sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: 自分のことは忘れてください。お願いですから。

年賀状

返信

おれなんて誰から受け取ろうがもうずいぶん返してないよ。

返さなきゃとか律儀に思うこと自体が不思議。

もういいんじゃないかと思うなら、あなたがまず返すの止めてみたら。

投稿者 vuchqe | 返信 (0)

【政見放送】2010年長崎県知事選挙 松下みつゆき氏(無所属)

返信

なんだこいつは。世も末過ぎる。

投稿者 vuchqe | 返信 (0)

天龍八部 DVD-BOX 1

返信
天龍八部 DVD-BOX 1

天龍八部 DVD-BOX 1


見始めてます。突っ込みどころは多々あれど、エンタメ作品として気楽に見ればかなり面白いです。

投稿者 cy6z7u | 返信 (0)

ハリネズミを洗う Pigmy Hedgehog

返信

かわいすぎます。

投稿者 cy6z7u | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/287

返信

憂鬱アフタヌーン

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

さよなら

返信

Twitter に疲れたので今日からさよならします。多分好きなビデオのクリップとか、見たビデオの感想とか書く予定。

投稿者 cy6z7u | 返信 (0)

おひさ

返信

発注先の女性が怖くて仕方ないす。年下なのに超偉そう。

投稿者 g5a7u9 | 返信 (0)

自分のことは忘れてください。お願いですから。

返信

旧正月までには年賀状の返事を書こうと考えていたが、やっぱり面倒くさくてダメそうだ。


古くからの友人をなおざりにするな、なんて教えもありますが、

古くからの友人と、古くなった(元)友人は違うものですよね?


ハガキ一枚で繋ぎ留めておく関係ってなんなんだろう、と考えてしまう。

それだけの付き合いで、ある日突然、保険の勧誘や胡散臭い商品の販売目的で訪問されたり、

あまつさえ借金のお願いにでも来られたら、これはもう猛烈に舌打ちせざるを得ない。

そこまで酷い内容でなくても、結婚式の人数合わせのために出動要請がかかったり。


引き際があると思うんだよなぁ、年賀ハガキも。(いやむしろ人間関係も。)

私的には3年顔を合わせてなかったら、もういいんじゃないかと....

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

iPod touch が欲しい

返信

現在docomoの携帯(ガラケー)を使っているのだが、iPod touch が欲しくてたまらない。

(docomoをやめて、iPhoneに切り替えってのは考慮していない。ガラケーにしかないワンセグとおさいふケータイは現在の生活では欠かせない。iPhoneと2台持ちはさすがに維持費がかかりすぎるし)

でも携帯端末を2台持ち歩くのってやだなー。

ワンセグも標準でついて、おさいふケータイがついたiPod級のスマートフォンが出ないかしら。

投稿者 kr3vdg | 返信 (1)

az(2/5)

返信

最初にぼくがこの部屋にきてからたくさんの他のぼくがきた。


いまではぼくも含めて26のぼくがいる。


人には首からさげた板の模様がないとぼくたちの区別がつかないらしい。

ただあの人だけは26のぼくの違いがわかるらしい。


ここにきた人が板の模様を確認することもあの人はしなかった。


ぼくらはあの人のことが好きだった。

ご飯をくれるからでも世話をしてくれるからでもなくて、他の人と違ってぼくらをきちんと見てくれるから、道具を見るような目で見ないから。


26のぼくの中でネコであることとそのことは間違いなく共通することだった。


ぼくがこの部屋にきてから756回あの人がきたとき、いつもと何かが違った。


いつもよりずっと赤い目ですごくすごく悲しそうな顔をしながら部屋に入ってきた。


ぼくは何かが怖くて近寄れなかった。

他のぼくはいつもと変わらずあの人のそばにいたけれどぼくにはそれができなかった。


寄ってきている25のぼくにあの時の困った顔と申し訳なさそうな顔をしたときあの人の目から大きな水滴が落ちた。


いつものようにご飯の用意をしたあと真っ白な服で目の回りのふいたあの人はしゃがみこんで何かをつぶやいてeとhを抱え上げた。


2匹はちょっとびっくりしたようだけどあの人の温もりに満足そうだった。


そのまま2匹を抱えてあの人は部屋から出て行ってしまった。


結局最後まで怖い感じはなくならずぼくはあの人に近寄れなかった。


次にあの人だけがやってきた。

何となく気づいていたけどやっぱりeとhは戻ってこなかった。


前の怖い感じはなくてそれでも目は前のように真っ赤だったけど、ただいつもと違ったのはあの人の首にぼくらと同じ板がかかっていることだった。

投稿者 r9eifb | 返信 (1)

期待しない

返信

それがいちばん、人生をうまく生きるコツ。

投稿者 sqjrny | 返信 (0)

大人のおもちゃ通販

返信

大人のおもちゃ通販

投稿者 sfu9xi | 返信 (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/286

返信

本を読もうと思ってもよむほんがない


古本屋にしか行かないのは不便じゃなあ

新品…買いなれてないからだろうけどどうしても…

投稿者 gt7u9x | 返信 (0)

コミュ力

返信

私は他人との距離を半径1m近くとらないと落ち着かない。

私は相手の顔をジッとみて観察するのが好きだが、私のことは見ないでほしい

私から話しかけられない。話しかけてくれれば話は広げられる。

以下略


コミュニティ不全の自覚があるけど、突き詰めるとわがままからくるものなんだよな…

受身の態勢というかなんというか。

投稿者 spmktw | 返信 (0)

近所で家を取り壊している。(不動産屋に告ぐ)

返信

その土地には既に新しい家が立つ予定のようで、というか土地付き一戸建てとして売ることが決まっているようで、現地はここ!的なステカンが立っている。


家が取り壊されている風景には何となく見入ってしまう。

何かが営まれていた空間が晒されている状態に惹かれる。


「好きだ」とだけ言うには不謹慎な、複雑な想い。

ただの普通のカットモデル(こういうやつ)を眺めるのとも微妙に違う、何かが染み付いている空間が1/1で晒されていてそれがなくなる、例えばその重さのようなものに惹かれる。

特に2階以上は、3次元的に見てあの位置に机が置かれることはおそらく二度とないとか(要らない家具やなんかはそのまま一緒に潰してもらうつもりで放置されたまま重機が入ることが多い)、そんな感じ。

机がなくなるということは椅子もなくなるということで、ということはそこに座る人も今後いないので。

新しく建つ家の床というか階の高さはそう変わらないにしても、ピンポイントでそこには置けないよね、確率的に。

ほんとにその「場」を受け継ぎたきゃ建て替えじゃなくてリフォームにするだろうし。


最近は1軒潰すとその後に4軒建っちゃうようなものすごい売り方をすることも多いので(相続税が払いきれないとかそういう話なんだろうな)、お願いだからつまんねえ家は建てないでくれよ、と思う。


でもこういう売り方をするってことは家の未来像は既にできてるわけで、どこの不動産屋か知りませんが、まともな仕事してくださいね。

そういう売りかたしてる以上は、街の一部についての責任を担ってるってことだ、という自覚がある店であることを祈ります。売る相手も含めてね。お前んとこの客も、この街を作るんだよ。

変な家を変な客にばっかり売ってたら、そのうち街自体もだめになって、つまりは巡り巡ってお前んとこで扱ってる物件、はっきり言えば街自体の価値が下がるんだからね。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

o(・_・= ・_・)o キョロキョロ

返信

ε-(´∀`*)ホッ

投稿者 49ifb4 | 返信 (0)

http://xx8rny.sa.yona.la/97

返信
en83x7kg

投稿者 xx8rny | 返信 (0)

http://xmny3v.sa.yona.la/707

返信

ちょっとやなことがいろいろ重なってため息の出る日。

投稿者 xmny3v | 返信 (0)

az(1/5)

返信

頭に浮かんだものを文章にしたものを置いていきます。

いらないと思った方はスルーしてください。

1日1個全部で5個置いていきます。


↓ここから-------------------------------------------------------------


ぼくの名前はaという。


aと描いてエーと読む。

首からぶら下げた金属の板に刻まれているその模様がぼくの名前らしい。

この板はあの人がつけてくれた大事な大事な宝物だ。


ぼくはネコと呼ばれる生き物らしい。

真っ白なあの人とは違って真っ黒で毛むくじゃらなネコと呼ばれる生き物らしい。


ぼくは他のぼくと違ってあの人の言葉が意味がわかるらしい。


あの人がぼくを呼ぶ声も普段他のぼくと話していることもぼくにはわかるけどほかのぼくにはわからないらしい。

でもそのことをあの人も知らないらしい。


だからあの人がご飯くれる時に最後まで待っていると褒めて笑顔で頭をなでてくれるのが好きなことも、

ご機嫌なあの人がたまにきれいな声で鳴くのが心地よいと思っていることもあの人にはわからないらしい。


ぼくは外というものを知らない。

ぼくができたところは透明の水の中でいつもの場所は真っ白な部屋の中。

外というところは一面に青い天井の広がる大きな部屋らしい。

窓というもので外を見ることができるらしいがこの場所にそんな機能はついていないらしい。


外にきょうみがあったぼくはあの人にくっついてここから出ようとした。

そのときにあの人が困った顔をしたことが未だに頭に残っている。


その顔を見たくないからぼくは二度とここから出ようとしなかった。


そして今日もあの人の手の心地よさを感じて終わるのだった。

投稿者 r9eifb | 返信 (0)

これ、売るの?— NAMCO SOUNDS「ゼビウス (ゲーム・サウンド・エフェクト)」

返信


いや、売るのは別にいいけど、試聴でほぼ全部聴けちゃうよ?

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.