sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

パフォーマ

返信

音響系というかヒカシューが唱えた夢というか立花ハジメの実験というか電気グルーブの成果というか。もうちょとループ部分に従来テクノじゃないテイストを期待しちゃうのだけれど,リールの回転がなんだか未来へ連れて行ってくれる機関車の車輪みたいに思えちゃう素敵。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

ツキアカリ

返信

結局火狐が一番ええのん?

投稿者 sqjrny | 返信 (0)

久しぶりの投稿

返信

自動車学校通ってたりする今日この頃…



MTなんだが、車運転できるやつ尊敬できるわ\(^_^)/



腰痛いし(;.;)



でわコレにて(・ω・)/

投稿者 83mktw | 返信 (0)

Re: xmplay

http://4jw2sp.sa.yona.la/137

返信

自己解決。

設定イランのね。ウインドウ表示させればよかったのか。

投稿者 4jw2sp | 返信 (0)

xmplay

返信

ヴィジュアルプラグインの設定方法がわからん。

投稿者 4jw2sp | 返信 (1)

ココロのスキマをモノで埋めるタイプ

返信

物欲日記。列挙します。

広告だと思われるのもアレなので(運営の方まじお疲れさまです)モノだけリンクなしで単々と(※)シンプルに。

※単々と:(c)荒木経惟「センチメンタルな旅」序文


・ELEKTRON MachineDrum SPS-1UW MKII

・DOEPFER Dark Energy

・ALLEN & HEATH ZED-14

・TB-303等用のコンプとディストーション(コンパクトで十分)

・8口くらいで雷対策済みのテーブルタップを4つくらい

・2TBくらいの外付けHDD

・5段変速くらいでフルリジッドでバーハンドルで、雨だろうが何だろうがここぞという時には確実にタイヤ(特に後輪)をロックさせられるくらいガチンガチンにブレーキが利く自転車

・EOS Kiss X4

・GR DigitalあるいはGX200


追記:

今思いついて調べたら、DOEPFERって、ドイツ語ページでも屋号はDÖPFERじゃないのね。.deなのに。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

食い物撮り

返信

なんとも艶かしい。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

郵送申し込み延長

返信

今日消印有効だったのが、3月15日(月)消印有効まで延長になった。

しかし立地や曜日時間帯が魅力的なコースはほとんど締め切っている。

先週ある人に相談し、資格は取った方がよいだろうということで、やはり申し込むことにした。

投稿者 v932sp | 返信 (0)

半世紀ぶりの断食(椎茸・小松菜・春菊を除く)

返信

楽しみにしてるブログが更新されてた。嬉しい。


麦茶を飲んだ後のコップで牛乳は飲めるけど、

牛乳を飲んだ後のコップじゃ麦茶は飲めない。

多分こういうことなんだと思う。


洋服の青山のCM「私がデザインしました」

ってIMALUが出てくるけど、相武紗季の

隣はやめてあげてって思う。

投稿者 rau9xi | 返信 (0)

Re: 自己Re12: google Buzz とあるバズつぶやき

自己Re13: google Buzz バズからの外部サイトへのリンク

返信

 バズをやってると バズから外部サイトへ飛ぶリンクをクリックするのが おっくうになる。 これは思いもよらなかった。

 バズのページは動的にレイアウトが変わり時間軸が失われる。 この時間軸をもってるかどうかが 外へアンテナを広げる意識の動きと関係してるんじゃないか。

 sayonala から外部ページへ飛ぶリンクは全然おっくうじやない。 不思議だ。


 時間軸をバラバラにされるのは ちょっとどうかなー、と思ってきた。 

へたをするとモチベーションを失って空中分解する。


 バズで添付画像を見せるあのlightbox な仕組みは結構いい。 数枚を連続して見せれるんで、ストーリー性あるものに向いている。 使えるとしたらむしろこのへんかも。

 テキストはちょびっとで、連続画像のところで見せるというやり方に切り替えた方がいいかなと。 ただそれをするには時間がかかる。

 バズでの自分の生命線はどこにあるのか.....難しい。


・ 一応いままでの試行錯誤

http://www.google.com/profiles/109135069258168972280

or

https://mail.google.com/mail/?uip=1#buzz/109135069258168972280

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

老兵。

返信

アセンブラで遊ぶ。

投稿者 sqjrny | 返信 (0)

ぷち♡ガッキーであそんだ

返信
3cershiy

Play You. | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN “ウォークマン” | ソニー


うちのCore 2 Duo 2.4GHzでは、ものすごい勢いでファンが回り出しました。


背景が居室だとかなり萎えますので、マーカーは画面一杯に映り込ませることをお勧めします。


この手のウォークマン買う人はWebカム使えることが前提、つまり、パソコンなんて最近はみんなカメラ付きノートじゃん、もっと言えばわざわざカメラだけ買わなくてもVAIO買えば付いてるじゃん、ってのを前提にしてるのは割り切ったなと思います。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

http://xx8rny.sa.yona.la/114

返信
jr7kg6up

投稿者 xx8rny | 返信 (0)

http://f43vdg.sa.yona.la/42

返信

もうガッカリだ。ガッカリだよもう。

投稿者 f43vdg | 返信 (0)

燕雀いずくんぞなんとか。

返信

五斗米のために腰をおるどころか土下座の毎日ですよ

投稿者 sqjrny | 返信 (0)

Re: http://64jmkt.sa.yona.la/18

(´・ω・`)っ

返信

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: マオカラーのシャツはアウトでしょうか。

アウトですねー

返信

とにかくネクタイを締めてない状態が見えてるのがダメらしいので

なので裸ネクタイはセーフかもしれません

冬はまだいいんですけど夏は相当暑苦しくてきついっす

投稿者 8ghqe8 | 返信 (0)

http://64jmkt.sa.yona.la/18

返信

朝から何とも気が鬱いで昼過ぎにはいかんともし難く、半休を取って早退。給料も安い、しょうもない会社だが、休みがとりやすいのは素晴らしい。今日はなかなかの天気で、海沿いの駐車場に車を停めて、砂浜を散歩。いくらか歩いて、ベンチで横になっていたら、近くで中年の女性が鳩に餌をやり始める。鳩に餌をやらないでくださいって、張り紙が見えないのかな。でも、何となく病的な孤独を彼女に感じて、黙ってそのまま横になっていた。鳩に餌をやって、生物を自分の周りに群がらせて、孤独を癒しているのかも。でも渇いた喉に塩水を注ぐようなもので、餌がなくなったら鳩は綺麗さっぱり女性の周りから失われていた。金の切れ目が縁の切れ目ならぬ餌の切れ目が縁の切れ目で、単に常識のない中年女性が鳩に餌を撒いているだけなのに、ひどく寂しい情景だった。こういう晴れて天気の良い日はオープンカーが欲しくなる。もう、思い切って、ボクスター買っちゃおうかな。

投稿者 64jmkt | 返信 (1)

田中角栄の真情。「政局を安定させ、国民の生命と財産を守るためこれからも中 曽根内閣を支えてゆく」 その裏で中曽根は何を? 亀ちゃんファン

返信
田中角栄回顧録」早坂茂三 集英社文庫より

【転載開始】

〔ロッキード事件──泥沼闘争のはじまり〕
 四十九年十一月二十六日、田中角栄は内閣総理大臣の辞意を表明した。
マスコミは「“金脈”問題で追い詰められての退陣」などと解説し、世間の大方もまた、政治的に進退きわまって、辞める牡をくくった、というふうに受け取っていたようである。とにかく、それが一般的な見方であった。
 田中は四十七年七月七日、日中と列島改造をひっさげて、さっそうと政治の表舞台に登場した。しかし、佐藤時代から引き継がれた過剰流動性の管理の失敗と、四十八年十月、世界を直撃した原油価格の高騰で、国内の物価、地価が騰貴して、いわゆる狂乱物価が現出した。
彼は心ならずも総需要抑制策に追い込まれ、政権のエネルギーを急速に失っていった。
これは事実だが、田中自身は、辞意表明直前のころには、政治的に追い詰められるよりも先に、肉体的に消耗しきっていたのである。もともと血庄と血糖値がやや高く、加えて、バセドー氏病という厄介な持病を抱えていた彼は、総理大臣の激職に就いた後、血圧が二百の上限を超えることがしばしばであった。血糖値も二百を超えて三百から四百に近づくことがよくあった。それに、九月の北米・中米訪問、十月下旬には炎熱のニュージーランド、オーストラリア、ビルマ訪問と、大がかりな外遊が続き、さすがタフなおやじも疲労の蓄積が限界を超えていた。
そして、人一倍、負けん気の強い彼の政治的ビヘイビアを生理的、心理的な面からも強く圧迫していたのである。「辞めるしかない」と彼に決意させたのは、なによりも、まず肉体的な理由であった。

 田中は「一夜、沛然(はいぜん)として降る豪雨に心耳を澄ます思いである」と総理辞任の意思を表明して、二年五カ月にわたり担ってきた政権にみずから終止符を打つ。そこには“庶民宰相”と歓迎されたときとは、まったく違った田中の顔があった。苛酷な政治の現実である。
 正式に辞任(十二月九日)した少し後、彼はホッとした心境をにじませた口ぶりで、私にこういった。「総理なんていうのは、まあ、一回やれば結構だ。あれは血圧と血糖値ばかり上がる商売だ。衆議院、参議院、予算委員会と、朝から晩まで缶詰めにされる。
 そして、入れ代わり立ち代わり、相手代われど主代わらずで、オレを怒らせよう、怒らせようと仕掛けてくる。あれに耐えるのは人間わざじゃない。終わったらウィスキーをがぶ飲みして、ストンと寝るようにしなけりゃ身がもたん」。

 辞任後一年余り、田中には静かな日々があった。
 ところが、五十一年の二月四日、海の向こうのアメリカから日本列島に向けて、何やら妙な石ころが投げ込まれた。チャーチ委員会(米上院外交委多国籍企業小委員会)におけるロッキード社問題審議のニュースである。これが後に政治家・田中角栄の運命を狂わせるドラマ開幕のベルであった。しかし、当時の私にとって、それが田中を十年以上も地獄の戦いに引きずり込む、いわば狼煙であったとは、むろん、知る由もない。
 事実、日夜かたわらで接していた私から見ても、田中自身はその問題が自分に向けられているという意識、あるいは認識はまったく持っていなかった。そんな予感や気配さえ感ドしていないようであった。

 三月に入って間もなく、田中と一緒に目白の事務所でテレビを見ていると、「ロッキード、トライスター、L1011」という機種のジェット旅客機が紹介され、アナウンサーが早口で説明している。すると、おやじが私に真顔で「おい、L1011とは、いったい何だ。トライスターというのは、どういう意味なんだ」と聞いた。私は真面目に答えた。
 しかし、ふだんと変わらない田中に関係なく、世間は“ロッキード問題”で騒然となっていった。児玉、小佐野などの名前が新聞、テレビに連日、登場する。田中の名前も出てきた。
「こりゃ何かいわなきゃならんかもしれんな。お前、ちょっと書いてくれ」──三月の中旬が過ぎて、おやじは私にそう命ドした。私は原案をつくって、何回か書き直し、彼に渡すと、「うん、これでいいだろう」といって、何カ所か赤字を入れた。これが四月二日に発表された田中角栄の「私の所感」である。

 春が過ぎて、暑さに向かうにつれロッキード騒ぎは、ただならぬ様相を帯びてきた。
図会のロッキード特別委員会が次々と証人を喚問し、丸紅、全日空の幹部が逮捕された。
ところが、その間、私は田中の言動がおかしいとか、神経がピリピリしているとか感じたことは一度もなかった。彼はいつもと同じように、目白と平河町の田中事務所を往復し、マイペースで大勢の客に会っていた。おやじも私も、頭上に大石が落ちてくるとは、夢にも思っていなかったのである。今、考えてみれば、主従二人ともおめでたいとしか、いいようがない。だから、なにがしかの資料、書類といったものを移動させ、処分することなど、思いもよらなかった。
 

続きを読む

投稿者 sfu9xi | 返信 (0)

Re: http://q3e8mk.sa.yona.la/109

スパム投稿への抜本的対策について

返信

お久しぶりです。運営です。


スパム投稿でみなさまにご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

今週中にスパム投稿への抜本的対策を実施いたしますので、

今後は手動でブロックしていただく等のご面倒は不要になります。


※ 現状でも最大 1 日程度でスパムアカウントの投稿は見えなくしておりますので、

※ 明らかにスパムと思われるアカウントのブロックは不要です。


ご迷惑をおかけしていること、重ねてお詫び申し上げます。

今後ともどうぞ sa.yona.la をよろしくお願いいたします!

投稿者 w2rny3 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.