米軍はその一カ月後に動いた、今回は 四日後に動いた。

返信

 それだけ差し迫ったものがあるということなのだろう。 北が核を混乱している中東に売り、そのあと 核の行方がわからなくなった(どこにあるのかわからない)、ということにでもなると大変だ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

慰安婦像

返信

 お金を出してもらえれば移設します となれば、あの像というのは 交渉のための単なる道具 ということになってしまって、像の意義や道義からずれてしまう。 それだから 向こうは、動かしては負け、日本が謝罪しても そのことと像を動かすこととは関係ない、と主張するようになる、いや すでになった。


 この問題での応酬はまだ続いていて、そこに核実験のことが被ってきた。


 アメリカは北の核実験の兆候を2週間前から掴んでいた。 その情報が入ってきたから安倍総理は決断したのかもしれない。

 挺対協は北の息がかかっているらしい。 慰安婦問題のとこで引いておけば、制裁が強化されたあとの北は その引いたところに入ってくるかもしれない。

 これはつまり、北を交渉のテーブルに着かせる ということだったのかも...

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

新しい 3時間討論がアップされていたので見た

返信

 北朝鮮の核実験前に収録されたものらしく核実験についての話はなかった。 核実験が行われたことで状況はかなり変わった。 事が進むテンポが速くなった。

https://www.youtube.com/user/SakuraSoTV/videos

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

今、さいたま新都心駅前にいるんですけど、

返信

新成人と言う名の無駄にオラついた野獣のような社会のヒヨッコどもがみなぎる何かをたぎらせていて怖い。奇声あげないでください。

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

うむ

返信
3tzhiyna

投稿者 x6a7u9 | 返信 (0)

おっぱい

返信

京都のおっぱい

投稿者 x6a7u9 | 返信 (0)

これから日本は 悪者の仮面をかぶって悪者のふりをする

返信

 そうしておくと、ごねてごねて ふてぶてしく移民は嫌だよ、と言えるようになる。 いい人をやろうとするとメルケルの轍を踏んでしまう。


 英霊の方々の名誉は自分たちが内々で しっかり守って堅持する。 ヨーロッパ、中東があーなっている今、もう なりふりかまっていられない。 どんな変装でもする。 悪役でもピエロでも女装でも。


 悪い国、日本。 汚辱と不名誉にまみれて 石を投げつけられる日本。 いやらしい日本。 女装した日本。 外にはそう見せておいて、内を守る。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

日本は、慰安婦問題 敗戦レジームに入ったね

返信

 あー 入ったとも。 そして、韓国は 慰安婦問題 戦勝レジームに入った。

 この慰安婦問題 戦勝レジームは、アメリカが日本に勝って 戦勝レジームに入ったのと同じ。 これ以降 韓国は、アメリカが戦争の上に戦争を重ねて行ったのと同じように、嘘の上に嘘を重ねていくようになる。 (反日は固定強化される)

 嘘の上に嘘を重ねて行けば、自国の歴史の何か本当で何か嘘なのか わからなくなっていく。


 日本は、対馬の際(きわ) で張っていた戦線を、富士山のふもとまで引いた。

 今まで韓国が戦っていたのは 名誉を堅持しようとする「人」 であったが、これからの相手は 「名誉もなにもない真っ黒な亡霊」 だ。


 さぁ 入って来い。 富士山のふもとまで入ってきて亡霊と戦うがいい。 自分たちが何の為に戦っていて 何が敵なのか わからなくなるまで。 お前たちの前には 名誉を堅持しようする人らしい人はもういないぞ。 富士山の頂(いただき) から見下ろしているのはオトリを使って獲物を仕留めようとする真っ黒なエコノミックアニマルだ。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

「ななつ星」の旅のご案内(旅行説明ムービー)

返信

 すごいなー。 6両編成で定員30人。 

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.