sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Googleは「モバイルファーストからAIファーストへ」。その理由は、い ずれデバイスという概念は消え去り、インテリジェントなアシスタントになるか ら − Publickey

返信
 将来に目を向ければ、次の大きなステップはデバイスという概念が消えていくということだろう。いずれコンピュータ自身は(それがどのような形態だろうと)日々私たちを支援するインテリジェントアシスタントになっていく。私たちはモバイルファーストの世界からAIファーストの世界へ移っていくつもりだ。

Publickey


 そうかなぁー。 シンセサイザーという楽器はデバイスの塊。 デバイス = 楽器、と考えたならデバイスは自分を表現するものであり自分の個性の一部。 そのデバイスの影が薄くなるというなら個性の影も薄くなってしまう。

● 結論 : デバイスはその人の個性の一部となる形で今より発展する。


 AI に対抗するのは 「パッション」 だから、パッションと相性のいいデバイス、or パッションを引き出すデバイスが出てくる。


● くっつけたものを何でも楽器にする「Mogees」がいよいよ販売開始!

http://www.gizmodo.jp/2016/05/mogees-is-coming-and-the-world-turns-into-an-instrument.html



 デバイス = 楽器 = その人の個性の一部

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

【チャンネル桜】 パナマ文書の3時間討論を見た

返信

https://www.youtube.com/user/SakuraSoTV/videos


 かなり深堀りしていた。

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

オレが知る限り最もダサく、かつ、最も効果的なリズムパターンの曲。

返信

アンパンマンマーチ。


https://www.youtube.com/watch?v=Pk8QNpvmr70


マーチとしてはこのテンポだと歩きづらいし、音だけなら「ドッたッタッたッ・ドッたッタッたッ」だし、いろいろおかしい。

多分、演奏もしづらい。みんな走り出すと思う(口で歌ってみると2割増しくらいにしたくなる)。それをスネアが必死に抑える感じになるのではないか。

でもキャッチー。このテンポとこのリズムパターンのおかげで、曲全体がどんくさカワイイ。これ以外ではあり得ない。凄い。名曲。


ちなみに、心臓マッサージをするときはこの曲のテンポがちょうどいいという話を聞いたことがありますが本当かどうか。本当なら実用的でもある。なにしろ、みんな知ってるし。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

ものすごい電脳コイル臭 - レゴブロックで壊れた建築を補修する試み

返信

レゴブロックで壊れた建築を補修する試み - GIGAZINE

http://gigazine.net/news/20160430-dispatchwork-lego/


Vormannさんが補修した建築物はこんな感じ。歴史を感じさせる古い建物の欠けた部分に、カラフルなレゴブロックが埋め込まれています。
iz5z2w83

レゴブロックで壊れた建築を補修する試み - GIGAZINE



くそっくそっ、こういうの思いつける人になりたかった。


街じゅうがこうなっちゃってもそれはそれでやや困りますが、ものすごくクリエイティブでかわいい介入。ちょっかい。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

GW 天気予報マトリックス

返信

        ↑ をマッピング ↓

投稿者 x3ru9x | 返信 (0)

http://fyru9x.sa.yona.la/169

返信

今日はもう大丈夫

単純

何も変わってないし解決もしてないけど

投稿者 fyru9x | 返信 (0)

Aimer@Billboard Live Tokyo 

返信

2日目 1stステージ

qdwrshiy

上手く撮れない写真

生きていてよかったというか、この時のために生きてきたんだなとライブを見ながら感じた

Aimerも終わりが近づいてきた頃のMCでライブはそういう風に思える場所だと同じことを言ってた。まさか、大袈裟だというのもあるかもしれないけど、こんなところまで同じ気持ちでいられて嬉しい。


re:unchild開催の知らせを聞いて何が何でもと意気込んで取るものは取った

心の支えがまた出来た。それでも心が折れそうになることが多く、毎日が辛くて死にたくなるほど苦しい

投稿者 6v4ach | 返信 (0)

くそぉぉおおお代われぇぇええええ

返信

http://imgur.com/mYXJCZk

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

わたし、気になります。

返信

これ、中国で今夏公開のアニメ映画らしいんですけど、普通に観たくなるクオリティで気になる。




ものすごく「ジブリ意識してます」って感じが隠せてないけど、でも面白そう。


あと、冬公開らしいんですけど、ポッピンQってなんなん?




東映アニメーション60周年記念らしい、オリジナル作品。黒星紅白のキャラ原がかわいいので気にはなっちゃうんですが、サイト見てもストーリーよくわからんですし、それにしてはダンスのムービーが上がってるし、海のものとも山のものとも掴みどころがないというか、いったいなんなん、これ・・・東映だから魔女っ子な気はする、くらいか。


続きを読む

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

レヴェナント:蘇りし者、観てきた。

返信

予告編を観た時から楽しみにしていたんですが・・・実際に良い映画でした。


 19世紀前半、北西アメリカで毛皮狩猟のため山岳地帯に進出してきた白人コミュニティとネイティブ・アメリカンとの抗争で、デュカプリオ演じる主人公グラスが、瀕死の際から取り留めた一命をつなぐために、美しくも過酷な大自然を行く物語。一応は主題として復讐劇という体裁を持っていますが、ぶっちゃけそこは割りとどうでもよいです。


 この映画の見所は、人が生死の狭間で必至に生きようとする姿を描きながらも、生あることへの賛美や死への恐怖といったものを訴えていない点かと思われます。グラスの行動原理は生き続けるために只々疑いなく行動する、生命としての生存本能にほかなりません。躊躇や葛藤、生への渇望などの感情的なシーンは描かれず、今ある生命を機械的に存続させるための行動を取り続ける姿は、人の生の根幹を考えさせ、哲学的な要素すら感じます。


 一面に広がる山岳と渓谷、ひたすら続く雪深い森。ネイチャームービーかと見まごうほどに延々と映しだされる大自然は、神秘的である反面、本能的に恐怖を感じる光景。そんな絶望的な状況の中、土を喰み、獣血にまみれてなお進もうとするグラスを体を張って演じきったディカプリオの技量は圧巻で、アカデミー主演男優賞も納得。なんかもう、自分が若いころ観た映画でのディカプリオの面影一切なし。寂しくも有り、嬉しくも有り、そんな気持ちにもなった一本でした。


余談

この映画を見れば、雪山に長靴と軍手で挑もうなんて考えなくなるよ・・・・

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

Re: ぱっと見

中から王蟲(青虫)が出てくる展開ですね。わかります。

返信

投稿者 sbifb4 | 返信 (0)

http://fyru9x.sa.yona.la/168

返信

よくわかんない


意を決して話しかけたものの自分のことが言えるような状況じゃなかった

半ばめんどくさくなって黙ってるねって終わりにしてしまった


精神的に参っている時こそ何かしてあげたいと思うけど

そういう時はわたしのことなど頭の片隅にもないんだろうな

すっかり落ち込みきっている時にわたしなんかが声をかけても

邪魔でしかないんだなと思うともう黙っていたほうがいい


これでも頑張って待ったつもりだけど何の意味もなかった

ただ辛いだけだった

投稿者 fyru9x | 返信 (0)

サフェーサー好き。

返信

例によって、これ賛同者いねえよなあシリーズ。


模型やフィギュアの類は自分ではほとんどやらないけど、あの艶なし灰色が均一に吹いてあるだけの状態がものすごく好き。


もちろん、そこから塗った後の、素材まで変わってしまったような質感、息を飲む精緻な塗り分けや汚し、磨き抜かれて思わず舐めたくなるような光沢、なんかも好きなんだけども。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

Re: ぱっと見

そ れ だ !!

返信

デジャヴ。

投稿者 y6p6jr | 返信 (0)

http://q7ny3v.sa.yona.la/2430

返信

「お世話になった」って言い方はオレなんだかちょっと居心地が悪い。


『女性がアダルトビデオに出演経験があるかどうかをSNSにアップした写真から「顔認識」で特定|GIGAZINE』

http://b.hatena.ne.jp/entry/gigazine.net/news/20160427-facial-recognition-misuse/

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

Re: そういえば、ロマネスコ。

ぱっと見

返信

腐海にしか見えない

投稿者 x6a7u9 | 返信 (2)

ヵゎぃぃ

返信
nedershi


w2q5j9er t7pmcfdq

投稿者 x6a7u9 | 返信 (0)

酒のつまみ

返信

機能を求めて他のものを削っていくと、結局は、健康的に飲むなら「水」だし(いわゆる「普通の」チェイサー)、味の対比なら「塩」だし、ってことは顆粒コンソメとお湯でいいんじゃねえか、とは、たまに思う。

お腹がガポガポになりますけどね。

なお、主に酒側の機能として、ツマミに「おしゃべり(=tweetや、動画/実況/生配信へのコメント、さらにはここでの酒関連タグなども含む)」というのはもちろんありますけど、そこは今回は無しで。


コンソメスープにウォッカで「ブルショット」という恐ろしい飲み物があるらしいけどそういうことではない。

プロが作ればやっぱり美味しいんだろうか。やってみたけど、何というか、not for meだった。


以下蛇足。

洋ゲーのレビューで、定型文として「not for me」というのがあるらしい。

クソゲーとまでは言わないし好きな人は好きなんだろうけども、けども……。というときの句。ダメでもキライでもないの。

「好みが分かれる」よりは主観的かつマイルドな言い方だと思うので好き。レビューって相性でしょう。そんなもん、主観以外の何があるんだ。


「合わなかった。」とかが近いんだろうな。

「あんまり。」あたりが妥当かつ穏健か。

機微。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

http://q7ny3v.sa.yona.la/2429

返信

えらいロマンちっくに三菱不正問題をを語るラジオに呼ばれた識者センセー。フト思ったのは吊し上げのバーターに天下りとインテリ壮年層社会人の再雇用受け入れに新たな公的審査機関設立みたいな雰囲気。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0)

そういえば、ロマネスコ。

返信

変体途中の様子は割とグロテスクでしたが、

zma7kg6u


咲ききったら至って普通でした。

mp4pt5j9

続きを読む

投稿者 sbifb4 | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.